カレー排骨担々麺(1000円)+小ライス(100円)@有楽町・四条富小路 麺屋虎杖

2018-02-16
有楽町で晩飯。
駅近くで軽めに済ませたかったので、こういう時は安定の交通会館!
あぁ、でもこの時間になるとひょっとこ、大正軒、あけぼの、交通飯店は既に閉店か。。。じゃあたまには新規開拓しましょうか、と虎杖さん。
先日、銀座INZ1で激安生パスタを出す「虎杖製麺所」に行ったのが記憶に新しいですが、こちらも当然、築地虎杖グループが営む担々麺屋さんになります。
店名がなぜか京都っぽいのは謎でしたが、実際に京都にもカレー担々のお店を出しており、そちらの関連店扱いなんですね。

平日20:30到着。店内は半分ほどの入り。
客席はカウンターと二人がけテーブルがあり、テーブルに案内されました。
メニュー体系としてはカレー担々とカレーライスの2ライン。今回はイチオシという、カレー排骨担々麺をお願いします。
ランチタイムはライスサービスだそうですが夜なので自粛。。いや、やっぱ頼もうw

ITADORI

待つこと6分ほどで着丼。
ほぉ、結構こじんまりした感じですね。
オレンジ色のスープの上には排骨、鶏挽肉、青菜、白髪ネギ、糸唐辛子が。
#光源が蛍光灯と白熱灯のMIXなのでカメラのAWBが狂い、ちょっと変な色合いになってますorz

ITADORI

ではスープを一口。
うん、印象としてはかなりお上品。
芝麻醤が効いた甘〜いクリーミーなスープは、もしや豆乳ベースなのかな?さらにどこか和風な後味もして、魚介出汁もブレンドしてそう。ここにクセのないカレーの風味がふんわりと香り、ラー油の辛味はかなり後方に。
担々麺というとラー油の辛さと芝麻醤の甘み、花椒の痺れのバランスで組み立てる印象がありますが、カレーと和出汁も加えて若干とっちらかっちゃいそうな所を、花椒レス、ラー油もかなり控えめにしてソフトな構成にすることで、一体感を高めうまくバランス取りしている印象。
また、薬味の柚子皮が非常に効果的に和風なアクセントを加えており、構成力は見事。

ITADORI

麺は角断面細ストレート。加水高めでちょい熟成麺っぽいプリッとした食感。
麺自身の風味は弱いですが、カレー坦々スープを引き上げるツールとして機能。量は少なめで130g程度。男性は大盛かライス推奨ですな。

ITADORI

排骨はかなり薄めの豚バラ肉で、脂身多めでジューシー。
排骨というとカレー風味のお店が多いですが、こちらはスープがそもそもカレー味ということもあるのか、一般的な醤油味の唐揚げ風味に感じました。

ITADORI

青菜はチンゲンサイ。しゃっきりとした茹で具合がいい感じ。糸唐辛子と白髪葱もうるさくならずいいバランスですよ。
担々麺には必須と思われる肉味噌はなく、鶏挽肉的なパサパサなやつがコロコロと入るのみ。

ITADORI

小ライスはお椀に軽く一膳分といったところ。まぁ100円なのでこんなもんかな?

ITADORI

ラスト、排骨とスープを投入して担々雑炊にすると鉄板ですな。

ITADORI

お店の「最後まで飲み干したくなるスープです」というキャッチはあながち間違っていなく、この絶妙なバランス感に引き込まれ気がつくとほぼ完飲でした。あぶねぇあぶねぇw
ということで、サクッといただきごちそうさま。

個人的な担々麺の好みからは若干外れますが、たぶんこれが好きという層も多そうな、ハイバランス型の上品系カレー担々でした。
店内も小奇麗だし、各テーブルの荷物用カゴ等ユーティリティもしっかりしてるので、どっちかというと女子にオススメのお店かも?

--

四条富小路 麺屋虎杖 有楽町


関連ランキング:ラーメン | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


いかげそ天そば(390円)@御成門・六文そば処 浜松町1丁目店

2018-02-14
遅めの朝飯を浜松町で。軽く食べたい感じだったので路麺ですな。
では六文コンプリートへ向け、ラストの店舗「浜松町1丁目店」へ!

