FC2ブログ

地鶏と魚貝の醤油味(650円)@新馬場・東京いまむら

2012-04-18
以前、家系風な一杯を出していた「権左」跡地に、居抜きで新店が入ったとの情報。
いろんな意味で歴史のあるお店らしいですが、まぁ地元民としては、過去はともかく「今」の一杯がうまけりゃ文句なし。
こりゃ行ってみないと!と早速訪問してみました。

一旦お店の前に来たものの、店内は満員。
並ぶのもアレだったので、図書館を経由して13:45再訪。今度は空いてました。前客4、後客3。
客席7の狭い店内、しかもこの時間なのにこの客入り!各界著名人の姿もちらほらw
というか、厨房と客席が近く換気が悪いので、ものすごく暑いw食べる前から汗だくです。

つけ麺は5月から提供、ということで、今食べられるのは表題のメニューとワンタンメンがメイン。
予習によれば、「地鶏と魚貝の醤油味」は、鶏ガラと和風スープの比率が1:9。一方ワンタンメンはその逆になるとのこと。
では、価格的にも一番ベーシックな「地鶏と魚貝の醤油味をお願いします。
注文は口頭で。前金制と書いてありますが、食べてから払ってもいいみたい。

店内は、完全に権左の居抜き。
ただ、カウンター上には「い草カーペット」的なものが敷き詰められており、独特の和風な雰囲気。これ見栄えはいいけど、掃除が大変そうですね。
あと、権左時代の、クッションを上げると中が荷物入れになっている椅子はなくなり、普通の丸椅子にグレードダウン。狭い店内なので、荷物は床に直接置くしかないですね。
ちょうど厨房が死角になっていたのですが、厨房内も居抜きなのかな?あと、店主さん意外にお若いですね。

IMAMURA

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、和風ラーメンということで、蕎麦みたいな感じかな?と勝手にイメージしていたのですが、全然違いますね。
濃いブラウンのスープの上には厚めの液体油層と、キラキラした煮干の粉末。
その上には、チャーシュー、味玉、青菜、刻みタマネギ、揚げネギ。
うん、魚貝出汁をたっぷり使ってこの載せ物で650円ってのは、かなり割安感がありますね。

では、レンゲでスープを一口。
あ、結構パンチ効いてるスープなんですね。
最初のフックになるのは、キリッとした醤油ダレのキレと、香味野菜独自のコンソメのような香り。
スープには、揚げネギだけじゃなく、揚げたスライスニンニクや生姜なんかも。生姜の香りがかなり強いのが特徴的。
ベーススープは、生臭さ等は一切なくすっきりした魚介の旨味がメインで、鶏で旨味の太さを補っている感じ。旨味たっぷりなれど、後味はスッと引いていきます。
敢えて「魚貝」と書いているということは、何らかの貝系も含まれているんですかね?我が駄舌ではわかりませんでした。
また、液体油がかなり多く、最後までスープの温度をキープ&口当たりの強さとコクを補強しています。この油ペカペカ感はちょと好みが分かれるかもしれません。
このように、いろいろな素材の旨味が複雑に組み合わされたスープですが、とっ散らかった感はなく、すごく一体感のある仕上がりですねぇ。
塩気は若干強めですが、スープ自身の押しが強いのでちょうどいいバランスかな。

IMAMURA

麺は角断面細ストレート。
加水は中~低で茹で具合は固め。最初はバッツリ切れる咀嚼感が楽しめ、後半スープを吸ってくると、ニチッとした優しい歯ごたえに変化します。
麺自身の風味はそれほど強くありませんが、この主張が強いスープには、とても合っていると思いますね。

IMAMURA

チャーシューは、店主さんのブログによれば、ソミュール法とドライエイジング法を使ったものだとか。
要は、調味液に浸けてさらに乾燥熟成させた、ということですか。なかなか拘ってますね。
ミッチリ、しっとりとした食感と、濃厚な肉そのものの旨味がしっかり味わえるものでした。
デフォだと小ぶりなものが1枚しかなかったので、一口で食べてしまったのですが、これはチャーシューメンにはかなり期待できそうです。
青菜はホウレンソウ?と思ってた食べたら、全然エグ味のないものでした。あれは何の菜っ葉だったんだろう?シャキッとした茹で具合でなかなか。
玉子は半分。黄身はネットリ半熟で、旨みが強いですね~。これがデフォで載ってくるのはうれしいです。
細かく刻まれた生タマネギは、ショリッとした食感と辛味が、オイリーな魚貝スープの中で抜群の清涼剤。
また、前述のとおり、揚げたネギ、ニンニク、生姜はちょっとうるさいながら、スープのファーストインパクトを形成する重要な登場人物です。

