つけ麺(700円)@仙台・自家製麺 キリンジ

2012-04-19
仙台遠征ツアー、2軒目。
「田蛇」で懐かしの味を味わった後は、そこから歩いて5分のこちらへ。
学生時代にはまだオープンしていなかったのですが、その後仙台に帰ってきた際に知り、一度食べてかなり気に入ったお店です。
J系メニュー(川口、汁なし)が有名ですが、一般的な豚魚のつけ麺もなかなかのもの。

休日13:25到着。前客8。
店内が狭くて暗く、ちょっとした穴蔵的な雰囲気。壁にはレコードのジャケットやミュージシャンの色紙。
席数が少ないので、ほぼ満席状態です。
(以下、暗いので写真が手ブレしまくりなのをご了承くださいorz)

KIRINJI

券売機にて「つけ麺」の食券を購入し、店員さんに手渡し。
お隣さんの「汁なし大盛」の驚愕の盛りにビビリつつ、待つこと10分ほどで麺から先に着丼です。

KIRINJI

おぉ、自家製麺が売りのこちらのお店、さすが、麺が美味そう!
手切りですか?というほど太くてランダムな太さの極太平打ち麺は、麺帯の端部分もそのまま麺として扱っており、ギザギザな麺がたくさん。
テラテラと光り輝く麺肌は、間違いなくウマそうです。
つけ汁はグレーっぽい色で、かなり泡立っており器ともども熱々です。

KIRINJI

では、麺を一口。
・・・やっぱりうまいなぁ。。。
熱々の茹で上がりを軽く水で〆た麺は、冷え切ってはおらず、ぬる盛り状態。
形状は極太平打ち。前述の通り太さはバラバラで、強いうねりがランダムに入っている感じ。
噛み締めると、いわゆる「ゴワムチ系」のハードな歯ごたえがすごいです。固ゆでしているわけではなく、生地そのものの密度感がハンパない。ラーメンというか、吉田うどんみたいな感じ。
東京でこの手の麺を食べられるところというと、「蓮爾」「府中二郎」あたりか(府中は未訪なのですが)。少なくとも蓮爾よりは確実にこちらの方がワイルド。
また、この麺、風味がいいんですね~。ぬる盛りだからこそ麺自身の風味がよくわかるのでしょうが、小麦の香りが鼻に抜け、「麺食ってる感」がすごいです。
麺自身の塩気が結構強めなこともあり、あまりの麺の旨さに、麺だけでけっこう頂いちゃいましたw.

KIRINJI

つけ汁は、いわゆる「シャバ系豚骨魚介」。
粘度はほぼなく、動物系の旨みはベースに徹している感じ。
結果、醤油ダレのキレと魚介の香りが中心となる、まぁ大味というか、比較的シンプルな構成となっています。
さらりとしていますが、旨みは十分。塩気のピンッと立った醤油ダレが、飽きさせないいいフックになってくれますね。

では、麺をズバッと浸けていただきます。
うーん、いいですね~。
麺がワイルドなので、つけ汁のシンプルさが逆にマッチしているような雰囲気。
ゴワッとした小麦の味の極太麺+魚介醤油スープの組み合わせが、どことなく武蔵野うどん、東村山「きくや」あたりを彷彿とさせます。
これ、煮込んだ豚バラと青ネギなんかとドバッと入れてもおいしそうだなぁ。
つけ汁よりも若干麺の風味が前に出る組み合わせは賛否両論あるかと思いますが、麺が旨いので無問題。つけ汁の絡みもよく、ズバズバ啜れます。

具は全てつけ汁の中に。
たっぷりのコリコリメンマとホロホロの煮豚チャーシュー。
ただ、このメニューに関して言うと、麺とつけ汁をひたすら味わう感じなので、具は正直おまけ感覚かなぁ。単品としても旨かったと思いますが、やはり麺のインパクトに記憶が上書きされてしまいますねw
というか、メンマが想像以上に底に沈んでいたので、満腹中枢が刺激されてきた後半、かなりキツかったですw

