生碼麺(さんまーめん)・大盛サービス(680円)@神田小川町・生碼麺食堂

2012-10-05
今日のランチはどこで食べよう?とTLをぼんやり眺めていると、浅草開化楼のアカウントから「本日プレオープン」というお店の情報が。
なになに?ほぉ、神田サンマーメン専門のお店ができたとな!
・・・横浜でサンマーメン専門ならわかるけど、なぜ東京?こりゃ面白そうだ、と早速行ってみることに。

平日13:45到着。ここは確か、いろんなお店が居抜きで入っては出ていった鬼門・・?
前客0、後客0。店頭には開化楼の麺箱。
プレオープンということで、「限定50食」と書いてありますね。

外にメニュー表があったので「どんなメニュー体系なんだろう?」と思って眺めていると、店主さんが出てきて「今日オープンのサンマーメン専門店なんで、ぜひ食べていってください!」と直々の客引きw
元々ここ目当てで来てるのですが、「そんなに言うなら入ってみますかね」的なテイで入店w

今日はプレなので「生碼麺」と「生碼つけ麺」のみの提供とのこと。
食券機を見ると、その他にも「柚子塩生碼麺」とか、なかなかユニークなのがありますね~。
初訪ということで、「生碼麺」のボタンをポチしカウンター席へ。
「サービスで大盛にもできますが?」と言われたので、ありがたく大盛お願いします(通常は+100円)。

SANMA-MEN SYOKUDOSANMA-MEN SYOKUDO

店内は厨房を囲むL字カウンターと二人がけテーブル席のみ。おそらく前店の居抜きかな?
店員さんは人懐っこそうな男性2名。
聞けば、ラーメン屋経験はないがこれまで様々な飲食店での経験があるそうで、初日なのにオペレーションは落ち着いています。中華鍋を振るう手つきも手慣れたもんですね。
また、麺茹で機がトラブったようでw急遽中華鍋にお湯を張って麺茹で。ここらへんの柔軟さもさすが経験者という感じ。

カウンター上の冷たいお茶を飲んでいると「サンマーリアンティどうでした?」と店主さん。
・・・あ、え?何ティー??
改めて聞くと、生碼麺に最も合うブレンドを求め、ジャスミン茶とプーアル茶とグァバ茶を独自配合でブレンドしたものとのこと。
ほぉ、なかなかのこだわり。さっぱりしてて旨いですね~。
ふと卓上メニューを見ると、「サンマーリアンティ割」というドリンクも。これは某店のジャワティ割に迫れるかも!

そんな会話をしつつ、寸胴からスープを注ぎ、開化楼の麺を茹で上げて、別の中華鍋で炒めた野菜餡かけをかけ、ネギを載せたら完成。
待つこと5分ほどで着丼です。

SANMA-MEN SYOKUDO

ほぉ、これぞ生碼麺!って感じのルックス。
醤油スープの上にはたっぷりの餡かけ野菜炒め。

SANMA-MEN SYOKUDO

では、まずは餡を混ぜずにスープを頂きます。
最初に鼻に抜けるのは生姜の香り。その後口に残るのは、とてもやさしい旨味。
動物系の押し出し感はなく、乾物の穏やかでどっしりした旨味に、これまた柔らかくトゲのない醤油ダレをブレンドしたスープは、すごく優しいですね~。後味は昆布の甘さが際立つ感じですが、後味がものすごく素直に引いていくのは無化調ならでは。
聞くと、乾物は昆布、椎茸等。さらに隠し味として鯖節もブレンドしているとのこと。魚介の存在はよくわからなかったなぁ。
また、チャーシューをサイコロ状に細かく刻んだものが丼の底に。これも隠し味だそうです。

ここに餡かけを混ぜ込むと、あ、醤油の風味と塩気が増しました。
なるほど、スープより餡かけの方が塩味が強く、両者を混ぜることでちょうどいい塩梅になるんですね。
うーん、個人的にはもうちょっと醤油のキレがある方が好きかな。

コレを食べながら思ったのは、「これ近江ちゃんぽんに近い!」ということ。
近江ちゃんぽんとは、滋賀県独自の和風出汁+餡かけラーメンのこと。滋賀常駐時代相当お世話になりました。

R0010478-tiltshift

麺は浅草開化楼の中細平打ちストレート。
開化楼の工場に行ってこのスープに最も合うのを選んでもらったんです!」と店主さんが胸を張る麺は、加水高めで滑らかな口当たり、またパッツリ潔く噛み切れる感覚が気持ちいいですね。
麺の風味もさすが開化楼、といったしっかりしたもの。この麺はタンメンにもすごく合いそうです。
中華屋で食べるサンマーメンや餡かけラーメンって、たいていモソッとしてすぐ伸びる汎用麺なのが多いので、こういうブランド麺を使ってくれるとちゃんと麺も楽しめるのがいいですね。

