FC2ブログ

【7月限定】やりすぎコージ(820円)+味玉(ランチタイムサービス)@池袋・鶏の穴

2012-07-19
毎月ユニークな限定で楽しませてくれるこちらのお店。
今月の限定は、今話題の(というか、ちょっと前に話題となった)「塩麹」をフィーチャーした和えつけだとか。
それにしても、今回もまたヒネリの効いたネーミングですなwこりゃ楽しそう!と早速池袋へGO!

平日13:25到着。前客4、後客3。
店外のPOPを見ると、やってます限定。しかも今日のランチサービスは味玉!(日によって味玉の日と大盛の日があるが、限定メニューは大盛対象外)。

TORI-no-ANA

では早速券売機で限定の食券を買って店内へ。
食券を提出する際店員さんより「本日味玉サービスですがいかがしますか?」ここでNOという客はいるのだろうか?当然お願いします!

TORI-no-ANA

待つこと10分ほどで着丼。
お、麺の上の具がなかなかユニークですね。鶏チャーに加えてズッキーニ、ネギが炙られたものが塩麹に和えてあるのかな。
麺をよく見ると、おぉ、こちらにも酒粕みたいな白い塩麹がまぶされてますね。塩麹漬けの肉は食べたことがあるんですが、生状態のものを食べるのは初めて。
つけ汁はベージュ色の鶏白湯。青ネギとゴマが浮いています。

TORI-no-ANA

では、まずは麺から。
お、意外に麹感バリバリ来ますねぇ。
塩麹の塩気はかなり柔らかく、甘みが強い塩気、とでもいった感じ。
そして、麹独特のまろみというか、発酵系の旨味が結構強くて、なかなかに個性的ですね。ここまで麹感が強いと好みが分かれるかもしれませんが個人的にはOK。
麺自身は、デフォのつけ麺で使われるものと同様かな?三河屋の角断面中太ウェーブの麺は、加水高めでクチッとした密度感ある歯ごたえがいいですね。

この塩気と旨味で、まずは和えそばで楽しんでね、ということだと思うんですが、うーん、面白いけど和えそば単体として食べさせるにはちょっと力不足かな?
まぁでも、先日頂いた「庄の」の「梅和えつけ」のように、気がつくと麺を全部食べ終わってるというリスクがないのは助かるかも(庄のはやっちまった客用に替え玉も出してますがw)。

TORI-no-ANA

麺の上の具は、前述の通り炙られ、塩麹と和えられたもの。
鶏チャーはいつもこのお店で出るのに比べて塩気がだいぶおとなしく、塩麹の風味が生きますね。
ズッキーニは無味なので、その歯ごたえ含めいい箸休め。これは後半つけ汁に浸けていただくといい感じ。
そして、焼きネギの香ばしさと甘さがすごくいい味出してます。ふと思い出したのは京都「すがり」のもつつけ麺。あそこの焼きネギも絶品だったっけ。。
ちなみに味玉は半熟と言っても若干固めの仕上がり。でもしっかり塩味が染みてておいしい!しかも今日はこれがサービスなんだから文句ありません。

TORI-no-ANA

つけ汁は、こちらお得意のドロッとした鶏白湯に節中心の魚介を加えて陰影を付けたもの。
デフォのつけ麺を最後に食べたのはもう何年前だろう?というくらいなので記憶が定かじゃないんですが、こちらのつけ麺は鶏+魚介ブレンドだったんですね。鶏の甘みと節の深みがすごくよくシナジーし、いわゆる「濃厚動物魚介スープ」として見てもかなリレベル高いです。塩気もつけ麺としてはちょうどいい塩

TORI-no-ANA

このメニューではここに、刻んだカリカリ的なものが入っています。
魚介とのマッチングはもはやいわずもがな。個人的に大好きなコンビネーション!
しかしの酸味はあくまで爽やかな風味付けという位置づけで、主体は鶏+魚介、という感じですね。個人的には梅がもっとガツンと来てもらっても歓迎ですが、このレベルなら酸っぱいのが苦手な人でも大丈夫かな。

TORI-no-ANA

では、麺をズバッと浸けて頂きます。
塩麹がスープに溶け出すことで、ちょっとずつ浸け汁が麹の香りを放ってきますね。
麹の香りも楽しむためには、先達の教え通り、ここは「1/2漬け」もしくは「1/3漬け」くらいが一番いい感じ。ただ、そうすると浸け汁が全然減らない。。。
麺量は180gもない印象。なので、麺を食べ終わっても、器の中にはかなりの量の浸け汁。。。orzやっぱ大盛にしといた方がバランスよかったかも。
ただ、こちらのつけ麺自体がかなり久々だったこともあり、途中途中で梅果肉を拾いながら浸け汁をズビズビ飲んでいたので、固形物がなくなった時点で浸け汁は残り半分ほどに。

