FC2ブログ

特製芳醇香味そば(塩)(900円)@新小岩・麺屋 一燈

2012-04-29
今や首都圏でも屈指の行列店であるこちらのお店。
ちと遠い川向こうエリアなので、なかなか訪問ができずにいたのですが、平日代休が取れたある日、ふと「行ってみるか」と腰を上げました。

お店近くのコイパに車を止め、平日14:25到着。
この時間なのに店内は満席。店外の待ち椅子には2名。後客7。
ホール担当の店員さんに「先に食券を買ってからお並びください」と言われ、まずは店内の食券機へ。
つけ麺もいいですが、「今日は塩」という淡麗系も気になります。ということで、めったに来ないエリアだし、奮発して塩の「特製」をポチ。

ITTO

回転は早く、待つこと5分ほどで席が空き着席。
店内は明るく清潔で、店員さんも活気あっていい雰囲気ですね。
厨房は3名、ホールに1名という余裕をもった人員配置で、悠々としたオペレーション。
先に食券を渡してあるので、着席後数分で着丼です。
丼と一緒に「お好みで香味油をどうぞ」と、小皿も同時に提供。

ITTO

・・・おぉ、なにより先に、そのチャーシューに目を奪われますw
普段は、麺とスープのみを存分に味わいたいという理由で「特製」的なメニューを頼むことは少ないのですが、この有名なチャーシューがたっぷり食べたいがため、今回は特製ですw
若干白濁したスープの表面には、玉のような液体油。その上には、噂のチャーシュー2種とメンマ、味玉、青菜に海苔、ネギ。

では、スープを一口。
シャバ系のスープは、鶏ガラの柔らかい旨みがしっかり出たもの。若干ぬるいのですが、麺がアツアツなので、攪拌すると全体的に温度が上がります。
塩ダレは丸く控えめで、鶏の伸びやかさを邪魔しない仕様。全体的にすごく一体感の強いスープですね~。
ただ、全体的に非常に優しいので、逆に言うと捉えどころのないスープとも言えるかな。。。何かフックになるものがあるとだいぶ化けそうなのですが。
うーん、かなり期待値を上げていったからか、旨いんだけど、若干主張が控えめに感じられました。

ITTO

麺はエッジの立った中細角断面ストレート。
箸で持った瞬間、その「ハリ」に間違いない感が高まりますw
啜ると、ちょっとザラついた麺肌の抵抗感。噛み締めると、クチッとしたコシの強い歯ごたえ。密度感と粉っぽさを併せ持つ固め仕上げの麺はかなり旨いです。
加水は中程度で、おそらく後半のダレを防ぐため、かなり固めで提供しているようですね。後半はスープを吸い、ネッチリと噛み切れる独特の歯ごたえに。後半の食感の変化もうまい演出。
麺味も、粉の風味がしっかり感じられ、とても美味しい麺だと思いますね。

ITTO

では、ある意味主役であるチャーシューを。
チャーシューは、真空調理されたレアぎみの豚ローススライス2枚と鶏モモスライス2枚。
豚は、そのピンク色からもわかるようにレア気味の熱の入れ具合。ゆえに、スープに浸しておくと徐々に固くなってしまいます。
2枚重なっているうちの下の方(スープに接している方)は、麺とスープを味わっている間に熱が入り、レアじゃなくなっちゃいましたorz
熱が入ると固く、若干の豚臭さが強くなり、「え?これが評判のチャーシュー?」という感じ。
しかし、スープに浸かっていない方のレアチャーを食べると。。。これ旨い!!その旨みと塩気とジューシーな食感がたまりません。なるほど、世のラヲタがこれを求めお店に群がるのもわかる気がしました。
鶏チャーは、表面に黒胡椒が散らしてあります。鶏チャーでよくあるボソ感は全くなく、しっとりとした食感が素晴らしい。ただ、鶏より胡椒の風味が勝ちすぎでいたのがちょっと残念。

青菜はホウレンソウ。
この手の淡麗系でレンソウを使うってあまり見たことがないですが、きちんとエグ味を抜いた処理のお陰でおいしくいただけますね。
味玉は、燻玉なんですね!塩味よりもスモーキーさが前に出る大人な仕上げで、ネットリした黄身の食感と相まって、いい感じ。
ネギは白髪と分葱。スープが優しいのでネギが勝ちすぎると台無しになってしまうところですが、ちょうどいいバランス。
メンマは柔らかめで薄味、いい箸休めといった存在。海苔は厚く、香りの高いもの。

