FC2ブログ

りん蕎麦(750円)@大島・りんすず食堂

2012-05-07
今日のランチは江東区で。
オープン以来ずっと気になっていた「蕎麦汁」で食わせるラーメン屋さんというこちらへ。

休日13:10到着。前客5、後客続々で待ち発生。繁盛してますね~。
蕎麦チックなラーメン屋ということで、和風の渋い店構えを予想していたのですが、白を基調としたおしゃれな洋食屋さんみたいですね。
店内の食券機前でしばし悩んだ末、看板メニューの一つである「りん蕎麦」のボタンをポチ。蕎麦ラーメンに鶏唐が載っているバージョンです。
先日「表裏」で唐揚げなしのラーメンを食べてちょっと後悔したので、今日はガッツリ唐揚げ食べちゃいますw

RIN-SUZU

カウンターへ着席し、店員さんへ食券を渡します。
後から気づいたのですが、麺が細麺と太麺から選べるみたいですね。
何も言わないと自動的に細麺になるようで、ここはヒアリングしてほしいところ。
厨房は店主さんとそのご家族、という感じで、ほのぼのとした雰囲気。地元の常連さんらしい方達も多く、地域に根付いてる感ありますね~。

待つこと5分ほどで、お盆に載って着丼。
なるほど、ラーメンと鶏唐は別皿なんですね。
ラーメンは、スープが多くて具がほとんど沈んじゃってるのがもったいない。もっとスープ少ない方が見栄えもいいし、原価率も下がると思いますw
具は、味玉、水菜、それから山くらげと小さく刻んだ白ネギ。
鶏唐は、もも肉を店内のフライヤーで2度揚げしたサクサクのもの。これだけで定食のメインになれそうな、かなりのボリュームです。
また、小皿にはゼリーが!こんなサービスもあるなんて、なかなか素敵じゃないですか。

RIN-SUZU

では、まずはスープを一口。
・・・おぉ、ホントだ、蕎麦だ!
蕎麦汁の基本的な構成要素である、醤油のキレ、ザラメの甘み、そして鰹の香りがしっかりと感じられます。
このままだとただの蕎麦汁になってしまうところを、動物系スープ+昆布出汁かな?それとたっぷりの液体油をブレンドすることで、ラーメンスープらしい風味付けと口当たりの補強を行なっている、という感じかな。
全体的に見ると、甘みが強めに主張してくるのが特徴的です。
ほぼ蕎麦汁なんだけど、ラーメンっぽさも感じる、かなり面白い独特のスープだと思いますね。これはこれでアリ。

RIN-SUZU

麺は三河屋製の丸断面細ストレート。
加水は中~高で、パッツリとした噛み心地。滑らかな麺肌のおかげでズバズバ啜りやすいですね。
もっと日本蕎麦っぽい雰囲気かと思っていたら、麺はしっかり中華麺スタイルでした。
スープともよく合っているとは思いましたが、あまりにも引っかかりなく啜れてしまうのも逆になんだか物足りないような気も。。w
太麺にしたらどうなるのかが気になりますね。

RIN-SUZU

では、具のメインである別皿の鶏唐を。
サクッとした衣、熱々ジューシーな鶏肉がいい感じですねぇ。鶏唐というよりは、雰囲気的には「鶏天」に近いかな?
最初から全量をラーメんの上に載せてしまった方がビジュアル的にはいい感じなのですが、このサクサク感を長く楽しみたくて、数切れずつスープに浸していただきます。
うん、スープを吸った衣も旨いですね~。また、油の旨味が徐々にスープに移るので、スープ自体のコクも増加してきます。

水菜は、シャキッとした歯ごたえとクリアな風味で、蕎麦汁を邪魔せず清涼感を加える名脇役。
また、デフォで味玉が半分載ってるのもうれしいですね。黄身はトロリと半熟で、素直においしい。
山くらげは、ラーメンの具としては珍しいですね。キクラゲとも茎わかめとも異なるコリコリの食感と独特の風味が面白く、和とも中華とも言えない独特の雰囲気作りに一役買っています。
ただ、山くらげ自体の風味とスープの味のマッチングはそれほどでもないかな。。wスープの味を邪魔しないように、別皿でもいいかもしれませんね。

麺量は少なめで、150gくらいかな?
むしろ、麺を食べ終わってもまた鶏天が残ってる感じで、こりゃランチごはん(50円)を付けてちょうどいい感じだったかも。
食後はサービスデザートのイチゴゼリー(かき氷シロップの味がしたw)でさっぱりしたところでごちそうさま。