SANMA-MEN SYOKUDO

餡にはキャベツ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、キクラゲ、ニラ、それから豚バラ。量も十分、肉も多目です。
麺茹で機トラブルのせいでちょっと放っておかれた野菜は、全体的にクタッとした食感。でもこれはこれで、麺と一緒に啜れていい感じ。

SANMA-MEN SYOKUDO

「調味料もお試しください」とのことなので、まずはお酢から。
調味料は黒酢、りんご酢、米酢、自家製食べラー(碼油と書いてあった)、黒白胡椒。
りんご酢はフルーティで甘みのある女性好みな酸味。黒酢はあの独特のクセのある酸味ですね。やっぱり個人的にはベーシックな米酢が一番しっくりきたかなw
また、自家製の「碼油」がうまいです!
これ、昆布の切れ端みたいなやつにラー油と花椒を和えたもの。おそらく出し殻の昆布や椎茸をベースに作った調味料だと思うんですが、素材自体の旨みと花椒のピリピリ感が、穏やかなスープの雰囲気を激変してくれますね。

麺量は大盛210g(普通盛は140gとのこと)。
野菜のボリュームがあるので、大盛でちょうど麺と野菜のバランスが取れる感じですね。
メニュー体系にライス等もないので、普通盛だと男性には少ないかも(店主さん曰く、並は女性向けだそうで)。
日中はまだそこそこ気温が高いし、店内空調も効いてない中で食べる熱々の餡かけは汗かきますね。。。汗ダクになりつつもサクッと食べきり、優しいスープを半分ほど飲んでごちそうさまでした。C/Pは良好。

トータルで見て、東京でサンマーメン一本勝負!という強い思いが伝わってくる一杯。
これからの季節、餡かけが恋しくなってくるし、立地がちょっと地味だけどがんばってほしいなぁ。
つけ麺や他のバリエーションも今後増えていくとのことで、なかなか楽しみなお店ですね。
メニューバリエも多いし、再訪は確実!

--
【蛇足】

前にも後にもお客さんが全然いなかったので、食後、店主さんとしばし会話させてもらいました。
サンマーメンに惚れ込みこのお店を立ち上げたということで、「東京にサンマーリアン(店主さん造語で、サンマーメン好きの人を指すらしいw)を増やしたいんです!」と力強いお言葉。
また、「サンマーリアンと店先でつぶやいてくれたらトッピングサービスしたい!」とも。まぁ店先でつぶやくのはちょっと勇気いりますけどねwアンガーラみたいだな。。。

また、生碼つけ麺がどんなものか聞いてみると、醤油スープと、餡をかけた麺、という組み合わせで配膳されるよう。
従って、麺に餡を絡めて食べる→スープにつける、という「和えつけ」的な楽しみ方もできるんですね。面白そう!
女性向けには「柚子塩生碼麺」を推したいとのこと(この場合スープと餡がケンカしちゃうので、餡を別皿で提供するそう)。

ってか、「これ開化楼の工場でもらってきたんで、額に入れて飾ろうかと思うんです」とオーションの紙袋を出したのには驚きました。
「え?この麺オーションなんすか?」と聞くと「わからない」とのことwwwうーん、変なラヲタの誤解を生むから貼らない方がいいような気も。。。w

--

生碼麺食堂




関連ランキング:ラーメン | 新御茶ノ水駅小川町駅淡路町駅

関連記事
コメント:
こんばんは!
こちら登録しようかと思って検索してみたら、タム6000さんが既に登録されておりましたね。
浅草開化楼の麺でいただくサンマーメン、実に旨そうです。
味変アイテムがあるのも珍しいですね。
[2012/10/05 23:28] | イケ麺 #- | [edit]
こんにちは。

おぉ、ついにサンマーメン専門店が来ましたか!
タンメン専門店が登場して久しいですが、個人的には「やっとか・・・」ってカンジですw
しかも、麺が開化楼とは、超気になります!!
「近江ちゃんぽん」に近いとのコトなので、更に興味マシマシですww
卓上アイテムも充実しているようですし、色々と楽しめそう♪
場所的には、ちいと縁の薄いエリアではありますが、何とか追撃したいですね。

11月に名古屋に行く機会がありそうなんですが、オススメのお店ってありますか?
個人的には、台湾ラーメンを食べてみたいと思っているんですが・・・。
良いお店をご存知でしたら教えてください。
お手数ですが、よろしくお願いします。<(_ _)>
[2012/10/06 09:36] | おさっても #- | [edit]
どうも~

