FC2ブログ

つけ麺(300g)750円@秋葉原・福の神食堂

2012-05-17
今日のランチは秋葉原
休日だということもあり、どこのお店も満員御礼。たまたま覗いたら空きがあったこちらへフラリと吸い込まれます。
こちら、以前「塩」を頂いたのですが、なかなかシンプルで上品な一杯だった記憶が。
今日は蒸し暑いし、「つけ」かな?上品系なつけが食いたいなぁ、とちょっと期待。

休日14:10到着、前客8。
店内の食券機で「つけ麺」の食券を購入しカウンター席へ。
食券回収時に「麺は200と300が選べます」とのこと。では遠慮無く300で。

FUKUNOKAMI

あれよあれよというまにお客さんが入ってきて、店内待ちも。3名体制の厨房も一気にフル回転。
待つこと10分ほどで、麺から先に着丼。

FUKUNOKAMI

あら。。。ラーメンは淡麗だけど、つけ麺はいわゆるアレだったのね。。。
浸け汁は茶濁で粘度が高そうな感じ。もはや説明するまでもない濃厚動物魚介系ですなぁ。
麺も予定調和な丸断面極太縮れ。麺色は濃く、表面には全粒粉らしき点々が。盛りがキレイなのはいいですね~。

FUKUNOKAMI

うーん、ちょっと今日の気分と違いましたが、うまけりゃ文句なし。頂きましょう。まずは麺から。
うん、茹で、〆の仕事は完璧。
ゴッチリした密度感ある麺は、コシがしっかり。でも噛めばもちっと感もあり、かなりいい食感。
風味もかなり強く、噛むとパン食ってるみたいな小麦の香りが鼻に抜けます。
うん、コレはかなりいい麺ですねぇ。製麺所は大成食品とのこと。
大成食品って、麺彩房等で出てくるソフト系な麺のイメージがあったのですが、こんなしっかりした麺も作ってたんですね。

FUKUNOKAMI

では、つけ汁をレンゲで一口。
うん、やっぱり予定調和だ。。。
豚鶏ベースに節・煮干で香り付け、そこに甘めの醤油ダレを合わせたド鉄板な仕様。
ペトッとした粘度は高く、塩梅はかなり強めですが、これだけ強い麺に合わせるならばこのくらいの濃度は必要でしょうね。麺との絡みは良好です。
どの要素も極端に主張することなく、魚粉に頼らない魚介感もよし。ここに柚子皮があったりするといいなぁ。
非常にバランスの取れたいいつけ汁なんだけど。。。うーん、裏返すと「面白みがない」とも言えてしまうかなぁ。。

具は全てつけ汁の中に。ロース系煮豚スライス1枚と、コリコリメンマが数本。
まぁ、具を楽しみたい人は「得製」を頼んでね、ということなのでしょう。ちょっと淋しい感はありますね。

麺の旨さに引っ張られ、あっという間に固形物完食。
スープ割は卓上のポットでセルフ。
スープ割自身は、節メインのもの。ちょっと薄めに割って、半分ほどスープを飲んでごちそうさまでした。

トータルで見て、「濃厚動物魚介系つけ麺」のお手本のような、優等生的な一杯。
ただ、非常にレベルは高いものの、麺の魅力以外どうも突出した「引き」がない、と取られてしまっても仕方ないかなぁ。。。
腹を空かせたアキバの民向け、というには品質が高すぎるのがもったいないけど、こちらはやはり、汁そばメインで用いるのが正解かもしれませんね。

--

福の神食堂




関連ランキング:ラーメン | 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅



関連記事
コメント:
どもです!

過去一度ラーメンを頂に訪問してますが
つけ麺を狙いに再訪しないとです(^^)
[2012/05/18 12:46] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

つけ麺は、まぁ予定調和な感じではありましたが、品質はとても高かったですね。
麺もうまいし、王道の豚魚系を求めてる時にはドンズバだと思います。

他にも目移りするお店が増えてきたアキバですが、ぜひ食べてみてください!
[2012/05/18 17:18] | タム6000 #- | [edit]
どもです

これ自分もいただきました。

麺は盛りが美しい上に美味。
丁寧に作られたつけ汁も特に穴は見当たらず。
でもその先のサムシングが無いんですよね。

何かあともう一押しなんですよねぇ。
[2012/05/19 19:17] | 秋 #- | [edit]
>秋さん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>その先のサムシング

そうなんですよねぇ。
隙や突っ込みどころがどこにもないんだけれど、逆に愛嬌もない、みたいな。。
何かヒトクセあったら化けるかもしれないけど、そうしたら一気に破綻しちゃうかもしれないし。
うーん、料理って難しいですね。

こちら、同じ秋葉原のくろきとのコラボをやるそうなんで、今度はそれ狙いで来てみようかな?
[2012/05/19 21:33] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/843-4bcb0b6f

<< topページへこのページの先頭へ >>