ラーメン・太麺(700円)@鶯谷・ラーメン長山

2018-05-15
三ノ輪での飲み会の帰り道、酔い醒ましを兼ねテクテク上野あたりまで徒歩。
その途中・・・なんかコバラヘッタw
ちょうど鶯谷あたりを通過中だったので、安定の深夜営業の長山さんへ。
一時期池袋に支店を出したのですが、結局向こうは閉めたようで、現在はこちらのみでの営業。

休日23:10到着。店内はほぼ満席でしたがL字カウンターの端に空席あり。
味噌ラーメンやつけ麺もあるのですが、毎回「ラーメン」のボタンをポチしてしまうんだよなぁ。。
食券を出すタイミングで「麺の太さは?大盛無料ですが?」とヒアリング。いつもの太麺でお願いします。飲んだ後なので量は並で。

NAGAYAMA

待つこと5分で着丼。
ほぉ。。白濁スープの表面には細かな玉のような脂泡が多数見える特徴的なルックス。なんとなく、沸騰したスープに乳製品をぶっこんだ時のような分離感。
トッピングはチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。

NAGAYAMA

ではスープを一口。
スープはマットに白濁した鶏豚白湯。口当たりはサラリとしており粘度はシャバ系。
昔はもっとトロトロだった気がしますが少々変わったようで。あと、前回に比べると豚骨感が後退し、優しい味わいに感じます。

NAGAYAMA

構成としては、豚ガラがベースを支え、その上に鶏の甘みがふわりと載る構成で、カエシに僅かな魚介系乾物が仕込まれているのか、ちょっと香ばしい独特の風味が特徴。カエシは醤油ダレですが、醤油醤油した尖りはありません。
単なる豚骨醤油ではない個性のある動物白湯スープだと思いますが、来る度に味が変わっているような?まぁでもこの味も好きですよ。

NAGAYAMA

麺はゴツッと硬めでコシの強い平打太麺。並の麺量は150g程度か。
さすが開化楼といった歯ざわりと粘り、そして風味がいいですね~。

NAGAYAMA

チャーシューはしっかり煮込んだバラブロック煮豚をスライスしたものが3枚。脂身多めで、スープの熱で脂が溶け箸で持つとホロホロに崩れるやつ。二昔くらい前に多かったタイプですね。
ネギはシャキッとした食感と辛味が良いアクセント。海苔はあまり香らないものですがないよりはあった方がうれしい。メンマは柔らかめに仕上げられたもの。

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
以前は680円だったのが700円に僅かに値上げされましたが、大盛無料であればC/Pも上々でしょう。
厨房を見ていると、なんと味噌は鍋振り系なんですね!いつも普通のラーメンばかりなので、次回は食ってみたいかも。

--

ラーメン長山


関連ランキング:ラーメン | 鶯谷駅入谷駅上野駅


かしわ天板せいろ・大盛(734円)@赤坂・そばきり みまき

2018-05-14
赤坂でランチ。
「わいず」でラーメンでも、と思っていましたが、いつも店外行列の「みまき」さんに行列なし。
・・・では、今日はそちらで!
ちなみにこちら、東京路麺御三家の一つ「小諸そば」の着席フルサービス版別業態とのこと。表参道や五反田にも別屋号で出店中ですね。

平日14:00到着。
店外待ちゼロなのでお店に入ろうとすると、メニューを渡されしばし外で待てと。
・・・え?店内覗くと結構空席あるんですけど。。総入れ替え制じゃないよね?
ホールの要員が足りてなくて片付けが間に合わないってのもあるかもだけど…コレ、意図的に客をせき止めることで行列作ってない?
きれいに片付けられたカウンターと誰も座っていない椅子を外から眺めつつ、5分ほど待ってようやく許可が下り着席。この時間なんだったんだろう?

MIMAKIMIMAKI
MIMAKIMIMAKI

・・・まぁいいや、気持ちを切り替え「せいろ」の大盛と鶏天セットをお願いします。大盛が格安なのは小諸そば譲りですね!
さて目の前が釜前だったので、お蕎麦のオペレーションをガン見。
ポリ袋に入った蕎麦を麺箱から出し大釜へ。茹で上がった蕎麦をザルで上げて水に浸け洗い、化粧水をかけつつ仕上げ。
洗う水や茹で湯は頻繁に交換しているようで、なかなかちゃんとしてますな!
ただ、ザルにあげた蕎麦をオーダー分で使いきらなかった場合、捨てるのではなく、次のロットで茹でた蕎麦にこっそり混ぜて配膳してるのを発見。味的には誤差の範囲だろうけど、ちょっとしょっぱいねw