麺量は130gということで少なめですが、スープの重さと具材の豪華さに、それなりに満足して完食完飲。サクッとごちそうさまでした。
お腹一杯にしたい時は、サイドメニュー必須かな?
それにしても、この内容で650円というプライシングはかなりC/P高いと思います。

トータルで見て、良質な魚介出汁ベースながらも結構パンチの効いたスープが特徴的な、他にない一杯。開店二日目でこの品質ってのは素晴らしいですね~。
いやぁ、こういった高レベルな新店ができてくれると、地元民としてはホントうれしいですね。
あまり並んでほしくないけど、行列店になる要素は十分兼ね備えていると思いました。再訪は確実です。
店主さんおすすめなのは実は「ワンタンメン」の鶏スープだったりするそうなので、次回は客入りが落ち着いた頃に、鶏狙いかな?

--

東京いまむら




関連ランキング:ラーメン | 新馬場駅青物横丁駅品川シーサイド駅


関連記事
コメント:
こんばんは!
行かれましたか~。結構いい感じみたいですね。まだ食べてませんが、つけ麺が出た頃に行ってみようかなって思ってます。パッと見麺量が少ない感じがしますが。
[2012/04/18 22:21] | イケ麺 #- | [edit]
こんばんは。

お、何だか良さげなカンジですね~。(^^)
実は、今日、この近くをラーメン屋(2件目w)を求めて彷徨ってたんですよww
結局、ラーメンじゃなくてアルコールに流れてしまいましたが・・・。
此方は僕も気になるので、近いうちに追撃してみます!
[2012/04/18 23:12] | おさっても #- | [edit]
タムさんこんばんわ。
ラーメン撮影に使うデジカメって何使ってます?
発色を見る限りキャノンっぽい気がするんですけど…。
[2012/04/18 23:44] | TSM #- | [edit]
>イケ麺さん

こんにちは&コメありがとうございます!

早速行って来ました!
まるっきり新店かと思ったら、結構キャリアがあるお店だったんですね。
魚介と香味野菜が効いたスープで、なかなか個性的でうまかったです。

>>麺量が少ない

そうですね、130ということなので、すぐになくなっちゃう感じですね。
サイドメニューの「チャーシューネコまんま」が旨そうだったので、そちらを付けてもいいのかも。
(某有名人な方は連食されてましたw)

つけ麺は柑橘が入るそうなんで、そちらも楽しみです!

--

>おさってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

あら、このあたりにいらっしゃたのですね!
この近辺でアルコール。。。かなり渋い店しかないような気がしますが。。w

しばらくは新店コレクター系のラヲタで混み合うと思うので、しばらくたって落ち着いた頃に狙ってみるといいかもしれません。
店主さんの自信満々さも納得の、なかなか個性的で旨いラーメンでした。ぜひ!

--

>TSMさん

こんにちは&コメありがとうございます。

カメラは、残念ながらキャノンではありません。一眼はキャノン党なんですけどね。
ラーメン屋に持っていくコンデジは、RICOHの古いやつです。
暗い所にはからっきし弱いのですが、マクロがむちゃくちゃキレキレに撮れるので気に入ってます。
色味については、かなり化調を効かせてるw(レタッチしてる)ので、原画とはかけ離れてるかもw
[2012/04/19 11:28] | タム6000 #- | [edit]
居抜きオープンの此方の存在は初めて知りましたが、
なかなかよさそうじゃないですかぁ~(^^)

新馬場。
以前はクライアント先があり、
頻繁に訪れていたエリアですが、
最近ご無沙汰なんで、チャンスを見つけて逝ってみたいですねぇ
[2012/04/19 11:54] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

いや~、なかなか個性的で旨い一杯でしたよ。

大崎やシーサイドあたりの商用の際にいかがでしょうw
保険も「イレブンフーズ」「公」と、盛りだくさんっす!
[2012/04/19 12:26] | タム6000 #- | [edit]
こんにちは。

このへんのお店は丸直がお休みしてから全然行って無かったな~
なんか良さそうな感じのラーメンじゃないですか。
日曜日もやってるし、お休みのランチにチャリっと行って見ましょうかね。
[2012/04/19 15:51] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですね~、丸直がなくなって一番困ってる人間がここにw
ウチから一番近いラーメン屋(兼定食屋)でしたからねぇ。。

で、あれからさらに「豚骨屋」「権左」「汁八番」とたてつづけの閉店もありまして、北品川~新馬場エリア終わったと思ったのですが、ここへ来て新店が続々!うれしいところです。

こちら、新店ではなく移転だそうで、なかなかハイレベルな一杯でしたよ。
魚介強めの醤油と、鶏ガラ強めのワンタン、どちらもいい感じっぽいんで、ぜひ行ってみてください!
[2012/04/19 16:21] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/804-441c1acf

<< topページへこのページの先頭へ >>