FC2ブログ

ダッタン蕎麦・並盛(500円)@京橋・恵み屋

2018-08-05
八重洲エリアで遅めのランチ。
どうにも暑くてたまらんので、ズズッと冷たい蕎麦でも啜りますか。
ということで、路麺の名店「恵み屋」さんへ久々の訪問。天ぷらや丼物等はおかず、もり蕎麦だけで勝負!という潔いお店です。

平日13:55到着。店内は半分ほどの入り。
注文は配膳口前のレジにて口頭注文。
レジは「いらっしゃいませ!今日は何にしましょうか?(にっこり)」と、とても愛想のよい女性店員さん。店主さんは厨房奥で黙々と蕎麦茹でに集中。
蕎麦はオリジナルブレンドの恵み屋、韃靼、更科、田舎から選択可能なので、今日はルチンたっぷりの韃靼そばを並でお願いします。

厨房では、プシューッ!とエアーの音が響く押し出し式製麺機を使ったオペレーション。
挽きたてはどうかはわかりませんが、打ち立て、茹で立ての2立ては満足してますねw
3分ほどで呼び出しがかかりセルフ着丼。

MEGUMIYA

蕎麦はちょい緑色がかった濃いグレー。
細いですがゴワッとしたハリがかなり強めの麺で、噛めばガチムチのコシ。そして蕎麦の香りがブワッと広がります。旨いですなぁ。
また、韃靼そば独特の苦みというか渋みが結構強めで、これは好みが分かれるかも?食べた後もしばらくこの独特の香りが口に残りました。

MEGUMIYA

また麺がかなり長めで、箸で目一杯持ち上げてもまだザルに残ってる感じ。カウンター席上の洋楽DVDの棚に箸がぶつかるかと思いましたw
麺量は茹で後350gで、他店の大盛サイズはあります。ちなみに麺量表記って、蕎麦・うどん屋だと茹で後の重量表記で、ラーメン屋だと茹で前の重量表記のお店が多いですよね。

MEGUMIYA

辛汁は魚介の出汁や香りよりも、醤油のストレートな塩辛さとザラメかな?の甘みがグイグイ前面に出る、ちょっとジャンクなタイプ。
かなり塩辛いので、蕎麦を全浸けするとしょっぱすぎですね。半分ほど浸けて啜るのが一番ちょうどよかったかな。

固形物完食後はセルフ蕎麦湯でほっこりしてごちそうさま。
もうこのあたりでは老舗の貫禄すら感じる此方のお店。サイドメニュー一切なし、蕎麦のみに絞り原価を絞って質にこだわり、夜は立呑蕎麦居酒屋で客単価を上げるという経営方針がこの土地にバッチリはまったんでしょうね~。
またお世話になります。

--

京橋 恵み屋


関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅


冷やしまぜそば並・ショウガカラタマガリマヨ(850円)@東大前・用心棒本号

2018-08-04
池袋→駒込に移転して以来ご無沙汰だった「ごとう」さんのつけ麺が食べたくなり車を走らせる午後。
用心棒の前を通過する際、チラッと店を見ると。。。なんと行列なしで空きあり!
二郎系冷やし中華として大ブレイクし、今や整理券を配る人気店になってしまった駒場「千里眼」の兄弟店である此方、もちろんソレ系の冷やチューを提供しており行列が絶えないはずですが、これは・・・行くしかないでしょうw
ということで、急遽近くのコイパに車を入れて早足でお店へ。

休日13:40到着。待ちなし、空席2。去年来た時は30分くらい待ったもんなぁ。。こりゃラッキー!
当然狙いは冷やし。券売機で並のボタンをポチしカウンター席へ。
店内を見ていると、冷やしとラーメン/まぜそばの注文割合は半々ほどですね。客層はほぼT大の学生さん。

YOJINBO

冷やしは提供に時間がかかることもあり、待つこと10分ほどで「トッピングは?」とコールタイム。
では、ショウガ、カラタマ(辛い刻みタマネギ)、ガリマヨ(その名の通りニンニク風味のマヨネーズ)をお願いします。
まもなく着丼。

YOJINBO

・・・ほぉ!今年も素晴らしいルックス!
麺はほぼ共通ですが、千里眼の冷やチューとは少々アレンジが異なり、あちらがゴマドレ+大根サラダ系のアレンジなのに対し、こちらは酢醤油ドレ+中華モヤシサラダ的なアレンジになります。個人的には、最近はさっぱり食べられるこちらの方が好みかな?