タンメン専門店は増えましたけど、サンマーメン専門店とは面白いものをw
しかもバリエーション豊富ですし。
つけ麺がどんな感じか気になりますね。
機を見て追随しますわ。

ところで、サンマーリアンって呟いたらサービスあるんですか?
それならいくらでも叫びますけどw
[2012/10/06 12:13] | corey #- | [edit]
どうもです~。

私もツイを見た時に即座にマークしましたが、タムさんが登録してたとはw
「あかむぎ」の跡のようですね。
何を隠そう、“隠れサンマーリアン”の私♪
サンマーつけがメッチャ惹かれます~。
サンマーリアン、呟けるかなぁ…(苦笑)
[2012/10/06 15:24] | おうじろう #- | [edit]
>イケ麺さん

こんばんは&コメありがとうございます!

あ、もうRDBの住人でもないのに勝手に登録しちゃいました、すみません。。

こちら、店主さんの熱い思いを感じることができて、なかなかいいお店でしたよ〜。
チャンスあればぜひ行ってみてほしいです!

--

>おさってもさん

こんばんは&コメありがとうございます!

おぉ、サンマーメン専門店待望派キター!w
そう言われてみれば、タンメン専門店はあるのにサンマーメン専門店はなかったすよね。
ってかタンメンに比べると、サンマーメンってかなり知名度低いとは思いますが。。w

僕はサンマーリアンではないので、他のうまいサンマーメンをあまり知らないのですが、なかなか美味しくて満足できました。
お店は狭いですが、カフェっぽくてきれいなので、奥さん連れでも行けると思います!

>>台湾ラーメン

だとすると「味仙」一択でしょう!
本場の台湾ラーメンは、めっちゃジャンクでいいですよ〜。

ちなみに僕が食べた時のはこんな感じでした。
http://tam6000.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

あと、名古屋エリアのご当地ラーメンというと、ベトコンラーメン(本来は岐阜のものですが)かなぁ。

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうそう、つけ麺がかなり面白そうなんですよね。
ちなみに店主さんはラーメン業界の知識はあまりないみたいで、「それって和えつけじゃないですか!」と言っても「?」って感じでしたw
まぁでも、そういった事前知識なしの状態からアイデアが出てくるって逆にすごいかも。

>>サンマーリアンって呟いたらサービス

確かにそう仰ってましたよw
ただ、どのくらいのボリュームでつぶやいたらいいのかはわかりませんw
人当たりのいい店員さんたちだったので、冗談半分に「サンマーリアンっていうとトッピングサービスって聞いたんすけど!」と言ったらOKっぽいですw

ぜひぜひ行ってみてください!

--

>おうじろうさん

こんばんは&コメありがとうございます!

おぉ、隠れサンマーリアン出た!w
確かに老舗中華屋のあんかけ系とかお好きですもんねぇw
こちら、そういったやさしい中華屋さんの感じを踏襲しつつも、麺が開化楼ということで、ラーメンとしてもなかなかレベルが高い一杯になってると思いました。

ぜひ行って、つぶやいてみてください!w






[2012/10/06 20:56] | タム6000 #- | [edit]
こんにちは。

なんと、開花楼の麺でサンマーメンですか。
これは気になるお店が出来ましたね。
自分もサンマーメンは大好きなので、
食べに行って見たいと思います。
[2012/10/07 09:07] | ayashi #- | [edit]
これはサンマーメンじゃない様な気がする...(汗)

ぬこさんに聞いてみないとわかりませんが、

サンマーメンは、基本「もやしあんかけ」だと言う認識なので、

このように色々な具材が入っていると、正に近江ちゃんぽんですよねw

もしくは、ウマニソバか?

まぁ、何れに行く事にあるとは思われますが...w
[2012/10/07 09:13] | あかいら! #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、結構隠れサンマーリアンって多いんですねぇw
こちら、サンマーメン専門店ながらメニューのバリエーションも多いので、結構長く楽しめそうです。
ぜひぜひ行ってみてください!

--

>あかいら!さん

こんにちは&コメありがとうございます!

んで、サンマーメン初心者へのご教示ありがとうございます。
なるほど、確かにこれは「五目旨煮そば」みたいな感じですよね。
Wikipediaを見ると、サンマーメンの定義自体あいまいっぽい感じですが、ここはやはりサンマーメン評論の大御所、ぬこさんのご意見を仰ぎたいところですねw

あかいら!さんにも、ぜひ行って食べていただいて、解釈いただきたいっす!
[2012/10/08 13:23] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/989-0b58b345

<< topページへこのページの先頭へ >>