ここで、店員さんにお願いしてスープ割。
スープ割は、濃厚鶏スープで割られてきます。魚介の割合が減って、グッと鶏が前面に出てきますね。
また、暖められることによって、底に沈んでいた塩麹の香りも立ってきます。うん、なかなか面白いですね。
ちょっとしょっぱかったですが、半分ほどスープを飲んでごちそうさま。

TORI-no-ANA

トータルで見て、旬な食材や季節の食材をうまく取り入れ、破綻なくまとめてきた一杯。
こちらのお店の売りである濃厚鶏白湯自身をしっかり楽しめ、かつ塩麹、梅といった素材を印象的に使う演出はなかなかですね。突飛な部分はなくきっちりまとまっているので、誰にでも勧められる限定だと思います。
個人的には梅が大好きなので、この「梅つけ」だけでもレギュラー化してもらえるとかなりうれしいかも!

--

鶏の穴




関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅北池袋駅


関連記事
コメント:
ども~
これ、食べに酔ろう!!と思っているうちに20日になってしまった!
来週は出張やら何やらで忙しい。もしかしたら・・・
羨ましいッス(>_<)
[2012/07/20 08:03] | はち #- | [edit]
こんにちは!

お、行かれましたね♪僕は最初から大盛りを注文したのですが、やはりスープ余りました(笑)

ネーミングから塩麹がフィーチャーされているのかと思いきや、実は梅が大分良い働きをしているかと…こちらは仰る通りつけ麺用の別トッピングとしてでも用意しても良いような気がします(^^)

来月はここ数年の流れだと冷やしなのですが、何となく今年は捻ってきてる印象があるので楽しみです♪
[2012/07/20 10:47] | JP #- | [edit]
>はちさん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやぁ、コレは食っておいた方がいいかと!
塩麹は正直おまけ的な感じですが、梅鶏スープがすごくいい味出してます。梅がお好きなら絶対気に入るはず。

できれば時間を作って、ぜひ食べていただきたいっす!

--

>JPさん

こんばんは&コメありがとうございます!

なるほど大盛でいかれましたか。。
コレ、デフォだとホント麺が少ない(浸け汁が多いw)んですよねぇ。
僕も大盛にすればよかった。。。

塩麹はアクセント的な感じでしたが、この梅がすごいよかったですよね〜。
梅大好きな梅星人なので、もっとガツンと前に出してもらってもよかったかなぁ。
このトッピングはぜひレギュラー化してほしいっす。

>>来月は冷やし

去年の「冷鶏三昧」めちゃくちゃ旨かったんで、アレのカムバックも歓迎!
でも、最近結構創作心に火が付いたっぽいですよね。ファンとしては実験的なやつでもいいんで、いろいろ弾撃ってほしいなぁと思いますね!
[2012/07/20 23:31] | タム6000 #- | [edit]
どうも~

おっ!行かれましたね。
しかも、きちんとスープ割りまで!
そうなんですよねぇ、何であの麺量であの量のスープなのか?w
結局ある程度そのまま飲まないと割れないというのに、何となく矛盾を感じるんですがww
うん、確かに梅つけとして捉えても十分な旨さですね。
まぁ、レギュラー化はさすがに無いでしょうが…w
[2012/07/21 13:25] | corey #- | [edit]
>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

確かに、麺とつけ汁の量バランスがもったいなかったかなぁ。
原価が高いつけ汁をたっぷり入れてくれるのは非常にありがたいのですが、もっと少なくしてくれてもよかったかも。。。
そこら辺が和えつけメニューの難しさでしょうか。

でも、味の方は結構満足度高かったっすね。味玉も付いてきたしw
個人的には、もっと梅方向にシフトしたやつも出してほしいなぁ。。

さて、来月は何が出てくるか?
[2012/07/21 15:24] | タム6000 #- | [edit]
遅コメ失礼します

「庄の」に「すがり」と自分のお気に入りが比較に出されて非常に(個人的には)分かりやすいレビューです。
そして最後の梅に関する記述では「きみはん」を思い出してしまい、またあのつけ麺が食べたくなってしまいましたw

しかし半ば無理やりスープ割りに辿り着いたんですねw
そして何より味玉サービスが羨ましいww
[2012/07/23 22:02] | 秋 #- | [edit]
>秋さん

こんばんは&コメありがとうございます!

うん、確かにこれを食べたら「きみはん」食べたくなりました、僕もw
あれは夏にこそふさわしい一杯なんで、近々再確認に行かなくちゃですね。

>>半ば無理やりスープ割り

いやぁ、皆さんスープで割る余裕がないって仰ってたので、麺を食べながら結構ズビズビ飲んじゃいましたよw
お陰で、ちょうと麺を食べ終わった時には期待通り半分ほどにw

>>味玉サービス

日頃の行いです(キリッ w
[2012/07/23 22:19] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/914-2b6a00b5

<< topページへこのページの先頭へ >>