YOJINBO

ヒタヒタのタレに浸かった麺の上には冷ました茹でモヤシ。

YOJINBO

その上には丁寧に配置されたオニオンスライス、水菜、ミニトマト、チャーシュー、カラタマ、揚げ玉、卵黄、刻みネギ。

YOJINBO

では早速麺を引き出しパクリ。
うん、いいですね!ゴワッゴワのバッキバキで、終盤顎が痛くなってくるレベルの極太超剛縮れ麺は健在です。

YOJINBO

麺量は並で300gと食べごたえあり。麺味もしっかりしており旨い麺。
そして、この麺に絡むのが酢醤油系のタレ+ガリマヨの風味。この甘ジョッパ&スッパーな味わいはドンズバに好みの味。

YOJINBO

全体をグリグリ混ぜつついただきます。
トッピングアイテムが豊富なので、口に入ってくる食材がランダムに変わり、その風味や食感のおかげで全く飽きることがないですね~。

YOJINBO

チャーシューは、千里眼は冷やし専用品の鶏チャーですが、こちらはラーメンと共用するフワッフワの煮豚。キンキンに冷しちゃうと脂が固まってしまうので、全体の温度感を損なわないぬるめの仕上がりがちょうどいいですね。
辛タマは荒く刻んだ生タマネギに、キムチ風味の味付けをしたアチャール的なもの。シャキっとした食感と唐辛子の風味がすごくよいアクセントになります。
意外だったのは、シャキシャキのネギ+揚げ玉+醤油の味わいが口に広がると、脳裏に「冷やたぬ」の幻影が。。。w

YOJINBO

ということで、最後までスピードをキープしつつ美味しく完食。大満足で丼を上げてごちそうさまでした。
いやぁ、登場以来毎年いただいていますが、他店の追随を許さない孤高の二郎系冷やし中華、満足度高いですね(ちなみに千里眼は「冷やし中華」なんですが此方は「冷やしまぜそば」)。
千里眼の冷やチューも相当旨いけど、冷やし中華ゴマダレ派ではなく酢醤油派は方にはぜひこちらもオススメ(神保町店でも食べられます)!

--

用心棒 本号


関連ランキング:ラーメン | 東大前駅白山駅根津駅


醤油バジリコ大盛(650円)@大手町・リトル小岩井

2018-07-30
丸の内で早めの晩飯。
麺類な気分だけど熱い汁物はちょっと。。。だったので、そういう時はロメスパでしょう!
ということで、ジャポネかリトコイか?今日はリトコイで!→大手町ビルディング地下へ。

平日19:15到着。いつ行っても行列のイメージですが、まさかの待ちなし、店内は半分ほどの入り!
ただし客席は4人テーブル席のみなので、オサーンと相席で着席です。まぁ向こうもそう思ってるでしょうけどw
前回は「ジャポネ」をいただいたので、今日は「醤油バジ」。
ジャポネと同様ニンニク醤油での味付けですが、エビや大葉、トマトが加わり50円アップという豪華版になります。
並ではボリューム的に物足りなかった記憶があるので、大盛(+60円)でお願いします。

LITTLE KOIWAI

厨房でのフライパンでの炒めを経て、5分ほどで着皿。名物ザワークラウトも付いてきます。
ほぉ、なかなか旨そう!
強めに炒められ軽く焦げがついた極太スパ。具は豚肉、エビ、ピーマン、タマネギ、マッシュルーム、大葉にトマト。
ただ、大葉とトマトに関してはほぼ存在感なかったかな(;´Д`)

LITTLE KOIWAI

では早速一口。
前回ほどバターっぽい香りがしないのと、暑い日で汗だくになったからか塩味がかなり控えめに感じますね。卓上の塩コショウ、粉チーズで味を調整しましょう。
ムチッとした食感の極太スパ麺は、フカフカのジャポネ麺よりも弾力が強めなのが特徴。いい感じに咀嚼感あって、こっちも好きです。
また、スプレッドを使うジャポネよりちょいオイリーなのがこちらの特徴ですね(油少なめというコールもあるみたい)。
麺量は大盛で450gくらいかな?、ジャポネのレギュラー(350)以上、ジャンボ(550)以下くらいに感じました。

