日替わり(880円)@武蔵小山・さんきち

2017-10-14
久々にムサコでランチタイム。
狙いは「さんきち」さんの日替わりです。

揚げ物を中心とする洋食屋である此方、味とボリュームには文句ないのですが、価格的にちょっとだけ高めなのが玉に瑕。
ただ、ここの日替わりはボリュームと低価格を両立した絶品であるとの話(その後、夜の部に行った時にはなかったのでランチタイム限定?)。

平日13:30到着。
いつも店内混雑や行列のイメージですが意外にも前客2、後客3。
ちょいピークを外せば快適に食事ができるようです。

SANKICHI

カウンター席へ着席し、おばちゃんに日替わりをお願いします。
本日の日替わりは、盛り合わせサラダ、冷豚おろしレモンポン酢、アジフライ、シャケフライ、ミンチカツと豪華!
揚げ物は都度揚げなので、5分ほどで着皿。
ウホッ、いいね!この、小さめの皿に立体的に盛りつけられたおかずの盛り盛り加減は超テンション上がるなぁ。

SANKICHI

定食屋はまず、ご飯と味噌汁が旨いのが基本条件。
ご飯は、茶碗の直径が小さいので錯覚を起こしますが深さがあるもので、軽く250gはありそうな丼飯。ちょい固めですがもっちり炊かれた米は旨いですよ。
味噌汁は豚汁。薄切りにしたごぼうやニンジンがたっぷり。

SANKICHI

さて、ではおかず皿へ。
まずはサラダのボリュームがハンパないですね。キャベツ、レタス、トマト、カイワレ等盛りだくさんで、サウザン的なオリジナルドレッシングがかかっています。
シャッキリ新鮮な野菜はがたっぷり食べられるのは慢性野菜不足にとってはありがたい。

揚げ物はどれも小ぶり。ただ3つあるから十分満足。

SANKICHI

メンチはフワフワ。最初からソースがかかっています。

SANKICHI

魚フライはシャケとアジ。
願わくばタルタルがもっとたっぷりかかっててほしかったかな?

SANKICHI

冷豚しゃぶは、レモン風味のつけられた大根おろしと併せてさっぱりいただけますね。
下には薄切りオニオンがたっぷりで血液サラサラ!

ということで、お腹パンパン、大満足でごちそうさまでした。
いやぁ、これだけの量と質を両立しながらお値段880円!もうここに来たらこのメニューしか頼まなくなりそうですわ(;´Д`)

ちなみにこちら、蒲田(蓮沼)の「サンキチ」からの暖簾分けだそう。
そして、こういったサンキチ独立組は城南を中心に多数点在しているそうで、ヒントは「似ている屋号」「同一レシピのドレッシング」なんだとか。
うーむ、そんな謎かけされたら、探したくなっちゃいますよね!

--

さんきち


関連ランキング:とんかつ | 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅


ラーメン・麺固め(750円)@渋谷・横浜家系 侍

2017-10-14
渋谷でのランチタイム。
華僑経営の似非家系じゃないしっかりした家系ラーメンが食べたい気分だったので、なかなかいい評判を聞く「」さんへ初訪問。
こちらの系譜は、本牧家→六角家→たかさご家→町田家という流れだそうで、一応正統派家系と言って差し支えないでしょう。

休日14:30到着。
こんなハンパな時間なのに厨房を囲むカウンターはほぼ満席でしたが、一番奥が1席空き。後客も続々。
まずは券売機でメニューをチェック。

SAMURAI

二郎系っぽい「王」や「こん塩」、また油そばもあるのが面白いところ。しかも油そばは600円というプライシングが魅力ですな。しかし今日は「ラーメン」。
着席し食券を提出。「お好みは?」と聞かれるので「固めで」。

店内は若干雑然としてる感じ。客層はオールヤングメンズ。
厨房を見ると、店内の寸胴でガンガンにスープを炊いてて好印象。
しかも営業中の寸胴にどんどん背ガラを放り込んでいくワイルドな製法です。このラフな感じ、嫌いじゃないですよw(スープのブレ幅も大きくなるだろうけど、当たれば大儲け!)

