FC2ブログ

鶏天タルタルざるうどん(830円)@目黒・山下本気うどん

2012-08-02
先日オープン直後にお邪魔し、かなりレベルの高い讃岐うどんに大満足だったこちらへ、友人を連れ2度目の訪問。

休日20:30到着。前客2、後客2。
ランチ需要はあるようですが、立地的に夜の客入りは厳しいのかな?
店員さんは3名。厨房には山下店主の姿がないからか、前回に比べてなんともまったりした空気感。

夜の部は居酒屋的にも使えるということで、まずドリンクの注文を取りに来るのですが、今日は(も)うどん食べに来てるので、お水をお願いします。
しばしメニューを見て迷いますが、前回のぶっかけが大ヒットだったので、やはりここのうどんは冷やで食べたいところ。
麺自身の風味がさらに楽しめそうな「しょうゆうどん」に大根おろしトッピングでもいいかな~、と思ったのですが、こちらイチオシという「鶏天タルタル」を食べてみたくて、結局ざるうどん+鶏天タルタルのセットをお願いします。

待つこと3、4分ほどで着丼。
・・・早くね?
前回来た時の厨房での店主の会話から考えても、この時間で麺が出てくるはずはないのですが。。
本場讃岐では、うどんの茹で置きは普通に行われていることなので(釜揚げ、釜玉系以外)、茹で置きという行為自体は気にしないんですが、確かこのお店は全てのメニューを茹でたてで提供するのがこだわりと聞いたような。。。いつの間に方針を変えたのか?
ちなみに、釜玉を頼んだ同行者はそれからしばらくたってからの着丼。うーん、同じタイミングで茹で始めたとしたら、どう考えても出てくる順番が逆のような。。。

YAMASHITA

あと、なんというか、見た目が貧相。。。
給食のトレイみたいなクリーム色のプラ盆に、ざるに載せられた麺とタルタル鶏天、それとつけ汁という陣容。麺も結構少ないなぁ。。
というか、このトレイに載ってきた時点で立ち食い店以下の雰囲気になっちゃいますね。。

YAMASHITA

では、麺を一口。
・・・うーん、なんか前回と印象が全然違います。
前回は、ムッチリとした弾力ある歯ごたえとしっかりしたコシを両立したいい麺だった記憶があるのですが、今回はなんかフニャフニャしたかなり柔らかめの食感。噛まずに飲める「喉越し命」な感じで、コシが全然ないぞ。。これ〆てる?
一方でつけ汁は安定の品質ですね。魚介出汁と濃い目の醤油のエッジがビシッと効いた辛口のつけ汁は素直に旨いです。

YAMASHITA

ご自慢の鶏天は、意外にコンパクトなものが5つ。
熱々という感じではなく、注文を受けてから揚げたものではないっぽいなぁ。
鶏天ならではのジューシーさはないですが、下味がしっかり付いているので、まぁ普通に旨いです。でも鶏天だけで比べたら「おにやんま」の方が上。
そこにかけられたタルタルは、酸味がしっかりついた自家製かな?ただ口当たりが滑らか過ぎたというか、もうちょっとタマネギやピクルス等のシャキシャキ感が残ってる方が好みだったかも。
ちなみに味とは関係ないのですが、ザルの上に鶏天+タルタルが直接載ってるもんだから、ザルの網目にタルタルソースが入っちゃうんですよね。食べ手にはまぁどうでもいい話だけど、洗う人は大変だろうなぁ、とw

麺量は、ラーメン的表現を使えば茹で前160gくらいの量感。
多目に取ってズバズバ啜ってガツガツ食べる人だと、5,6口で食べちゃうんじゃないかなぁ。

前回訪問時の印象が良すぎたので、なんとなく釈然としない気持ちのまま、腹半分くらいの満腹度でごちそうさまでした。
ぶっかけは480円という優良C/Pだったのですが、いくら鶏天が載ってるとはいえ、このC/Pは☓ですね。

退店時、厨房のスタッフに「茹で置きになったんですか?この前来た時と麺が違うような気がするんですが」と聞いた所、「はい」でも「いいえ」でもなく「よりモッチリ感を感じられるような茹で方にした」とのこと。茹で時間を長くしたということかな?3分で出てきたのに?なんのこっちゃ?

ちなみに同行者の釜玉は、玉子+醤油ではなく、汁多目の仕様でした。しかも、麺の熱で固まるはずの玉子がただのとき卵状態&汁で玉子の風味が薄まっちゃって、かなりイマイチだったかも。
「うまいうどん屋見つけたよ!」と言って連れてきたのに、ちょっとがっかりです。やっぱり青物のおにやんまに行っとけばよかったなぁ。

他の方の口コミを読んでも、どうも品質にバラつきが見られるようで、まだまだオペレーションが安定していないのかもしれません。
当面は、「本気」な山下店主がいない時はスルーするようにした方がいいのかも。

--

山下本気うどん




関連ランキング:うどん | 目黒駅白金台駅五反田駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/931-ad9b04f3

<< topページへこのページの先頭へ >>