坦々麺(大辛)820円+味玉(スタンプカードサービス)@所沢・麺屋嘉藤

2009-12-28
KATO

冷えた体を暖めようと、こちらの坦々麺をいただきに来ました。
平日12:45到着。先客2、後客2。
食券機にて「坦々麺」の食券を買おうと見ると「坦々麺 大辛できます」とのPOPが。

こりゃ辛いモノ好きとしてはぜひお願いしたいところ。
また、スタンプが2個たまっていたので、味玉トッピングをお願いします。

「大辛」というのは、スープを作る際に入れるラー油の量が多い、ということのようです。
ご主人、ラー油ボトルから3回しほど入れています。
丁寧な仕事を見つつ待つこと5分程度で着丼。

胡麻ダレスープの上には真っ赤なラー油層が。その上にはミンチとネギ、カイワレ、メンマ、海苔1枚、味玉。

まずはスープを一口。
・・・って、いきなりラー油層のみ飲んでムセてしまいました(恥)。
さて、よく混ぜつつ、改めてスープをいただきます。
胡麻ダレとすり胡麻がたっぷり入った、ゴマゴマした甘いスープにラー油、というシンプルな構造。
山椒系の痺れはなく、ラー油のシャープな辛さのみが立っています。
下からよく混ぜてしまえば、辛味はそれほどでもないですね。
ボトムを支えるのは、このお店自慢の魚介豚骨スープ、のはずですが、胡麻の存在感が強烈なので、あまり元スープの味はわかりません。
全体的に、刺激少な目の「日本の甘辛系坦々スープ」と言えると思います。

麺は、細い縮れ麺、
モソッとした歯ごたえで、スープの上げも○。
このお店、他のメニューは麺の種類を好みで選べるのですが、坦々麺だけは縮れ麺デフォで選択の余地はないみたいです。
麺とミンチを絡めて、スープを浸して食べると、なかなか幸せな気分になれますね。
メンマは柔らかめのもの。ネギはちょっと少なめかな、
坦々麺なんだから、海苔を載せるより青菜(チンゲンサイとか)を入れた方が「らしい」かもしれませんね。

トータルで完成度高く、まぁまぁおいしい坦々麺ではあるのですが、ちょっと中途半端な感じは否めません。
やはりこのお店のウリであるスープを存分に味わえないのはもったいない感じだし、坦々麺として追求するのであれば、もうちょっとヒネリを効かせた方がいいのかなぁ、と思いました。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/82-028d4ff9

<< topページへこのページの先頭へ >>