SAMURAI

5分ほどで着丼。
家系スタンダードな茶濁スープ、上にはチャーシュー、レンソウ、ネギ、海苔といったフォーマット。
家系ってたいてネギをスープ注ぐ前に入れる印象がありますが、こちらは後載せなんですね。

SAMURAI

ではスープを一口。
おっ、なかなかいい感じです!
ペットリと油っこさが際立つストロングなスープは、豚骨の髄の旨味と鶏油の香りに満ちており、カエシより出汁の旨味が先行する骨太な構成。

SAMURAI

デフォで油が多めなので、味濃い目にした方がバランス取れるかも?これはセントラルキッチンの似非家系には出せない硬派な味わいですな~。塩梅ははっきり強め。
セントラルのスープが悪いとは言わないですが(毎日同じクオリティを保つのも飲食店の努めだし)、今日食べたかったのはこういうの!

SAMURAI

麺は酒井製麺の中太平打。固め指定しましたが、ちょうどいい茹で加減ですね。
もっちりした歯ざわり、スープの絡みも良く、短くすすりやすいのがこの麺の魅力。

SAMURAI

チャーシューはワシッとしたロース煮豚スライス。
かなり固く噛み切りにくいのがちょい残念かな。

SAMURAI

レンソウはいわゆる家系仕様のデロンとしたもの。味わいはないですが、たっぷり入ってたのはうれしいところ。
海苔はデフォ3枚。香りは弱いけれど、かなり厚めのもので、スープに浸しても全く破れない優れものwこれは家系に抜群に合う海苔です。
卓上にはキューちゃん漬けも常備されており、こりゃライス50円、海苔増し50円も頼んで目一杯楽しむのが正しい楽しみ方でしょうな。

サクッと食べきり満足でごちそうさま。
うん、吉村家直系ともまた違いますが、これぞ家系ラーメン!というワイルドな一杯、堪能しました。
渋谷はあまりラ的には魅力のない街という認識ですが、西口側に横横家出身の「大和田」ができたり、都内ターミナル駅としては意外と家系には恵まれきたのかも?
似非家系も多いエリアですが、それに惑わされず、ぜひ本物の味を味わってほしいですね(なぜか上から目線w)。

--

横浜家系 侍 渋谷店


関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅代官山駅


冷しかき揚げそば・大盛(630円)@品川・みとう庵

2017-10-13
品川駅港南口で一番新しい(?)大型オフィスビルである「品川シーズンテラス」でランチタイム。
浄水場の土地と一体化した大きな屋外テラス等もあって、なかなかオシャレな施設です。
こちらの1Fは大規模飲食店フロアとなっており、その中にあるお蕎麦屋さんが「みとう庵」。
みとう庵と言えば、天下の製麺メーカー「野川麺業」が展開する名ブランドであり、確かお店毎に店内で蕎麦を手切りするのが特徴。ちなみに霞が関の官庁ビルで一般人も食べられるそば屋として有名な「日豊庵」と兄弟ブランドになります。

平日12:00到着。
他の飲食店はそれぞれのハコで客席がありますが、みとう庵(そば)、伊吹や製麺(うどん)、坂内(ラーメン)の3店は客席を共用しており、フードコート的に使えます。
ランチピークタイムが始まったばかりということでフロアはほぼ満席ですが、かなり席数が多いのですぐに回転する感じ。

メニューは結構豊富で、普通のかけ/もりだけでなく、温かいつけ汁のもりそばやぶっかけ、セット物もあります。
価格帯としては路麺より200円くらいずつ高いですね。
向かいのラーメン屋さんを見ると、デフォ650円でライス無料か。。なかなか競争激しいですね~。

