FC2ブログ

濃厚豚骨らーめん(650円)@御徒町・めん屋 いなば‏ 御徒町店

2009-12-29
INABA

たまたま前を通りかかった時から、なんとなく気になっていたお店。
意を決し、アキバでの買い物のついでに訪問。土曜日13:30到着。前客2、後客0。

券売機でデフォの「濃厚豚骨らーめん」の食券を買い、カウンターへ。
奥のカウンターは「禁煙席」と書いてあります。店としては時間制禁煙みたいですが、オールタイム禁煙のエリアもあるってことですね。これはうれしい。

待つこと10分ほどで着丼。
白濁スープの上には、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。そしてキャベツが目新しいですね。
また、スープの上には直接魚粉が載っています。スープの粘度が高いので、溶けていかないんですね。

まずはスープから。
豚骨メインに鶏、そして軽く節系の香りを加え、コラーゲン系の素材も溶け込んだクリーミーなスープ。ザラツキはありません。
カエシの塩気は弱めで、出汁でグイグイ飲ませるタイプ。
また、香味油に独特の香りがありますね。ショウガ?口に入る瞬間、ちょっとピリッとするいい香りが漂います。
表面には背脂も。これと油、まろやかな豚骨出汁で、ライトなまったり感を醸し出しています。「濃厚」という言葉を期待して行くと肩すかしかもしれません。
さらに、スープ上に盛られた魚粉を徐々に溶かし込んでいくと、豚骨メインだったスープが徐々に豚骨魚介の風味に変化。
こういった「飛び道具」の使い方もいいセンスだと思います。
最近この手のスープはどこに行っても飲める気がしますが、ここのスープはかなりいいバランスかと。

麺は、珍しく平打ちの中太麺。
プリン、パツンと切れるシコシコの麺で、麺自体の風味もあります。
スープとの絡みはちと弱めで、どっちかというとつけ麺向けの麺かも。
量は180gで、必要十分。

この日は、L字カウンターの一角をカーテンで仕切って、製麺をやっているようだったのですが(麺帯が見えた)、自家製麺になったのでしょうか?
しかし裏口には「丸山製麺」の麺箱も。??

チャーシューは炙りバラチャー。餃子焼き機で焦げ目を付けていましたw
多少焦がしたことによる香ばしさがいいですね〜。脂身多め、食感はニクニク系。
メンマは極太の材木。薄味ですが柔らかくシャリッとした歯ごたえでおいしい。
そして、キャベツ。一口サイズに切られたものを湯通ししたもの。
キャベツというと豚骨醤油やマー油豚骨なスープに合うイメージですが、意外にこの手のスープにも合うんですね。
スープの甘みとキャベツの甘みが重なって、おいしくいただけました。

中盤から卓上のフライドガーリックをスープに入れ、スープに香ばしさを加えます。
パリパリのガーリックもいいですが、スープを吸ってフニャッとなったのもうまいですね。
また、最後に丼の底から出てきたのは柚子皮。
なるほど、これでお口直しということですか。うまい。

トータルで見て、似たり寄ったりの豚骨魚介店の中で頭一つほど抜き出た、レベルの高い一杯かと思いました。C/Pも十分。
券売機の下の方には限定?のようなメニューも見えたので、次回はそちらにしてみようかな。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/83-11beab83

<< topページへこのページの先頭へ >>