休日10:15到着。前客1、後客1。
入り口は押しボタン式の自動ドアなんだけど、ボタンを押してもウンともスンとも言わない。あ、手動かよ!(何も書いてないw)

さて気を取り直し、六文と言えば当然ゲソ天なので、口頭でゲソ天そばをお願いします。
茹で麺、揚げ置きなので瞬時に着丼。
うん、黒い汁、白いそば、そして大ぶりなゲソ天。これぞ六文そばと言った出で立ち。

ROKUMON SOBA

では丼を持ってズズズ。
うは、今日は激薄の汁!これだけ色が濃いのに旨味はほとんどなくw、醤油の風味が舌の上に広がります。
昼前だと、まだ汁が煮詰まってないのでシャバイのかもしれませんね。まぁこういう日もあるわな。

ROKUMON SOBA

そばは興和物産製でやや太め。フガフガ系の柔めの食感がいかにもそれ系。

ROKUMON SOBA

げそ天はしっかり揚げられた円形のもので、プリプリのぶつ切りのゲソたっぷり!

ROKUMON SOBA

揚げ置きで冷めてますが、汁に入れればすぐに復活。これはさすがの旨さですな。

ROKUMON SOBA

ということで、サクッといただきごちそうさま。

これで現存の六文そばはコンプリート。
どこが旨いってのは特にないけど(同じ店舗でも時間帯で味が変わると思うので、違うコンディションで比較しても意味がないという意味)、個人的に好きなのは須田町、日暮里2号店かな?あと唯一生麺使用である日暮里1号店は別格ということで。
ザ・東京の立ち食いそばと言って差し支えない名店、これからもちょくちょく使わせていただきます!


--

六文そば処 浜松町1丁目店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 大門駅御成門駅汐留駅


担々麺・倍辛(1000円)+半ライス(100円)@銀座・蝋燭屋

2018-02-13
銀座で軽めの晩飯。
オープン直後に伺い「ここはすぐ行列店になる!」と予言した「蝋燭屋」さんへ早めの再訪。
ランチタイムは常に行列が発生しているようで、並びをさばくための柵がお店前に出現。
夜の部も、この時は並んでいませんでしたが、行列整理のためのニンジン(短いライトセイバーみたいな誘導灯ね)を持ったガードマンらしき人が。

さて、平日20:25到着。店内は満席でしたが、食券を買っている間に席が空き着席。
後客続々で、まもなく店内待ち4に。やはりジワジワと人気が出ているようで。
酸辣湯、麻婆、汁なし担々は既に頂いたので、今日は汁ありの担々麺をいただきましょう。
食券を店員さんに渡すタイミングで辛さを聞かれるので「倍辛」で。半ライスはランチタイム無料なのですが夜は有料ですか。。しかし担々にライスは必須アイテムなので迷わずポチ。

ROUSOKUYA

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。。これぞ日式汁あり担々!と言いたくなる王道のルックス。
白っぽい芝麻醤+動物系のスープの上には肉味噌、砕いたナッツ、すりゴマ、フライドオニオン、黒ゴマ、白ゴマ、たっぷりのラー油、小松菜、ネギ。

ROUSOKUYA

では早速スープを一口。
これは・・・・相当ウマいな!
ベースの動物系スープがしっかりしている上に、コックリとした濃厚な胡麻の甘み、ラー油の辛味と香ばしさががっぷり組み合い、全く文句ないクオリティ。

ROUSOKUYA

辛さマシはおそらくラー油の量が増えると思われ、辛さを増やすと自動的にオイリーになります。粘度はトロンとした感じ。ベースがペラペラなスープで油っぽさが増えると重たいだけですが、ベースがしっかりしているので油が増えても無問題。むしろ口当たりがたくましくなるので食べ応えがアップします。
肉味噌は醤油系の濃い味付け。ザーサイや干しエビ等もたっぷりで、食感と香ばしさが楽しい感じです。