汗ばむ陽気だったので、注文カウンターで「かき揚げそばの冷」を大盛でお願いします。
先に支払い、もらったプラ券を丼と交換するシステム。
そばは生麺を見込みでまとめて茹でているっぽく、運が良ければ茹でたてに当たります。揚げ物は揚げ置き。
今回は、茹で置きの麺を冷水で湯がき、ぶっかけ汁ををかけ、かき揚げを載せて瞬時に着丼です。

MITOUAN

では、フードコートの席に陣取り早速いただきましょう。
つか、丼デカッ!!深ッ!
その結果、かなり貧相な盛りに見えますが、器がデカイだけで麺量はしっかりありますよ。

MITOUAN

そばは細身でホグッとコシの強い食感。茹で置きにしてはちゃんと旨いです。蕎麦の香りはあまりありません。
大盛はしっかりボリュームありますね。茹で後300gはあった感。ご飯物とのセットメニューを選べばかなり満腹になれそう。

MITOUAN

ぶっかけ汁は甘さ控えめでキリッとした味わいです。ケミカル感もなく、結構好きなタイプ。ただ、できればここにわさびが欲しかったところ。。。
大根おろしを和えて食べると、さっぱりいい感じ。ワカメもたっぷり入ってます。

MITOUAN

かき揚げは丸い型に入れて揚げられた背の高いもの。
油切れよく、ちょっとしっとり系の仕上がり。バキバキに揚がっているわけではないので、冷たく少ないぶっかけ汁でもきちんとほぐれてくれるのがありがたい。
タネはタマネギとネギがメインですが、干し海老と少量の紅生姜、春菊が入ってるのがいいアクセントになってくれます。
途中から別皿のネギを入れ、サクッと食べきりごちそうさま。

うん、路麺としては少々高めですが、値段なりにちゃんと美味しいお蕎麦でした。さすが野川麺業品川駅ナカの小洒落た路麺店より全然レベル高いですね~。
場所的に駅からちと歩くので、駅チカでサッと済ませたい時にはなかなか来にくいですが、居心地もいいのでまた使ってみたいですね。

--

みとう庵 品川シーズンテラス


関連ランキング:そば(蕎麦) | 品川駅泉岳寺駅


一番絞り・中盛(850円)@川崎・三三七

2017-10-13
川崎での飲み会の開始前、朝から何も食べていなかったので軽く麺でも入れていこうと三三七へ寄り道。
こちら、川崎エリアのつけ麺店として屈指の存在感を誇る「玉」の支店であり、濃厚豚魚つけ麺の玉に対し、こちらは鶏+煮干のつけ麺を主に提供するブランド。玉グループの中では一番好きなお店です(大森にも同名店がありますが提供メニューが全く違います)。

休日17:30到着。まだ晩飯時には早いので、前客2、後客3。
こちらのメニューでは、汁そばである「とろりそば」が大好きなのですが、今日は久々につけ麺で。
つけ麺は、ドロっとした濃厚鶏白湯に煮干を溶かし込んだ「煮番絞り」とサラサラ鶏清湯+煮干油の「一番絞り」がありますが後者で。外の券売機で食券を購入し着席。麺量は並(200g)と中(300g)が同料金なので当然中で。

337

極太麺なので茹でるのに時間がかかり、7分ほどで着丼。
うん、なかなかワイルドな雰囲気のベージュ色の極太麺ですね。
つけ汁は清湯ですが、表面の液体油の層はかなり厚くびっちりと煮干粉が。ナルトがクラシカルでいいね!

