FC2ブログ

青島チャーシュー(700円)@秋葉原・青島食堂 秋葉原店

2010-01-19
AOSHIMA

東京上陸以来、各所にて好評価を叩き出しているこのお店にようやく訪問。

大変な行列だと聞いたので、シャッターすべく、休日11:10に到着。
シャッターの中からスープのいい匂いは漂ってくるも、行列なし。
2本の通りに面してシャッターがあり、どこに並んでいいのかよくわからず、とりあえず周辺をブラブラしてきます。
開店5分前に再び店の前に戻ると、いつのまに行列が!
秋葉原駅方面から来ると見えない側のシャッターが入り口なんですね。
この時点で行列は10人。11番手に接続。確かお店は9席だったはずなので、痛恨の2ndロット入り確定orz
その後も次々と客が増え、シャッターが開くタイミングで行列15は超えていました。

さて、「青島チャーシュー」の食券を買って店内へ。6~7名は店内待ちができるようです。
食券を事前に渡し、店内ベンチに座って待ちます。
家族連れがいた関係で多少時間がかかり、15分ほどで着席。椅子の座り心地の悪さは評判通りw

着席後、女性店主が麺を茹で始めました。
麺は次の方と同時茹でみたい。当方並盛、次の方は大盛りで、麺を計400g計っていたので、並150g、大盛250g、ってことですかね?
というか、大釜&平ザルで麺を茹でる姿がキマってますね~。
見事な湯きり、トッピングの後、5分ほどで着丼です。

いやー、いいルックスしてますよ(ラーメンが)。
この手のラーメン、最近なかなか食べられないので多少贔屓目に見てしまうキライはあるのですが、それを差し引いても「うまいラーメン」のオーラが出ています。
茶色の透明スープの上層には厚めの油層が。具は大量の薄切りチャーシュー、ネギ、メンマ、ナルト、ホウレンソウ、海苔。うーんクラシック。

さて、スープを一口。

うまぁ。

まず最初に鼻に抜けるのは、看板どおり「ショウガ」のピリッとした風味。肉をショウガで煮込んだ時の、あの芳しい香りですw
次に来るのは、カエシの風味。
醤油の味が支配的ですが、味を色づける甘みとコクはおそらくチャーシューの煮汁。豚の旨みがしっかり出てておいしいですね。
スープの出汁は、ゲンコツが主体か。その奥にわずかに香るのはちょっとクセのある節かな。
表層の油も、豚の旨みが強く出ており、コクを増強すると共にスープが冷めないように蓋をしてくれています。量は多めですが、オイリーな印象はありません。
一瞬、「坂内食堂@喜多方」「万福菜館@京都」あたりを思い出しました。

さて、麺いってみます。
クール宅急便?っぽい箱から出してきていたので、もしかしたら長岡の本店で自家製麺したものを毎日運んでるのでしょうか。
中細でやや縮れた麺は、意外と固めの茹で加減。ここらへんは、固めが好まれる東京に合わせてチューニングしてるのかな。
プリプリとした多加水麺で、いい食感ですね。スープの上げも上々。

特筆すべきはチャーシュー。
デフォのラーメンに100円プラスでこの量ですか?というほど景気のいい「切り落としチャーシュー」が載ってきます。
チャーシューはバラ肉使用の脂身がそこそこあるもの。味付けは醤油味がしっかりついています。
助手の方のランダムな切り方により、脂身が多い部分、少ない部分、また厚い部分、薄い部分、端の香ばしい部分等、いろいろな表情を見せてくれますね。
前に「スープにチャーシューの煮汁が入っているのでは?」と書きましたが、スープとの味の一体感がすばらしいです。

ネギ、メンマは食感のアクセントとしての存在感がベストバランス。
ホウレンソウは少なめですが、見た目の彩りとしてはいい感じ。デフォが安いので、追加もアリですね。

トータルで、宣伝文句になるような派手な材料・製法はないけれど、昔ながらの中華そばを、しっかり丁寧に作ってます、という好印象。C/Pは抜群ですね。
「過大評価」という声も聞きますが、ラーメンのレベルはともかく、なんというか「応援したくなってしまう」魅力があるお店なんだと思います。
もちろん、実力あってのこの味でしょうけど。

見た目は超シンプルな「田舎のラーメン」風ながら、野暮ったさは全くなく、むしろキリッと小股の切れ上がった「江戸っ子」的な印象の一杯でした。ごちそうさまでした。
お店を出る頃には、行列は中6、外8くらいになっていました。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/98-9c5eceaf

<< topページへこのページの先頭へ >>