LITTLE KOIWAI

「バジ」という名前から、ジャパニーズハーブである大葉の味わいを期待したのですが、前述の通り、ほとんど入ってないので「ジャポネ」との違いはエビの有無、みたいな感じですね。ジャポネのバジはかなり大葉が効いてるので、ちと残念。

LITTLE KOIWAI

甘酸っぱい酢キャベツは、好みが分かれるでしょうが個人的には好き。ややオイリーな焼きスパのいい口直しになります。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
ジャポネのメニューは全制覇しましたが、こちらはまだナポ、ジャポネ、醤油バジの3つだけか。。全種制覇を目指しまた来たいと思います。

--

リトル小岩井


関連ランキング:パスタ | 大手町駅東京駅二重橋前駅


広島つけ麺・特盛13辛(650円)@四谷三丁目・辛マル

2018-07-27
四ツ谷でランチ。
暑いので鯛塩灯花の冷やしメニューを食べよう、と思いつつ荒木町をテクテク。
しかし・・・金丸稲荷近くの広島料理のお店がランチタイム限定で広島つけ麺店として営業してたなぁ、と思い出したら急に広島つけ麺な気分になり、急遽そちらへ。

平日13:35到着。前客3、後客1。
カウンターのみの小さなお店かと思っていたら、店内に入ってみるとテーブル席が多く意外に広いんですね。
体制は、厨房に男性1名、ホール女子1。

KARAMARUKARAMARU

カウンター席に着席しメニューを確認。
つけ麺はデフォの「広島つけ麺」と、味玉と炙りチャーシューが載るというデラックスの2種。
麺量は小(茹で後100g)~特大(茹で後400g)が同料金。ラーメン業界では茹で前表記が標準的なので一瞬迷いますが、茹で後400gであれば茹で前は200~250g程度でしょうから、一般的なつけ麺としては特大がデフォですな。
辛さは広島つけ麺らしく、0~30まで選択可。お店推奨の辛さは7、辛党の方は11~15がオススメとのこと。
・・・では13の特大で!
ちなみに以前はおにぎりかゆで玉子がサービスだったようですが現在はなくなっており、スタンプカードを提示すると玉子が無料ですとアナウンスされます(しかし会計時にもスタンプカードはもらえなかった。夜のみなのかも)。

KARAMARU

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。。広島つけ麺の麺相、久々に見ました。
麺の上には茹でキャベツとネギ、キュウリ、チャーシュー。つけ汁はラー油で真っ赤。表面にはビッチリと白ゴマ。

KARAMARU

では早速麺から。
広島つけ麺なので細麺かと思いきや、意外に太い中太平打タイプ。

KARAMARU

加水は低めでゴツッとした歯ごたえのものですが、キンキンに〆てあるのでさらに歯ごたえ増強、ゴキゴキの剛麺で面白いですね!

KARAMARU

広島つけ麺のつけ汁って、辛さばかりが先行しベースがペラペラなお店も多い印象なのですが、こちらはベースの醤油ダレの旨味がしっかり感じられ、そこに重層的に唐辛子の辛味が載ってくる構成。ベースがしっかりしているので、上に辛味を載せてもバランスは崩れません。

KARAMARU

辛さ13は、汗だくにはならないまでも、そこそこちゃんと辛いですね。おそらく、個人的に美味しく食べられるのは15あたりが上限になるかな?
ちなみに後客のおじさんは「2辛」でした。辛さ控えめにするとよりタレの味がストレートに感じられるでしょうね。

表面のたっぷりのラー油がびっちり麺に絡みつくので、両者の絡みはしっかり。また剛麺がビチビチ跳ねるので、勢いよく啜るとラー油が結構飛び散ります。白シャツの方は鮮血のシミが付かないように注意して食べるべし(紙エプロンあったかは不明)。
基本、辛さ先行逃げ切りなスープなので、味の広がりという面ではやや物足りないのですが、卓上のお酢を一回し入れることで、酸っぱ辛い感じになって味がやや複雑化します。また白ゴマの香ばしさもいいアクセントに。