MIMAKI

待つこと8分で着丼。
蕎麦は白っぽくひきぐるみあり。星は小さめ。
店内薀蓄に何割かは書いてなかったけど、小諸と同じなら五割でしょうか。蕎麦の香りは仄かに香る感じで、コシはそこそこ。

MIMAKI

うん、いい意味で小諸の蕎麦の延長って感じかな。すごくいい!って印象はないけど、まぁ値段相応な感じですかね(ちなみに御三家では小諸の蕎麦が一番好きです)。
ボリュームは大盛1.5玉とのことで、茹で後300g程度でしょうか。

MIMAKI

お汁は本枯節の香りはそこそこ。みりんが効いた甘口のカエシが特徴的。
結構濃い目の味わいなので、半分くらい浸けて食べるのがちょうどいい感じかな。
食後はしっかりした蕎麦湯が出ます。

MIMAKI

鶏天はムネ肉揚げたてが2切れ。ボリューム十分でジューシー、衣は天ぷらというよりは唐揚げっぽい感じ?サクサクでなかなかの仕上がり。サクサクの大葉の天ぷらも付いて必要十分。
薬味としては塩、柚子胡椒、わさびが供されます。塩はかなり尖りのある海塩だったので、柚子胡椒がお気に入りかな?

MIMAKI

サクッといただきお会計。
680円だとばかり思っていたら「734円です」うわ、メニューが外税表示だけなの、やめてほしいなぁ。。
まぁでも、ガチな蕎麦屋でこんなセットを頼んだら1300円くらいはしそうだし、その約半額と考えれば安いんですかね?
ただ、店内の雰囲気や接客を抜きにして考えれば、最近は路麺でも余裕でこのクラスの味を出してる店はあるので。。。外見より実を取る人にはいまいち響かないかな、と思いました。

お店を出ると、なんと外待ち6(しかも店内は相変わらず空席あり)!
メニューがかなり豊富だしお値段もお手頃なので、また来てみたいと思いますが。。。並んでない時に限るかな?

--

蕎麦きり みまき


関連ランキング:そば(蕎麦) | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅


醤油ラーメン(600円)@福島・丸信ラーメン

2018-05-12
野暮用で福島で一泊。
晩飯は既に食べたものの、ちょっと小腹が減った深夜、駅近辺でおやつ。2層式というスープが気になっていた「丸信」さんへ。

MARUSHINMARUSHIN

休日22:05到着。
ほぼ満席でしたが一気に客がはけ、店内はガラガラに。後客2。
客席は、厨房を囲むコの字型カウンターのみ。厨房は寡黙なおじさんのワンオペ。
ではカウンターへ着席し「醤油ラーメン」を口頭オーダー。

MARUSHIN

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。これはなかなか旨そう!

MARUSHIN

こちらのラーメンのウリは、前述の通りタレとスープが2層構造になっていること。
そのまま食べるのと、混ぜて食べた時の味わいが変わるというのが特徴らしいんです。確かに、表面を見る限りではスープは澄んだ色合いですね。

MARUSHIN

では早速上澄みのクリアな部分を一口。
うーん、要は「カエシが混ざる前の素のスープ」ですやんw結構ペラい感じの鶏ガラ清湯な感じで塩気もあまりありません。

MARUSHIN

では底の醤油ダレをブレンドして一口。うん、確かに醤油の味わいが加わり、グッとラーメンスープらしい味わいに。化調の押し上げもありますが、全体的にかなりライトであることには変わりないですね。うーん、ちょっとこれは物足りないかな。。
層状になったスープと言うと、辛味、カエシ、スープの3層構造の「ますたに」が有名ですが、あちらに比べるとかなり素朴な感じ。
途中から「味唐」と書いてある辛味ペーストを投入してみたんですが。。これ業務用豆板醤ですかね?ベースが弱いので一気に豆板醤スープになってしまい萎え〜orz

MARUSHIN

麺はもちもちの中太平打麺。
ここらへんのチョイスはさすが、白河や喜多方等、福島県のご当地ラーメンを意識しているのでしょうか。
加水高めでモッチリした歯ごたえはいいんだけど、麺味はやや安っぽいかな。

MARUSHIN

チャーシューは煮豚スライスが2枚。口でホロッホロに解けるバラ煮豚は、醤油味もしっかり染みており抜群に旨い!
チャーシューの脂がスープに溶け出すとスープのペラさもいい感じにカバーしてくれて、ここはチャーシュー麺やWチャーシューにした方が絶対旨いと思いますね。

