FC2ブログ

【8月限定】冷やしぃおろしぃ焦がしぃ(780円)@池袋・鶏の穴

2012-08-09
今月の限定を求め、今日のランチは池袋鶏の穴」!
事前に冷やし系だという情報は得ていたので、去年の名作「冷鶏三昧」みたいなやつかなぁ、と勝手に想像。
鶏白湯を主体に提供するこちらのお店ですが、意外にも清湯もかなり「できる」んですよ~。

平日13:15到着。前客7、後客続々で、常に8割くらいの客入りをキープ。
限定の食券を購入し、空いているカウンター席に着席。
今日の日替わりサービスは「大盛」ということで、限定は対象外。今日はデフォのメニューを大盛で頼んでいる方がほとんどですね。

TORI-NO-ANA

さて、今回の限定は、事前情報通り「冷やし」。
そして、ポイントとなるのが「焦がし醤油」だそうです。また、ユニークなタイトルにもある通り「おろし」も入ってるんだろうなあ。
冷やし+醤油+おろし、と言えば、イメージするのは「ぶっかけうどん」や「しょうゆうどん」。こりゃ楽しみだ!

待つこと6分ほどで「限定です」との声と共に着丼。
お、こりゃ間違いなく旨そう!

TORI-NO-ANA

器はキンキンに冷えており、その中にはかなり濃いブラウンの清湯醤油スープがたっぷり。
具はタイトル通り、大根おろし、焼きもみ海苔(いわゆる乾燥岩海苔)、鶏チャーシューにカイワレ、メンマ。
うーん、涼しげでいい感じ。

TORI-NO-ANA

では、まずはスープを一口。
なるほど、焦がし醤油の香ばしくホロ苦い香りが鼻にフッと抜けますよ。
ベースの鶏はクリアな旨味でベースを支えており、魚介の存在は感じられません。表面には結構たっぷりめの液体油の玉が。
というか、このスープの主役は間違いなく「醤油」。
タレと出汁がバランスしたラーメンスープというよりは、ぶっかけうどんにかける出汁醤油みたいな「シャープな醤油醤油感」がかなり強いですね。塩気もかなり強く、スープだけで飲むのはちょっとはばかられるくらいの切れ味。そこに液体油を加えることでラーメンスープっぽさも感じさせる仕様に。
冷やし系だと、コクや奥深さを出すために、ここにゴマ油とかお酢なんかの香りを加えちゃうのもアリだと思うんですが、敢えて醤油の風味一本に絞った味構成、結構好きかも。
うん、でもやっぱりこれは大根おろしと和えてぶっかけ風に食うのがベストっぽいですね。

TORI-NO-ANA

麺は三河屋製のゆるく縮れた中太平打ちストレート。
こちらもキンキンに〆られており、クニクニとした強靭な弾力系の歯ごたえがめちゃくちゃ旨い!
麺自身の風味もよく、この麺好きだなぁ。。

TORI-NO-ANA

では、早々に大根おろしと焼きもみ海苔を全体に混ぜ込んでいきましょう。
うん、涼しげ!そしてやっぱりこのスープ、おろしと合わせる前提の濃さなんですね。
おろしの辛さと海苔の磯の香りとがちょうどいい感じに醤油の風味とブレンドされ、涼しげでさっぱりとしていて。。うん、旨いです!
ただ、これでもまだスープが勝ってる感じがしたので、大根おろしはこの倍くらい入っててもいいかも。
カイワレは数本なのであまり存在感はないですが、たまにパルス的な辛さが舌に刺激を与えてくれますね。
メンマは細めの材木タイプ。味付けはニュートラルでコリコリとした歯ごたえがいいアクセントに。

TORI-NO-ANA

チャーシューは鶏モモ主体。いつも通り、ムッチリとした歯ごたえで、かなり塩気が立った仕上がり。
今回は一手間かけて炙られているので、その強い醤油味と香ばしさが焼き鳥っぽくておいしいですよ。これは単品でツマミにしたいなぁw

麺量は180gくらいあったかな?冷やしって結構お腹一杯になるのが早い気がします。
サクッと食べてごちそうさまでした。C/Pはまずまず。味玉サービスの日に来たかったなぁw

トータルで見て、「焦がし醤油」の風味に着目した、「ぶっかけうどん」を思わせるようなシンプルな冷やしの一杯。
去年夏の「鶏三昧」の冷やしが正統派冷やしラーメンだったのに対し、今回はちょっとヒネってきましたね。
上述したゴマ油や酸味、または茗荷にオクラに大葉、酢橘、トマトにキュウリ、梅等、ここをベースに「夏」をイメージさせるアレンジはいろいろできそうですが、敢えてそういった飾り付けをせず「素」で食わせるという潔さもユニークでした。
最後までかなり塩気が強めだったのは好みが分かれるかもしれませんが、夏らしいサッパリ&キリッとした一杯は、うだるような暑さの昼にズバッと食うのがベストかも。

--

鶏の穴




関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅北池袋駅


関連記事
コメント:
こんにちは!