KARAMARU

茹でキャベツは青い葉の部分でシャキシャキで甘くいい感じ。キュウリと白髪ねぎはこの手の冷やしメニューには鉄板の相性ですな。
チャーシューは厚めのバラ煮豚スライス。ムッチリ弾力のあるハムっぽい食感で、甘いタレの染みた味わいはやや既成品っぽい感じかな?まぁでも食べごたえはあります。

KARAMARU

固形物完食後は、卓上のジャスミン茶でスープ割。
ジャスミンのフルーティーな香りが辛さに負けるか?と思いきや、意外にジャスミン先行ですっきりした味わいになり、これかなり旨いですね!
ほうじ茶や昆布茶で割ってくれるお店とかもありますが、魚介がそれほど効いてないつけ汁に関しては、今後ジャスミン茶を使うお店が増えてもいいんじゃないかと思えるくらいハマっててびっくり。

しかし、これだけのボリュームで650円は安いですね~。大満足でごちそうさま。
広島つけ麺ってボリュームの割に割高という印象がすごく強かったのですが、こちらは特盛同料金ですからね。味もいいので、広島つけ麺を初体験する方にもオススメできるお店です。
広島のご当地麺というと最近は「汁なし担々」にフォーカスされることが多いですが、広島つけ麺ももっと見直されてもいいんじゃないかな?

「呉海軍カレー」なんかも出してるようで、次回はカレーを食べに来てみようかと思います。食べて広島を応援!

--

辛マル


関連ランキング:つけ麺 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅


小ラーメン・ヤサイニンニク(730円)@川崎・ラーメン二郎京急川崎店

2018-07-25
蒲田で晩飯。
なんとなく直系二郎な気分だったので二郎に向かうも、定休日だったことを忘れていましたorz
インスパイア店なら周辺にいくらでもありますが、今日は直系な気分なんだよなぁ。。ということで1駅移動し川崎へ。久々の川崎二郎です!

平日21:05到着。なんと前客4で待ちなし!
川崎二郎直系二郎の中でもそこまでは並びが長くないお店という認識ですが、いざ並ばずに入れるとものすごく得した気分になりますねw後客続々ですぐに店内待ち発生。たまたまのエアポケットだったようです。

店内は厨房を囲むL字カウンターのみ。厨房には店主さんと、いい声してる助手さん。BGMはAMラジオ。
直系の店員さんとしてはかなり柔和な印象ですが、きっちりロット分で詰めて座らせたいらしく、指定された椅子に座る必要があります。また若干席間が狭く、人数が少ない時には皆間隔を開けたがるので、客が増えてくると「皆さんもうちょっとずつ詰めてもらえますか~?」と席間調整が入りますw

KAWASAKI JIRO

小の食券を買い着席。どうやら前のロットに潜り込めたようで、まもなくコールタイム。川崎は盛りが大人しめなのは知っていたので、「ヤサイニンニク」でお願いします。
助手さんは結構客の顔を覚える方のようで、「ニンニクカラメ」と言っただけの常連らしいお客さんにヤサイトリプルアブラダブル的な山な一杯を出していたり。

KAWASAKI JIRO

さて着丼。
ほぉ、なかなかいい盛り。
川崎は久々ですが、ヤサイはかなりクタ系ですね。スープは非乳化よりの仕上がり。

KAWASAKI JIRO

では早速スープを一口。前述の通り非乳化で、カネシの甘みが先行する甘二郎ですね。粘度は低め。
豚のコク、カエシのキレどちらも控えめで、シャバシャバな印象。スープ温度も低く、うーん、今日のコンディションはあまり好みではないかな?

KAWASAKI JIRO

途中から卓上カネシを2回しくらいかけてみましたが、あまりいいバランスにはなりませんでした。ニンニクを混ぜ込むと多少パンチが出るのは救いですな。

KAWASAKI JIRO

麺は直系ではやや細めの中太平打タイプ。
茹で具合は柔めのデロ系で、幼児やお年寄りでも食べられそうな優しい印象。
ただ誤解してほしくないのは、二郎のデロ麺は「伸びた麺」とは全然違くて、敢えて例えるなら鍋の〆のちゃんぽん麺のような食べ応えのある柔さなので悪しからず。麺量は250g程度の印象で、麺よりヤサイが多い感覚でした。

KAWASAKI JIRO

ヤサイはぶっちゃけクズヤサイっぽいというか、細かめに刻まれたキャベツとクタクタでヒゲのついたモヤシが3:7くらい。
シャキ感はなく、麺と同じくヤワ系の歯ごたえ。熱々ではないのでスープの温度を徐々に奪います。