MARUSHIN

メンマは完全に業務用の味付けもの。
ネギはシャキシャキで固いですね。いい清涼剤、、と言いたいところですが、スープが優しいので辛味がちょっとうるさかったかも。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
2層式スープに興味が湧いての訪問でしたが、まぁ敢えて2層状態から提供してもらわなくても問題ない感じだったかな(;´Д`)しかしチャーシューは絶品。これで600円ならC/P的にも文句なしでしょう。
周りは歓楽街。飲みの〆にはちょうどいい味わいって感じのゆるい一杯、楽しめました。

--

丸信ラーメン 駅前店


関連ランキング:ラーメン | 福島駅曽根田駅


もりそば(320円)@秋葉原・嵯峨谷

2018-05-12
秋葉原でおやつ。
なんとなくおそばな気分だったので、今や多くのB級グルメ店が軒を連ねるパーツ通りにできた嵯峨谷さんへ。

休日15:25到着。店内は2/3ほどの入り。
アキバ民の嗜好と路麺って合うのかな?とも思いましたが(なんせ「パンチョ」「すためし」「野郎ラーメン」やケバブ屋が乱立するエリアなんで)、意外にニーズあるんですね~。

では券売機で「もりそば」をポチし着席。
店内に石臼がある通り、こちらは「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の「三たて」しかも十割そば、という、最近の路麺の流行を全て押さえたお店。
押し出し式製麺によるオペレーションの後、4分ほどで着丼。

SAGATANI

では早速そばをズズズ。
形状は平打で太めの田舎タイプ。
ゴワッとしたコシ、噛むとふわっと鼻に抜ける蕎麦の香りが、路麺とは思えないクオリティ。

SAGATANI

量は茹で後200g弱くらいかな?おやつだし、この値段なら必要十分。
ちなみに嵯峨谷って「細麺」がオーダーできるという噂を聞いたのですが本当でしょうか?細麺オーダーして怪訝な顔されたらいやなのでまだ言ったことないんですよね。。。

SAGATANI

辛汁は中庸な、もとい、市販めんつゆ的なバランスの取れた味わい。
個人的には甘ったるくないこの味は好きですね。

SAGATANI

嵯峨谷と言えば卓上ワカメ食べ放題が有名ですが、かけならともかく、もりにワカメはいらんかな(;´Д`)
ということで、サクッとそばをいただき、蕎麦湯で〆てごちそうさま。

こういったさっぱり系から濃厚ジャンク系まで、あらゆるB級グルメが揃う街に育った秋葉原、オッサン的には感慨深いものがありますな。また使わせていただきます。

--

嵯峨谷 秋葉原店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅



つけめん(830円)@高田馬場・渡なべ

2018-05-11
馬場で晩飯。
某店の限定を狙っていたのですが、お店に行ってみるも何の告知POPもなし。。。ということで踵を返し久ッ々の渡なべ
ハイ、ラヲタなら誰でも知っている渡辺樹庵氏のお店ですね。
最近は特にご当地ものの再現にその手腕を発揮している氏ですが、いわゆる「またおま」な豚魚つけ麺のはしりとなったこちらのつけ麺を久々に食べたくなったのです。

平日20:15到着。バーのようなスタイリッシュな店内には前客4、後客4。
行列こそできませんが常に客席が埋まっている状態。
券売機にで「つけめん」の食券を買いカウンターへ。

WATANABE

待つこと10分ほどで着丼。
まず気づくのは、つけ汁の器はアッツアツ、麺の器はキンキンに冷たいということ。
こういう当たり前のことを当たり前にできるお店だから長く続くんでしょうねぇ。
深めの丼には白い太麺。つけ汁はいかにも濃い茶濁。上にはネギ2種。

WATANABE

ではまずは麺から一口。
モギュッとした食感でコシがしっかりした極太麺は三河屋製麺製。
これぞつけ麺用の麺!という印象のはっきりした麺味を香りは申し分のないもの。麺量は240gくらいかな?

WATANABE

スープは意外に粘度が高くなく、ビターな節がガツンと効いた豚骨ベースの醤油スープ。
かなりソリッドな味わいというか、ムダを全て省いて節が主役という明快な構成で、残りの要素は派手さを出さず脇役に徹しており、なんというか、もはやわびさびを感じる潔さ。
足すのがうまいお店はたくさんありますが、引くのがうまいお店が本当に残る店なのかな、なんて。

WATANABE

ネギは白ネギと青ネギがバランスよく配置。
底にはゴロゴロとした煮豚ブロックとバラの薄切りが。どれもソツのない仕上がりです。

WATANABE

そして名物・極太メンマ!
味濃いめで柔らかめに仕上げられたメンマは、単品でおつまみにしたいやつですね。

WATANABE

固形物完食後、スープ割をお願いします。
ブーメラン式で帰ってきたスープ割は、魚介スープで割られたもの。再加熱によってさらに節が香り、シンプルに旨いなぁ。
満足でごちそうさまでした。