RIN-SUZU

トータルで見て、ラーメンから蕎麦に歩み寄ったというよりは、蕎麦サイドからのラーメンへのアプローチを感じるユニークな一杯。
具材それぞれの個性も強く、さっぱり系でもガッツリ系でも、どちらのニーズも受け止められそうなラインナップも憎いですね~。
ここは、ラーメン単体というよりも、「食堂」という名のごとく、いろんな食材を定食のように楽しむべきお店なんでしょうな。
しかも、ほぼ「全部入り」の豪華な内容でこの価格!C/P的にも素晴らしいと思います。

トッピング無料券ももらっちゃったし、再訪は確実。
次回は蕎麦屋的だというカレーラーメンかな?

--

りんすず食堂




関連ランキング:ラーメン | 大島駅西大島駅


関連記事
コメント:
ほぼ地元なのに、
まだ逝けてないんですよねOrz

何度も車で通過してるんですが、
ラー食するチャンスがなくて。。。

うーん、このレポがトリガーとなりそうです(^^)
[2012/05/07 14:10] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちら、まんま蕎麦なお汁でラーメンを仕立ててみた的な、なかなか個性的な一杯でしたよ。
鶏天もかなりボリューミーだったし、「りんすず」にするとさらに肉団子が追加されるとかw腹ペコでも十分満足できそうです。

ご近所であればなおさら、ぜひぜひ行ってみてほしいっす!

[2012/05/07 22:15] | タム6000 #- | [edit]
こんばんは!
そば汁で頂くざる中華うまいですよね~。自分も去年、目黒大勝軒で似たようなやつ頂きましたがなかなかでした。
各店冷やし中華も出し始めてるし、もうそんな季節になったんですね~。
[2012/05/07 22:21] | イケ麺 #- | [edit]
おっと失礼しました、ラーメンでしたか(汗)最近できたごうかくも麺をうどんと同じ原料にしたり、垣根を取っ払って歩みよってる感じがしますね。
某サイトのグレーゾーンもそろそろ見直す時期に来てるような気がしますね。
[2012/05/07 22:32] | イケ麺 #- | [edit]
どうも~

いやぁ、この鶏唐を食べたいんですよねぇ。
別皿ってところが嬉しい。
初めは衣をサクッと頂きたいですし。
で、スープが多いのは、後で鶏唐を乗せるからじゃないですか?
スープが少ないと、鶏唐にスープを染み込ませにくいからじゃないかと。
[2012/05/08 00:00] | corey #- | [edit]
>イケ麺さん

こんばんは&コメありがとうございます!

あはは、確かにスープだけで麺が見えないから「ざる」に見えるかもww
こちら、蕎麦をベースにしてはいますが、なぜかラーメンスープにはなっているという面白いスープでした。
そして何より、これだけの鶏天が載っててこの値段!ってのがいいですよ。

>>グレーゾーンもそろそろ見直す

うん、確かに。
やっぱラーメンなんで「中華麺」には拘るべきかとは思うんですが、
秋葉原の紬麦とかもかんすい使ってないんで、素材的には「うどん」なんですよね。
一方で中華麺を使ったジャージャー麺はだめだったり、どっちなんだよ、って基準ですね。

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやー、鶏天旨かったですよ〜!
むしろラーメン主体ではなく、ライスを頼んで定食にしちゃいたい雰囲気でしたねw
蕎麦汁ラーメンもなかなか面白いんですが、個人的に「レモンラーメン」に興味深々。

>>スープが多いのは、後で鶏唐を乗せるから

なるほど!特に最初鶏天を載せる人にとっては、このくらいのスープがベストかもしれないですね。
そうか、実はちゃんと考えられてたんだなぁ。。。お恥ずかしいっすw

なかなか行かないエリアかもしれませんが、遠征の価値ありのお店だと思います。ぜひ全部入りで!
[2012/05/08 21:01] | タム6000 #- | [edit]
たむさんレモンだよ!レモンに鶏まよ丼が最強だって!!
イケさん間違ってるしもぅ皆様(汗笑)
[2012/05/14 09:25] | 田邨 #DafJbfBM | [edit]
>田邨さん

はじめまして&コメありがとうございます!

なるほど、レモンに鶏マヨ丼ですか~。
レモンは何気に気になってたので、次回行っちゃおうかな?
ラーメン屋でサイドメニューを頼むことってあまりないんですが、鶏マヨ最強説とあらば、食べないとですね。

情報AZS!
[2012/05/14 16:59] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/829-001ae741

<< topページへこのページの先頭へ >>