ITTO

後半、味変用の香味油を試してみましょう。
香味油だけ味見してみると、背脂+鷹の爪+ニンニク+海老+塩、という構成かな?
塩辛さの次に感じられるのは、結構強めのニンニク。

一気にドバッとスープに入れると、おぉ、真面目でおとなしかったスープが一気ににイケイケ調に変身!w
鶏の繊細な旨みは下支えに徹し、ニンニクと海老風味のフックがすごいですね。背脂によるこってり効果もあり、ここまでやるか的な演出。
・・というかコレ、全部一気に入れない方がいいかも。人によっては必ずしも全部入れなくても十分な味変になります。
個人的には、ちょっと入れすぎちゃったかなぁ。。。ニンニクが全て塗りつぶしちゃいました。

麺量は130gということですが、体感的には150くらいあった感覚ですね。
麺の存在感が結構強いのでそう感じたのかもしれません。特製ということで具材も豊富だったので、そこそこお腹いっぱい。C/P的にも妥当感はありますね。

トータルで見て、バランス型のクリアな鶏スープ、しっかりした麺、そしてチャーシューという千両役者が揃った一杯。
個人的にはスープにもうちょっとキレがある方が好みでしたが、そこは香味油をうまく使うことでカバーできそうですね。
それから、レアチャーはレアの時に食べないといかん、ということもよくわかりましたw
次回来ることがあれば。麺がかなり旨そうだったつけ麺を頂くことにしましょう。

--

麺屋 一燈




関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅


関連記事
コメント:
こんばんは。

先日はお疲れ様でした。

おっと、麺屋 一燈に行かれたんですね。
ここは自分も何回かお邪魔したけど、ここのチャーシューは本当に旨いですよね。

今限定をやってるようなので、折を見て又お邪魔してみようと思っているんですよ。
[2012/04/29 20:50] | ayashi #- | [edit]
タム6000さん   こんばんは!

先日はお疲れ様でした。

平日の午後2時過ぎはそんなに並んでないんですね。
でも、平日は・・・・
[2012/04/29 22:50] | ヨコベー #lZFHskt2 | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

たまたま時間があったので遠征して参りました。
豚レアチャー、みなさん仰るように絶品でしたね〜。
スープの味変もなかなかよかったですし、なにより店内の雰囲気がいいのが印象的でした。

--

>ヨコベーさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですね〜、休日はとみ田並に並ぶっぽいですもんね。
ってか、平日この時間でも並んでるってのに驚きましたよ。
味の方はすごく上品な感じでしたが、後半の香味油でガラッと変わるのが面白かったですね。

今度は「燈郎」もいいなぁ。。

[2012/04/30 12:53] | タム6000 #- | [edit]
どうもです。

ここ何ヶ月も顔出していないんですが、このGWに一回行く予定です。
限定狙ってですが、何時に行けばいいのやら・・・

チャーシューに関しては私の場合は出来るだけ早めに食べちゃうパターンが多いかも。
もしくは丼の縁に貼り付けてスープに触れないようにおいたりもしますよ~

燈郎は味的にノーマル・カレー・辛いのと3種類有るんで狙いを定めないと迷います。
って私まだ辛いの食べてないんですけどね(汗
[2012/05/01 14:33] | うにあ #- | [edit]
>うにあさん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちら、さすが都内随一の行列店の一つ。平日かつピークを外しても全然空いてませんでしたw
総入れ替えとかじゃないのにこれだけ並ぶってすごいですね〜。
GWはさらにすごいことになるのでは?w

>>丼の縁に貼り付けて

なるほど、皆さんやはりそれなりに工夫されてるんですな。
レアチャー狙いで3〜5日の蘭鋳塩限定に行く予定なんで、そこで試してみますw

>>燈郎

なんと、カレーもあるんですか!
ただのJ系かと思ってたら、なかなか楽しそうですね〜。でも最初はまずデフォからかな?
そういえば休店日限定で「稲垣」っていうお店も始まったみたいですね。
いや〜、東京の東の方もいろいろ盛り上がってて楽しそうです。
[2012/05/01 16:36] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/819-5d14f4e6

<< topページへこのページの先頭へ >>