ROUSOKUYA

また、砕いたナッツやフライドオニオンの香ばしさもちょうどいい具合にアクセントを付けてくれますね。いやぁ、素晴らしいバランス感。
辛さレベルは、辛いのが好きな方は倍辛で問題ないでしょう。中本でゴモミや卵麺が食べられる方なら余裕かと。

また此方に行ったら絶対使わなきゃだめなのが、卓上のぶどう山椒オイル。
このフルーティな香りと心地良い痺れがまたたまらんですね~。これはここ最近のベストオブ味変アイテムかもしれません。
付属のティースプーンでは一滴ずつしか入れられないのですが、結果15杯くらい入れちゃいました(;´Д`)お店の方ごめんなさい。

ROUSOKUYA

麺は、おそらく酸辣湯と同じ角断面細ストレート。三河屋製麺だそう。
加水はやや低めで、モッソリ、バツンと噛み切る心地よさあり、坦々スープの絡みも文句なし。麺量は150g程度かな?

あっという間に麺完食。
しかし担々麺はここからがもう一つのお楽しみ!

ROUSOKUYA

そう、穴開きレンゲでスープ底の肉味噌をサルベージし、オンザライスで担々ライスです。

ROUSOKUYA

分厚い旨味と辛味、メリハリのある塩気。これが白飯に合わないわけがない!
ザクザクと一気に完食。汗びっしょりでごちそうさま。

ROUSOKUYA

いやぁ。。。汁なし担々や酸辣湯の完成度にも舌を巻きましたが、この汁あり担々も、全要素が非常にブリリアントな印象で、カッチリ組み上げられた味わいに全く隙がない一杯でしたね。
特にぶどう山椒オイルを加えて以降の味わいの華やかさが素晴らしくて、日式の汁あり担々麺としてはマイベストスコアを叩きだしてしまったかも。。
スパイスの華やかさで言えばほおずきだし、バランスなら阿吽、ベーススープの複雑さだとげんぞう、焼き野菜の香ばしさなら希須林等、それぞれのお店に得意技はあると思うんですが、シンプルに「コクと辛さと痺れ」という担々麺王道の観点で評価すると、もしかしたら暫定ベスト1。

最近、此方の後を追うように、200mほど離れた場所に札幌の担々麺の人気店がオープンしたとのこと。こちらも早めに食って比較してみたいところ。
にしても銀座有楽町エリア、今や担々麺激戦区になってますなぁ。。。

--

SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋


関連ランキング:ラーメン | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅



中華そば(680円)+餃子(360円)@白河市・彩華

2018-02-12
那須でのスノボの帰り道、せっかくなんで白河に立ち寄り白河ラーメンを食べて帰ることに。
夜営業がある「英」に行ったものの、なんと早じまいでギリギリアウト(店内の灯りはついていたorz)。
即座に代替店を検索→とら系である「彩華」さんに電話→開いていることを確認の上、車を飛ばします。

休日18:40到着。店内は2/3ほどの入り。
全てテーブル席で小上がりもあり、客層は家族連れが多いですね。
「ごまタンメンミルク風味」など結構攻めてるメニューもありますが、初訪なので中華そば。あと餃子もね。

SAIKA

待つこと10分ほどで着丼。
ほぉ、ルックスはなかなかいい感じの白河ラーメン、といった趣。
醤油色の濃いスープの表面には液体油。上にはチャーシュー、メンマ、青菜、ナルト、ネギ、海苔。

SAIKA

ではスープを一口。
ベースは鶏中心のライトな動物スープにキレのある醤油ダレ、鶏油を加えたもの。

SAIKA

白河エリアでは薄口との評が多いですが、まぁそう言われてみればそうかも?
でも、全体のバランス取りはとても良好ですし、サラリと飲めてこれはこれでいい感じかな。鶏油の香りもいいですよ。

SAIKA

麺は結構太めの平打で、当然とら系なので青竹打ちの手切りなのでしょうね。
加水はかなり高めで、表面ツルツル、ムッチリプリプリの噛み心地。

SAIKA

チャーシューはモモかな?
ほぼ脂身のない焼豚で、ミッチリとした噛み心地、味付けは控えめで肉の旨味を感じられるもの。デフォで3枚ってのは何気にうれしい。
青菜はレンソウ。シャキッとした茎部分の食感とほろ苦さがいいですな。メンマは柔らかめであまり主張しないタイプ。
海苔は薄く、味付け海苔サイズのものをさらに半分に切ったという原価削減仕様w

