FC2ブログ

肉そば(火曜サービス100円引き:550円)+鶏とろ丼(200円)@赤坂・波留乃屋

2012-09-09
本日の遅いランチは赤坂で。
お腹はペコペコだけど、熱々のラーメンって気分でもない。

そうだ、あっさり冷たい麺類+ガッツリと言えば港屋
でも今から愛宕に行くのもなぁ。。。そういえば赤坂にインスパイア系のお店があったはず、とサーチ。ありました!
ということで、平日14:45到着。昼営業は15時までということで、滑り込みセーフです。前客2、後客1。

店内は、中心に厨房を囲むコの字型カウンター、それから壁沿いにテーブル、というレイアウト。
ガラガラなので、「お好きなお席どうぞ~」との声を受け、テーブル席へ着席。

HARUNOYAHARUNOYA

火曜は100円引きということなので、ちょっと豪華にいっちゃいましょう。
普通はあまり頼まないサイドメニューとのセット、肉そば+小丼(鶏とろ丼)のサービスランチをお願いします。
サービスランチは通常780円。ってことは今日は100円引きだから680円か~、と思ってたら「前金で750円になります」と。
あ、100円引きはそばメニューだけで、セットは対象外なんですか。
つまり、肉そば550円+鶏とろ丼200円という組み合わせになるんですね。なんだかなぁ、と思いましたが小心者なのでそのままお代を払いますw

HARUNOYA

HARUNOYA

待つこと5分ほどで、玉子と天カスが到着。そこから5分ほどでつけ汁、麺、丼が着丼です。
あら、港屋に比べると麺がかなり控えめな量に見えますね。
スタイルとしては港屋と同じく、蕎麦の上に牛肉の煮付けとネギ、刻み海苔。蕎麦汁には辣油がたっぷり。
また、鶏とろ丼は、おそらく鶏そばに用いる鶏モモの煮付け的なもの&とろろをご飯にかけたもの。

HARUNOYA

では、まずは麺から一口。
うん、なかなかそれっぽいです。
ラーメン的に言えば中太角断面ストレートという感じの蕎麦は、小麦粉多目でゴワネチっとした食感。
港屋同様、蕎麦の香りはあまり立たず、ワシワシ噛み砕く系の「食感で食べる」麺ですね。
まぁこの手のメニューの場合は辣油に浸けちゃうので、蕎麦の香りはあまり重要ではないと思っています。

HARUNOYA

めんつゆは、港屋のものより色が明るいかな?
魚介出汁感は希薄で、強い甘みと辣油の香りが前面に出ます。
カエシの奥深さはあまりなく、蕎麦っぽさは弱いかなぁ。。個人的にはもっとキレのある汁の方が好きかも。
辣油は量的には少ないので、港屋っぽくするには多目指定が吉でしょう。

HARUNOYA

肉はグズグズのコマ肉煮込みが少量。
甘辛く煮付けられているがボソボソで、ちょっとクズ肉感強いかな。まぁでも味付けが濃いので美味しいです。
刻み白ネギは申し訳程度の量でしたが、海苔が大量なのはいいですね。麺と一緒にそばつゆにズバッと浸けて啜るとなかなかそれっぽい雰囲気にはなります。
途中で、サービスの玉子と天カスを投入するとコクと甘みが増強され、これもまたよし。

HARUNOYA

麺量はかなり少なめで、ラーメンで言うと130~150gくらいの体感でした。
うーん、成人男性にはこれは「おやつ」ですね。
これ一杯でお腹いっぱいになるには中盛以上が必須で、少なくともサイドメニューを付ける必要があると思います。

HARUNOYA

サイドメニューの鶏トロ丼は、モソッとした鶏肉はあくまでおまけで、主体はとろろごはんですね。
そのままでも醤油味が付いているのですが、辣油と天カス、玉子の旨味が含まれたつけ汁をちょっと足して食べると旨いですね!

HARUNOYA

量はしっかりご飯一杯分で、これで200円ならありかな。
サクッと食べて、むしろご飯でお腹一杯になってごちそうさま。

トータルで見て、港屋インスパイア、というよりは劣化コピーという感じだった一杯かな。。
港屋もしばらく食べていないので脳内美化されちゃってるのかもしれないですが、めんつゆの安っぽさが気になったのと、なにより「蕎麦界の二郎※」と言わしめる港屋のボリューム感が全く感じられなかったのが残念。
※「蕎麦界の二郎」という表現は「角萬の冷や肉」に対してもよく使われるので賛否あります。

立地を考えれば単価的にはがんばってるじゃん?とも思ったのですが、その分量を減らしてるんじゃあねぇ。。w
次回来ることがあれば、100円引きの日限定で、中盛以上をガッツリいただきたいですね。

--

波留乃屋 赤坂店




関連ランキング:そば(蕎麦) | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅


関連記事
コメント:
こんにちは~

かつて、まだラーメン食べ歩きにそんなにハマってなかった頃(?)、一度だけ「港屋」に行ったことがありまして、かなり衝撃を覚えたことがあります。

あの味付けといい、盛りといい、しかも立ち食いスタイルってところなんかも!

あれから相当期間経過していて、自身かなり過去の記憶を美化しちゃっていると思いますが、
思い出しちゃったのでまた食べたくなってしまいました。

「波留乃屋」、、、
良くも悪くも劣化コピーかもしれないですね。
[2012/09/09 17:41] | ジャムおじちゃん #- | [edit]
>ジャムさん

こんにちは&コメありがとうございます!

おぉ!港屋経験あるんですね。あそこはホント独特ですよねぇ。立ち食いのくせに無駄にオシャレなインテリアだしw
んで、「港屋食いたい!」と思ったら、港屋じゃない蕎麦屋では満足できないってのは二郎や家系と同じですねw

こちらのお店は、イチオシ!って感じではないですが、港屋に行けない時の代用品としてはギリギリ使えるかな?って印象です。
同じ港屋コピー系だと、池袋の「狸穴」の方が品質高かったかなぁ。
[2012/09/10 11:51] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/963-b8c665f5

<< topページへこのページの先頭へ >>