WATANABE

ちょいちょいブラッシュアップもしているとは思うのですが、00年代発祥のまたおま豚魚もまだまだ戦闘力あるなぁ、と感じさせる納得の一杯でした。
今年で創業16年とのことで、やはり元祖の魅力は薄れることはないようです。

--

渡なべ


関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅


黒のべっぴんカシミールカリー・辛さ4・大盛(880円)@神保町・カレー&ワヰン ビストロべっぴん舎

2018-05-10
神保町でランチ。
なんとなくデリー系なカレーの気分だったので、デリー出身である柏ボンベイで働いていた方が独立したというお店へ。

平日14:05到着。
店内はほぼ満席でしたが、運よくカウンター1席だけ空きがあり滑り込みます。グループ客が多めで、食後のコーヒーが付くこともありちょい回転は遅めですかね?後客4で行列発生。

Bistro BEPPINSHABistro BEPPINSHA

着席しメニューを確認。
カシミール以外のメニューもいろいろありますが、やっぱり今日の気分はカシミール!ということでカシミールをお願いします。
辛さ4~6まで選べるとのこと(他のメニューは1~6)。初訪問なのでまずは4辛でお願いします。大盛同料金なので当然大盛で。

Bistro BEPPINSHA

店内のスパイスのいい香りを楽しみながら待つこと5分ほどで着皿。
カレーはデリーのステンレスではなく浅めのボウルに入ったもので、スープカレーのようなシャバシャバな小麦粉レス系。
仕込みにワインを使っているようで、色はやや赤黒いかな。ボウルに入った状態だと黒くしか見えないですが、ライスにかけてみると、実は赤っぽい色をしていることに気付きます。

Bistro BEPPINSHA

味わいは、一言でいうとデリーのカシミール風なんだけど、あれをまろやかかつコク深くした感じかな?
タマネギを炒めた旨みとワインの酸味とコク、ここにチリ、クローブ、ガーリックあたりが爽快に効いた、ほろ苦さもあるスパイシーな味わい。これは絶対家では作れない味わいで、滅茶苦茶旨い!!
辛さは確かにあるのですが、チリの突き刺すような辛さは控えめで、スパイス全体で面で押し上げてくる感じ。
舌がビリビリとか喉が焼けるとかはなく、胃袋がジンジン温まってきて、いつのまにか脳天から汗が吹き出し止まらなくなる感覚。これぞスパイス効果!スープカレーのようなコクもしっかりあり、日本人受けするカシミールですねぇ。
デリーでは、直線的な辛さのカシミールも好きですが、頻度としてはコクの強いコルマを食べることも多いので、これは結構好みかも?
個人的には、カシミールの入口である4辛ではちょい辛さ的に物足りなかった(デリーのカシミールよりかなり優しいと思います)かな?6辛でもいけそうな気がします。

Bistro BEPPINSHA

大きな平皿に平らに押し付けられたライスは大盛で400g弱程度、必要十分な量。
固めに炊かれた米はシャバいカレーにベストマッチ。カレーとライスが同時になくなったので、いい量的バランスだと思います。

Bistro BEPPINSHA

ちなみに、スープカレーっぽくライスをスプーンに載せカレーにくぐらせて食べると、食器も汚さないし食べやすい気がするのですが、確かどこかのボンベイで「ライスをカレーにくぐらせる食べ方は、カレーの上澄みや油が多めになってしまうのでオススメしない」って書いてあったような。。。正解はライスにかける、っぽいです。

Bistro BEPPINSHA

具は骨付きチキンと季節の野菜(この時はブロッコリー、ナス、カブ等)、それとベイリーフ。
チキンはスプーンで簡単に身をほぐせるもの。野菜たちは柔らかく仕込まれいい脇役です。
小皿にはタマネギのアチャールとマッシュポテト。デリーのアチャールはシャキパキのタマネギですが、こちらは柔らか目で甘酸っぱい味付け。マッシュポテトの甘みは、いい箸休めになってくれますね。

Bistro BEPPINSHA

食後にはデミタスコーヒーが。
このあたりでカレー後のコーヒーというと「まんてん」のレーコーwですが、こちらはホットで苦味強めのコーヒーです。
あまりジンジン口に残る辛さではなかったので普通に飲めましたが、辛さに弱い方がチリで口内大火事になっている時にホットコーヒーってのはなかなかサディスティックかもね(^_^;)

汗だくになって、でも大満足でごちそうさま。
個人的には十分満足できるレベルのカシミールで、しかも学生街なので大盛無料ってのがうれしいですな。
他のメニューもかなり気になるし、裏メニューというキーマも食ってみたいなぁ。再訪は確実!

--

ビストロべっぴん舍


関連ランキング:カレー(その他) | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>