麺量は軽く300gはありましたね。
胃袋が大きいわけではないのに連食してしまったため、なんとか食べきったものの、後半結構キツかったなぁ。。w
でも、腹いっぱいなのに旨い、そして後を引く麺ってのがすごいですね。
スープ割はセルフだそうですが、もうコレ以上腹に物が入らないのでサクッとごちそうさま。C/Pは十分。

トータルで見て、東京でもなかなか食べられない超ワイルドなゴワ麺が楽しめる、個性的な一杯。
この麺を使ったJ系のラーメンや汁なしも絶対旨いだろうなぁ。。
次回はペコペコに腹を空かせた状態で挑戦したいと思います。

さて、今日のラ食はここまで。
次のお店は翌日、ついに例のあそこへw

--

自家製麺キリンジ




関連ランキング:ラーメン | 北四番丁駅勾当台公園駅



関連記事
コメント:
どうも~

これで見るとそれほど極太に見えないんですが(むしろ細い)、蓮爾以上ですか!?
蓮爾もかなり手強かったですけど。
確かにそんな麺なら麺だけでも食べちゃいそうですし、J系も良いでしょうね。
[2012/04/19 23:16] | corey #- | [edit]
どもです

コチラ仙台に於けるJインスパイアの雄としてその名前は聞き及んでいましたが、また別の側面も持っていたとは知りませんでした。
いや、麺が美味そう!

ってか「川口」って?
J系で川口というと「豚喜」しか思い浮かばないんですが何か関連があるんですかね?
[2012/04/19 23:20] | 秋 #- | [edit]
>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

写真だとあまり写ってないんですが、普通に幅1cmくらいの麺もたっぷりありますw
しかも、もうゴワゴワっぷりがハンパないんですよね。
蓮爾の麺にも驚きましたが、確実にアレ以上のワイルドさがありました!
ここは「麺好き」なら一度は食べる価値あると思いますね。

--

>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

さすがに2軒目でJ系は食べられないなぁ、と思ったのでデフォのつけです。
このゴワゴワ麺とシャバ系魚介スープがなかなかいいマッチングでした。
とにかくここは麺ですね!近辺に行ったら、ぜひ食べていただきたいです。

>>川口

なんかどっかのWebで理由を読んだ気もしますが、僕もよくわからないんですw
地名なのか、人名なのかもww
でも、この麺をJ系スープで食べたらめっちゃ旨いだろうなぁ。。

次回は、仙台二郎再訪よりもこっちで川口か汁なし狙いかな?






[2012/04/20 12:31] | タム6000 #- | [edit]
こんにちは。

田蛇の後にキリンジですか。
ここの麺はかなり強烈で食べるの大変じゃなかったですか?

ところでキリンジの川口ですが、以前RDBのユーザーさんが聞いたのをコピーします。
>さて、このメニューの名前。不思議に思うのはぼくだけではないと思います。
>店主さんにこっそりお聞きする機会があってご紹介すると、麺切り歯を大阪の工場に特注でオーダ>ーしたときの職人さんのお名前をリスペクトし命名されたようです。

[2012/04/20 16:12] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>ここの麺はかなり強烈

そうですね〜、ここのつけ麺はだいぶ前(たぶん開店当初)も食べたことがあるんですが、
こんなワイルドな麺だと思いませんでしたw
でも、麺自身がすごい旨いし、浸け汁もシャバ系だったこともあり、連食なれどズバズバ食べられちゃいました!
次回は腹ペコで挑戦してみたいですね。

>>職人さんのお名前

なるほど!そういう理由で川口なんですね。勉強になります。
埼玉の川口とは関係なかったわけだw

[2012/04/22 12:32] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/806-19b56901

<< topページへこのページの先頭へ >>