337

では麺から一口。
ゴチッとした強い歯ごたえの極太麺は自社製麺、ゆるいウェーブ付きで全粒粉入り。
香り、風味共に相変わらずいい感じです。

337

ただ、粉の配分と加水が変わったのか、はたまたオペレーションの問題か(バイト初心者っぽい方だったので)、もっちりした粘りがなく、噛むとゲシゲシと細かく破砕するような食感だったのがちょい惜しい。
また、昔より麺の長さが短くなったような気も?取り回しが楽でいいけど、もうちょっとズバババッと啜りたい気も。

337

つけ汁は、シャープな醤油がキリリと効いた鶏清湯に、エグみを含め煮干風味前回の香味油を厚めに載せた感じ。
清湯なのにコッテリ、このオイリーな煮干感がこのメニューの醍醐味なんですよね。
その油のおかげで、麺との絡みも上々です。
途中から卓上のお酢を4回しほど入れるとキュッとした酸味がいいアクセントになります。

337

具はどちらもつけ汁の中に。
チャーシューは細かく刻まれたホロホロ煮豚。
メンマはコリコリとした食感。海苔の香ばしさもいい感じ。

337

清湯ながら牽引力の高いつけ汁に引っ張られ、300gの麺もあっという間に胃の中へ。
今日はスープ割はいいかな?サクッと固形物完食でごちそうさまでした。

うん、相変わらず安定したクオリティの煮干な一杯でしたね。
極太のつけ麺というと大抵ドロッとした濃厚なつけ汁を合わせるパターンが主流な中、このメニューは清湯でズバズバ啜れる気持ちよさがあるので好きかな?
定期的に訪問したくなる、お気に入りのお店です。

--

三三七


関連ランキング:つけ麺 | 八丁畷駅川崎駅京急川崎駅


辛味噌ラーメン(750円)+半ライス(50円)@市ヶ谷・大塚屋

2017-10-12
飯田橋あたりでランチタイム。
ドロッとした味噌系が食いたい気分だったので、久々に大塚屋へ。
突如全支店を閉店し「くるり」から「大塚屋」に屋号変更するという事件後、初訪問になります。

平日13:55到着。
ここはいつも学生が大行列をなしているのですが、今日は店内満席で外待ち3。この程度ならラッキーな部類ですね。行列へ接続。
回転はそこそこ早く、10分ほどで待ったところで店内へ。
あ、今日はつけ麺やってないのかorz券売機で「辛味噌ラーメン」と「半ライス」をポチしし着席。
ちなみに麺大盛(200g→300g)と半ライスはどちらも50円。どちらにするか迷ったけど、ライスの方が食べ方の幅が広がるかな?とライスを選択。

OTSUKAYA

店内は狭く、客席は厨房を囲むL字カウンターのみ。
厨房では店主さんがワンオペ。
スープの調理工程を見ていると、中華鍋で野菜を炒めつつ寸胴から白湯スープを注ぎ、たっぷりのラード(?)と味噌ダレを投入、という流れですね。

OTSUKAYA

まもなく着丼。
いかにもドロドロな赤茶色のスープの上にはたっぷりの野菜、そして白ネギの山の上からラー油。
また、ライスは「これが半ライス?」と突っ込みたくなるボリューム。おそらく200g以上、どんぶり飯クラスのボリュームですw

OTSUKAYA

ではスープを。。
最初はレンゲを沈めるのにも力が必要なドロ系。
ただ、後半になるに従って野菜から出た水分と唾液のアミラーゼ効果で粘度が落ちてきますね。

OTSUKAYA

味わいは、「くるり」でおなじみだったド濃厚豚骨味噌。粘度を出しているのはガラや豚足ではなくおそらく脂でしょう。
辛味は、最後にかけるラー油で調整しているっぽい感じ。

OTSUKAYA

一口飲むと、どっしりしたベースの旨味+脂の旨味の上に、これまた攻撃的な赤中心の味噌ダレ、そしてニンニクでパンチを効かせたジャンクな味わい。
辛さはデフォではピリ辛レベルですが、コールすれば辛め/控えめも対応してくれるとのこと。ちなみに食券を渡す際にニンニクやショウガもコールできるようです。