SAIKA

餃子は薄めの皮で小ぶりなものが5つ。
底が揚げ焼きのようにカリッと焼き上げられて香ばしいですね。
餡はキャベツと肉が中心で、下味は控えめ。ニンニク感はありません。うーん、無難な感じw

SAIKA

ということで、サクッといただき、まずまず満足でごちそうさま。
単にラーメンだけで比較すると、他の白河の行列店より若干引きが弱い感はありますが、店内広く清潔感もあるので、地元民の普段使いにはちょうどいいんじゃないかな?と思いました。並ばないのもいいですね。
次回あれば、ごまタンメンミルク味で決まりです!

--

彩華


関連ランキング:ラーメン | 新白河駅白河駅


黒豚油そば・大盛(800円)@曙橋・油そば専門店GACHI

2018-02-12
曙橋での飲み会の後、フラリと離脱し麺活。
このあたりもいろいろと魅力的なお店が多いですが、今日は汁なしな気分。
そういえば先週、此方の店主である庄野さんにスポットを当てた濃いぃ1時間番組を見たのを思い出し、久々に「庄の」グループの油そば専門店「GACHI」を訪問。

休日20:30到着。店内は8割ほどの入り。
オープン当初に訪問して以来ですが、昔ラボや製麺スペースとして使われていたスペースも客席になり、テーブル席が多数増設。学生客多いですね!
あら?昔は「イベリコ油そば」ってメニューだったような気がしますが、黒豚油そばになったんですね。
食券機で黒豚油そばの食券をポチ。大盛無料とのことなので当然お願いします。

GACHI

テーブル席でしばし待ったところで油そば着丼。
ほぉ。。武蔵野系のクラシカルな油そばを今風にアレンジしたような雰囲気。
丼の底にはタレ+油が。麺の上にはチャーシュー、ネギ、海苔、メンマ、ナルト、カイワレと潔くシンプルなレイアウト。

GACHI

まずは麺を引き出し一口。
デュラムセモリナ使用の麺は、角断面太ストレートで、ややねじれた形状。

GACHI

加水はやや高めでプリっとした噛み心地。
しっかり重量感もあり、なかなか食べ応えのある麺です。麺味もしっかりしておりこの麺好み!

GACHI

で、麺に予め絡められたタレはいい醤油の香りがするもので、和歌山「角長」の生醤油を使っているんだそう。
グリン、と下から混ぜた時、アツアツの麺にコーティングされたタレの香りが立ち上がる瞬間が、油そば一番の醍醐味ですよね。

GACHI

麺+タレ+油のみで楽しむ油そばは、この3者のバランスが全てなのですが、個人的には麺の強さに対しタレ、油の主張がやや弱めに感じたかな?タレと油の味わいにもっと深みがあればさらに印象が良くなるような気がしました。
特に課題は油かな?敢えて植物性の油を使っているようですが、個人的にはこれをラードや鶏油にして、上がってくる香りを強めたいかな。

卓上にはニンニクチップ、おろしニンニク、揚げそば、お酢、ラー油、食べラー、魚粉、唐辛子、白ゴマ等味変アイテムが豊富。これらを活用して、自分仕様の一杯を作ってください、ということですな。

GACHI

チャーシューは豚ロースの低温調理の薄切りが2枚。なんとなく生ハムのような感じで、ちょっとリッチ感ありますね。
かなり攻めた温度管理をしているようで、鮮やかなピンク色が華やか。攻め過ぎると半生でグニグニになっちゃうことになりかねない際どい温度設定かと思いますが、そこらへんはさすがにプロの仕事。見事です。
ただ個人的には、普通の煮豚を短冊に切ったやつも合うかな、と(;´Д`)