KAWASAKI JIRO

豚はバラっぽい脂身の付いた部位の厚めのカットがなぜか4枚。
端豚があったからおまけしてくれたのかな?これ品川の倍はあるね!
赤身は若干ワシッとしてますが基本柔らかく仕上げてあり、脂身はトロットロ。カネシの染み具合は控えめの大人しめの仕上がり。

ということで、サクッといただき、丼を上げテーブルを拭いてごちそうさま。
うーん、もともと優しい味わいが特徴の川崎店、その中でも特に優しい日だったかも?
・・・と思って前回のレビューを読むと、あぁ同じ感想だ。やっぱりこれが川崎の味なのですね(;´Д`)
柔らかい麺とヤサイ、そしてシャバめのスープの組み合わせで、グビグビ飲むように食べられてしまうのが此方の魅力かな。
二郎だからって全店ギトギトでパンチの効いた味わいである必要もないわけで、この個性を味わいたくなったらまた来たいと思います。

--

ラーメン二郎 京急川崎店


関連ランキング:ラーメン | 京急川崎駅港町駅六郷土手駅


肉野菜蕎麦・温・大盛(650円)@品川・みとう庵

2018-07-24
品川でランチ。
珍しくシーズンテラスで打ち合わせだったので、その1Fにあるフードコートで飯を。
そばな気分だったので、一度訪問しなかなか印象がよかった「みとう庵」へ再訪。
みとう庵(日豊庵)と言えば、霞が関の官庁街にそば食堂を展開し、日本のブレイン達に食で活力を与えている名ブランドになります。

平日11:10到着。
まだピークには早い時間帯だったので、隣のうどん屋&向かいのラーメン屋と共用する客席はガラガラです。
日豊庵と言えば「二食そば」が名物ですが、こちらでは提供していない模様。しかし、さりげなく二食そばの片割れである「野菜」を冠するメニューがあるんですね!それ行くしかないでしょう。
温と冷が選べるとのことで、霞が関では冷がデフォだし、こちらでは温にしましょうか。
また「大盛サービスですが?」とのことで(今はもうやってないみたい)当然お願いします。

MITOU AN

蕎麦は生麺で見込み茹で。既に茹で上がったものを軽く湯がいて丼へ→汁と野菜を載せて瞬時に完成→セルフ着丼。
ほぉ、なかなかユニークなルックスですね。
丼の半分は茹で野菜と肉、もう半分はビッチリとたぬきが覆っています。

MITOU AN

ではお汁をズズズ。
相当甘口で、味が濃いめのお汁ですね。塩気も強く、これはかなり若向けな味付けかな?

MITOU AN

そばは手切り?太さがまちまちの平打タイプ。
温かい汁の中ではすぐにフニャッとしちゃうタイプですが、街の蕎麦屋さんってたいていこんな感じな印象。蕎麦の香りはありません。

MITOU AN

野菜はモヤシ主体で、たまにタマネギや人参等、かき揚げに使う食材の余りの千切りも入っており、それらを軽く湯がいて冷ましたもの。しっかり量もありヘルシーでいい感じ。

MITOU AN

肉は豚バラを甘辛く煮たもので、この手のお店だと煮込みすぎてパサッパサになってたりすることも多いですが、プリプリと柔らかく甘味があっていい感じ。

あと、丼の半分近くを覆うのは揚げ玉(店頭POPに「うちの揚げ玉は手をかけたこだわりの品で天「カス」じゃありません!と書いてあるw)。
キメが細かく旨いのですが、これ最初から汁に入ってると汁の味をデフォルト状態で汚しちゃうんですよね~。できれば別皿か、もしくはセルフで取れるようにしてほしいかも。

ということで、サクッといただきごちそうさま。このメニューは冷やでも旨いでしょうね。
通常の路麺店よりはワンランク上の価格設定ですが、品川駅ナカの豪華版常磐軒のがっかり感に比べたら全然アリ。
メニューバリエも一般的な路麺店より多いので、リピートする楽しみもありそうです。
シーズンテラスに来たら、また寄ってしまいそうw

--

みとう庵 品川シーズンテラス


関連ランキング:そば(蕎麦) | 品川駅泉岳寺駅


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>