OTSUKAYA

麺は三河屋製麺製、ゴワッとした質感の極太平打縮れ。噛みしめるとミッチリした食感。
結構暴れる麺なので、紙エプロン推奨ですな(飛ばさないよう慎重に食べたつもりだけど、食べ終わってみるとエプロンに赤い点が無数にw)。

OTSUKAYA

メンマは極太。太いですがジューシーに煮こまれショリッと柔らかく、ハードな雰囲気の丼の中での癒やしアイテム。
肉はバラブロック角煮タイプのものが4つ。脂身が甘くて旨いんですが。。。仕込んでから時間が経っているようで、若干酸味あり。

OTSUKAYA

炒め煮タイプなので野菜はクタクタですが、ライスに載せて食べるとこりゃたまらん旨さ!
卓上には黒胡椒、山椒、カレー粉が置いてありカスタマイズ可能。ただ、デフォの牽引力が結構あるので飽きは来ず、結局使わずに食べきってしまいました。丼を上げごちそうさま。

OTSUKAYA

うん、屋号が変わっても味は変わらず、安定のドロ系味噌の旨さを堪能。
麺量は200gなのでそれほどボリュームはないのですが、とうてい「半」ではないw半ライスのボリュームもあり、お腹パンパンになれました。こりゃ学生の人気が衰えないわけだ。
少々涼しくなったとは言え、やっぱり汗だくになりますね。。。真冬にまた来たいと思います。

--

大塚屋


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅


天ぷらそば(300円)@尾久・尾久そば

2017-10-12
今日は珍しく、朝から北区方面へ送迎ミッション。
朝食は軽めに路麺でも食べようか、と近場を検索→ほぉ、個人経営の路麺店みっけ!
ということで、尾久そばさんへ初訪問。

休日8:50到着。前客1、後客1。
店内は結構広く、厨房を囲むコの字型のカウンター。椅子あり。店内はかなり年季が入っており、渋い雰囲気。
また、この手の路麺店にしては珍しく立派な券売機があります。

OGU SOBA

左上ボタンは「天ぷら」。なんとたぬきと同じ300円!だったらたぬきじゃなく天ぷらにするでしょw
ちなみに「かけ」は280円なので、天ぷら20円!ただ天ぷら単品で頼むと100円なので、素晴らしいサービスプライス!
ということで、当然「天ぷら」をポチし、食券を出すタイミングで「おそばでー」とコールし着席。

OGU SOBA

天ぷら揚げ置き、麺は茹で麺なので瞬時に着丼。
おぉう、なかなか渋めの面構え。
暗黒汁の上にはコナモン系かき揚げの姿が。

では、、丼を持ってお汁をズズズ。
その色の割に、お汁はかなりライトですね。出汁感、カエシ感ともに控えめでグビグビ飲めちゃう感じ。

OGU SOBA

麺はちょい太めでエッジの立ったもの。
噛み心地が独特で、ネチッとした粘土質の粘りがあります。秋葉原の二葉の麺をちょっと軽量にした感じかな?量は少なめ。

OGU SOBA

そして20円のかき揚げは、前述の通り衣7割のお好み焼き的なやつ。品川駅の「常磐軒」のやつに似てるかな。
タネは真っ赤な干しエビ、ネギ少々、そしてなぜか銀杏に切られたニンジンの姿も。

OGU SOBA

コナモン系の醍醐味は、汁をしっかり吸うとモチモチになり、ちょっと練り物的になること。
天ぷらとはまた違う旨さがありますね~w

OGU SOBA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
素朴な味わいだけど、最近の意識高い路麺店よりこっちが好きかなw
かき揚げそば300円と言うと、都内でも最安値クラスですよね。今後もこの値段でがんばってほしいお店です!

--

尾久そば


関連ランキング:そば(蕎麦) | 尾久駅荒川車庫前駅荒川遊園地前駅


tag : 尾久 路麺
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>