お、行かれましたね♪こちらその名の通り大根おろしが効果的に効いて、夏らしくサッパリと頂けた一杯でした♪(この後Hululu連食してしまったのですが…(*_*;)

実はこの店の限定で、月の入れ替わりを実感してたりします(^^)
[2012/08/09 18:08] | JP #- | [edit]
どうも~

おっ!早くも行かれましたね。
とりあえず店頭で確認だけはしていたのですが、改めて見て旨そうですねぇ。
確かに変にごちゃごちゃせず、シンプルとは言えますね。
まぁ、それだけスープに自信があるのでしょうが。
うーん、早く追随しないと!

しかし、ランチ大盛サービスの日に当たること、多くないですか?w
[2012/08/09 20:35] | corey #- | [edit]
こんばんは。

うわ、この冷やしラーメン旨そうですね~!
此方の限定は、いつもレベルが高いので食べてみたいんですが、なかなかチャンスが・・・。(^^;
クソ暑い日にランチで食べたら美味しいだろうなぁ。。。
でも、ドMな僕はクソ暑い日でも熱々のラーメンを選んでしまうので、実はハードルが高かったりしてw
[2012/08/09 23:19] | おさっても #- | [edit]
どもです!

うーん、旨そうっ!
しかし、こちらの月替わりの限定は
毎度楽しませてくれますねぇ~(^^)
[2012/08/10 09:46] | Y #- | [edit]
>JPさん

こんにちは&コメありがとうございます!

情報ありがとうございます!早速行って来ましたよ~。
今回はあまり奇を衒わず勝負したという感じで、なかなか旨かったですね。
仰るとおり、おろしはベストマッチですね。
普通の大根じゃなくて、辛味大根をたっぷり入れてヒーハー言いながら食うのも乙かもw

Hululuと連食ですか~。なかなか大食いさんですなw

>>この店の限定で、月の入れ替わりを実感

そうですね!
特に毎年ルーチンでやってる限定が出ると、あぁ、もう1年経っちゃったんだなぁ、とか思ってみたり。
毎月しっかり月替わりを出すのはお店的には大変でしょうが、ファンとしてはうれしいですよね!

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですね~、今回はタイトルからもわかるように「焦がし醤油とおろし」というテーマであまり他のノイズを入れないで作った感じで、シンプルで旨かったですね。
スープがかなりしょっぱかったですが、冷やしだし、おろしもあるんで、これはこれでアリかな。
なかなかよかったので、ぜひ食べてみてほしいっす!

>>ランチ大盛サービスの日

うーん、そうかなぁ。。確立的には三回に一回くらいは玉子が当たってるような気がするけれど。。
・・・と、今改めて過去のレビューを見てみると、圧倒的に大盛の日に行ってますねw
まぁ、おとなしくマイ箸持っていけば済む話なんですけどねww

--

>おさってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

最近は仕事で池袋を通過することもなくなってしまったのですが、ここの限定だけは食わねば!ということでわざわざランチ遠征しておりますw
キリリとした焦がし醤油とおろしが抜群に合ってて、超旨かったですよ!

>>クソ暑い日でも熱々のラーメン

あー、でもそれはわかるなぁw
内臓を冷やさない分、体調やスタミナ的にもいいでしょうし。
まぁでも、僕は暑いのも冷たいのも両方食べちゃいますw

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

今回の限定は初登場だったんですが、なかなか完成度高かったですよ~。
焦がし醤油の香りとおろしで食べるぶっかけスタイル、オススメです

池袋方面へお越しの際はぜひ!

[2012/08/10 11:23] | タム6000 #- | [edit]
どもです

自分も昨日いただいてきました。

派手さはありませんが計算し尽くされた演出コチラの地力の高さを改めて感じさせてくれる逸杯でした。

自分は味玉サービスって五回に一度位の感覚です。

それはそうとひょっとして麹町からランチの為に池袋ですかw?
[2012/08/12 14:44] | 秋 #- | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、食べられたんですね!
今回のはシンプルでよかったですよね。
秋さんの言うとおり、「大人の旨さ」だったかもw

そして、味玉サービスって実際どのくらいの頻度でやってるのかが気になります。
事前にわかってればソレ目当てで行くのになぁ。。w

>>ランチの為に池袋

有楽町線で1本だから楽っすよ!(そういう問題かw)
[2012/08/13 10:40] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/939-706cbd10

<< topページへこのページの先頭へ >>