GACHI

メンマはコリコリ系。ネギや海苔等の薬味は無難に機能。
まぁ、前述の通り「麺とタレと油」を楽しむ料理なので、あまり脇役は出しゃばらなくて全然OK。

大盛は300g程度かな?さすがに後半やや飽きが来ましたが、サクッといただきごちそうさま。
うん、現代版の食材と技術で組み立てられた、とても素性のよい武蔵野系油そばの再構築、という印象ですね。
最近汁なし界では汁なし担々や台湾まぜそば的なやつが流行ですが、そこで敢えて武蔵野系、というチョイスは渋くて好きかな。
ただ、やっぱり料理としてシンプルなので、(味変アイテムに逃げるのとは違う方法で)素のポテンシャルを上げると、より引力が強くなるのかなぁ、と思いました。

限定もちょくちょくやっているようなので、次回は限定を狙いに来てみましょう。

--

GACHI


関連ランキング:油そば | 曙橋駅四谷三丁目駅牛込柳町駅


釜玉うどん(480円)@大門・甚三

2018-02-11
ランチ抜きでの浜松町での打ち合わせから開放。さて軽めになんか食っときましょうか。
うどんな気分だったので、名店「丸香」出身で間違いないうどんを出してくれる甚三さんへ。

平日16:00到着。ピークタイムは行列必至のお店ですが、この時間は1/3ほどの入り。
冷だし、カレーは既に味わっているので、今日は丸香と言えば!な釜玉いってみましょうか。
券売機で釜玉をポチし店員さんに提出。カウンターで待機です。

待つこと数分で着丼。
・・・ということは、うどんは茹で置きですか。
釜玉って麺の温度が一番重要で、とにかく麺の熱で生玉子のタンパク質を半凝固させてカルボ風にしないといかんのです。
故に、釜揚げでアツアツ状態のうどんに常温の生玉子をシュートするのが理想。茹で置き麺の再加熱だと玉子がどこまで固まってくれるやら。。。

JINZA

いやいや、そんなグダグダ言ってる時間あったらさっさと混ぜる!混ぜる!
ここはスピード勝負、出汁醤油を一回し、速攻で玉子を崩し麺を下からかき混ぜます。
#釜玉の場合、着丼してから混ぜるまでに悠長に写真なんて撮ってる場合じゃないのです(俺は2秒で撮るので問題ないw)
JINZA

おぉう!これは嬉しい誤算。
茹で置き再加熱麺ですが、きっちりアツアツに加熱してくれてるようで、混ぜればすぐに白身が固まり始め、デュルンデュルンの舌触りに。黄身もねっとりゲル状に麺に絡みつき。。そう、これぞ理想の釜玉!

JINZA

よっしゃ、冷めないうちにズビョビョビョビョッ!と啜りましょう。
うん、モギュモギュの弾力麺!小麦の風味もしっかりしており間違いないですな。
コシはしっかりめで、もうちょっと当たりが柔めの方が好みだけど、東京の讃岐うどん好きにはこのくらいの方がウケそう。
タレは魚介出汁が強めに効いたもので、玉子の甘みと合わさり抜群の旨さ。

JINZA

半熟の玉子がカルボ的な雰囲気も醸しだすので、卓上の黒胡椒ミルをガリガリやってもいい感じ。
天かすをたっぷり入れると、汁を吸ってさらにねっとりとした食感に。これは旨い!

JINZA

ということで、瞬時に完食。
大満足でごちそうさま。

JINZA

釜玉ってホント、この世で一番温度&スピード命の食べ物だと思っていて、作り手がそれを認識しているかどうかが非常に重要(当然食べ手にもスピード感が必要)。
大手セルフうどん店等だと、しっかり釜揚げ状態で出してくれても代金支払待ちの間に冷めちゃってTKG風うどんに。。。というのはよくある泣ける話。その点こちらは、さすが名店の出身、完璧なオペレーションでしたね!
そして、そういった完全なコンディションの上でしっかり実力を発揮する食材たち。いやぁ、満足です。

会社帰りに食べたい時も多いんだけど、昼しかやってないのが残念な所。。夜営業してくれないかなぁ。

--

自家製さぬきうどんと肉 甚三


関連ランキング:うどん | 大門駅浜松町駅芝公園駅


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>