FC2ブログ

塩(780円)@市ヶ谷・Due Italian

2012-06-22
今日のランチは市ヶ谷で。
こちらのお店、ガチンコラーメン道出身の元イタリアンシェフのラーメン店とのこと。
オフィシャルサイトに「女性客が8割」と謳っているお店であり、否が応にもテンション不安が高まりますw
ということで、若干イロモノ臭漂うお店へ初訪問。

平日11:20到着。
見た目的には完全にパティスリー!な感じ。
同じイタリアン出身のラーメン屋、ajitoと比べてしまうと、半笑いが止まりません(ajitoをdisってるわけじゃないですよ。むしろ大好きです!)。
そして、店舗入口ではオッサングループが入るのに躊躇している模様w
後ろでおとなしく待っているのもアレなので、華麗にスルーして店内へ。
(結局オッサングループは他のお店へw)

店内入ると、白い壁に赤い椅子が特徴的なカウンターのみの店内。
なるほど、ラーストのほん田あたりで見たことのあるキャンディライクな店内風景ですね。でもこんなんじゃオッサン驚きませんよぉw
店内には、ラーメン屋さんで見慣れた券売機の姿も。ここでだいぶホッw
券売機で、店名にも冠されている「黄金の塩」をポチ。ジェントルなイケメン店員さんにエスコートされ空いているカウンターへ。

Due Italian

この時間で前客4、後客4。うち女性は2名。ラーメン屋には珍しく女性がお一人様なのが特徴的ですね。
BGMは敢えて「ブラコン(Black Contemporary)」と言いたくなっちゃうような懐かしめのR&B。
いやぁ、90年代後半にそれ系のダイニングバーや、もしくは本気モードのクルマの中で流れてたような、ある意味古いステキな選曲w
こんな濃い曲を昼の11時から流すセンス、バブルですwいや、個人的にはど真ん中なんですけども。

・・・まぁ、さんざん茶化しましたが、店員さんの教育は完璧で店もキレイ。あとはラーメンがうまけりゃ文句なし。

待つこと5分ほどで小さめの丼が着丼。
おぉ、「黄金」を謳うだけあって、黄金の香味油が特徴的なクリアスープが特徴的ですね。
その上にはチャーシュー、青菜、細かく刻んだタマネギと揚げネギ、メンマ。

Due Italian

では、アクセサリケースのようなフタ付きの箱からレンゲを取り、スープを一口。
・・・あ、思ってたより王道で来ましたね。
舌を火傷するほどの熱々のスープの表面には、厚めの油層。鶏湯に何らかの香りづけもされてるかな?この香味油でファーストインプレッション鷲掴み、って感じ。
ベーススープ自体は丸鶏メインの滋味豊かなもの。そこに乾物系の分厚いコクと香味野菜の香りを加え、前述の香味油でグッと厚みを増しています。
口当たりはシャバ系で、オイリーさは若干強め。
塩梅はちょっと強めですが、白醤油のように塩カドは立たず、嫌味はありません。

Due Italian

佐野JAPAN系のお店ということで、麺は支那そばやから卸しているのでしょうか。
芽は丸断面中細ストレート。真っ白な麺色が特徴的です。
啜ると、表面はチュルチュルで滑らかなもの。加水は中~高で、歯ごたえはムッチリ、プツンと切れる感じ。
基本的に、最小から若干ヤワメでの提供となるのですが、最後までそのしなやかさが続くのは不思議な感じ。でも、個人的にはちょっと食感が頼りないかなぁ。
また、内麦使用ということで麺味は穏やか。このスープにはよくあってると思います。

Due Italian

チャーシューは小ぶりの巻き豚スライスが2枚。
味付けは醤油ダレと香味野菜で、何か一捻りしてくるかと思いきや、ものすごく王道。ホロホロの食感がいいですね。
メンマは穂先タイプが2本。ショリショリの柔らかな口当たり。
スープ表面の刻みタマネギは、ピューレと言ってもいいくらい細かいので、スープと一体化して、そのほろ苦さがいいアクセントに。控えめに配された揚げネギの香ばしさもいいですね。
青菜は小松菜ですね。ショキショキのフレッシュな歯ごたえと苦味がいい感じ。

麺量はかなり少なめ。140gない感じかな。
サクッと頂いて、スープを半分ほど飲んでごちそうさまでした。

トータルで見て、「女性向け」というコンセプトが先行するあまり、提供するラーメンはあまり期待していなかったのですが、さすが佐野JAPAN!な質の高い一杯でした。
C/P的には正直イマイチだと思いますが、小手先のイタリアンな演出等に走らず、ある意味地味な「王道塩ラーメン」を出しているのに驚き。
まぁ、イタリアンな演出は他のメニュー(チーズ、トマト、レモン等)に任せて、基本の醤油と塩は王道で、という戦略なのでしょうね。

基礎力の高さはよくわかったので、次回はイロモノいってみましょうかw
まずはチーズ入りの「フロマージュ」かな?

--

ドゥエ イタリアン




関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅


関連記事
コメント:
一週間も遅れての亀コメスイマセン

コチラ恥ずかしながら未訪です。
あ、吉祥寺に支店を出してた時に一度行きました。

基本的に1000円オーバーな印象でしたがデフォは常識的なお値段なんですね。
とは言え量等から考えると決してCPが良いとは言えないんでしょうが。

[2012/06/29 20:03] | 秋 #- | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>常識的なお値段

そうですね〜、まぁ量に対するお値段という意味では高めですが、まぁギリギリありかな。
変にイタリアンにならず、しっかりラーメン作ってる感じで、印象はよかったですよ。

店構えがパティスリーだし、オッサンにはなかなか入りづらいところですがw一度は行く価値あるかも。
[2012/06/30 16:42] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/886-0ab11b78

<< topページへこのページの先頭へ >>