FC2ブログ

【4/21まで】オニオングラタンつけ麺(800円)@御茶ノ水・ラーメン大至

2012-04-13
今日の晩飯は御茶ノ水で。
狙いは「春の限定つけ麺乱打」実施中の大至
こちら、デフォの「普通のラーメン」が最高に旨いことで有名ですが、実は創作系も非常にレベルが高いんですよね。
今は「トマトバジルつけ麺」「オニオングラタンつけ麺」の2種類を提供中(トマトバジルは14日まで、オニオンは21日まで)ということで、今日はオニオングラタン狙い。

DAISHIDAISHI

平日17:45到着。前客3、後客1。
奥の席では早くも飲みモードなお客さんもいますね〜。

カウンター席へ座り、口頭で「オニオングラタンつけ麺」をオーダー。
店員さん「オニグラ一丁!」wwオニグラと略すんですねw

DAISHI

待つこと5分ほどで着丼。細麺なのでスピーディです。
長円の器に入った麺は、つけ麺では珍しい細縮れ麺。
浸け汁は完全にオニオングラタンスープの香り!洋食屋さんで食べるオニグラは、表面にチーズを載せてオーブンで焼いたりしますが、こちらはそういった演出はなし。
また、別皿は小さな鉄板になっており、直火で熱した鉄板の上には、鶏の竜田焼、パプリカ、そしてパンにチーズを載せてバーナーで炙ったもの。
うーん、こういう洋風なアレンジ、いいですね〜。

DAISHI

では、まずは麺から。
・・・うん、この麺すごい好きです!
開化楼製の麺は、角断面細縮れタイプ。
茹で具合は固めできっちり水で〆られているのと、元々密度感が高い材質ということもあり、ポキポキ、コリコリとした弾力感ある歯ごたえがいいですねぇ。
また、噛むほどに麺自身の風味も口に溢れます。麺だけ食べ続けても全然飽きない、毎回大満足の麺です。

DAISHI

そして主役、オニグラスープ。
一口飲むと。。。おぉ、完璧にオニグラしてますw
丼の底には、飴色まで炒められたトロトロの刻みタマネギがたっぷり。
こちらのラーメン用の素スープをベースとしているのでしょうか?タマネギの濃密な旨味と甘味のベースには、しっかりとした動物系の旨味も。
また、タレの風味としては、コンソメちっくな感じはあまりなく、ベースは醤油ダレなのかな?醤油っぽい旨味と塩気を感じました。
スープとオニオン、それから醤油ダレを含めミドル層の旨味が猛烈に強く、さらにタマネギの甘味もしっかり出ているので、若干旨味過多に感じる部分ありますね。
洋食のオニグラも、そのミドル中心のまったりとした旨味構成のため、他の食材でたまに舌をリセットしないと「ウッ」となることがあるのですが、そこらへんの特徴も受け継いじゃってるかな。。
うーん、十分旨いのですが、何かハイをグッと引き上げる要素があると化けるのかもしれません。とりあえず卓上の白胡椒を少々かけつつ頂きます。
当然つけ麺の浸け汁なので、塩気は強めのチューニングですが、ぎりぎりスープ単体としても楽しめる感じで、うまいバランス取りですね。

では、麺をオニグラに浸けてズバッと啜ります。
・・おぉ、ほんとだ、中華麺にオニグラ、合うんですね〜!
麺にトロトロのオニオンが絡みつき、麺自身の風味とオニグラの旨味が口の中で爆発!これは「アリ」だわ!
ただ、前述の通り浸け汁がかなり旨味過多なので、麺を全て浸けてしまうと濃すぎかな。「2/3浸け」くらいがベストですね。

DAISHI

別皿の具は、おつまみとしても成立するような感じw
竜田焼は、鶏ももに生姜醤油の下味を付けて片栗粉をまぶして焼いたものかな?ジューシーな鶏肉はスープに浸けなくとも十分旨いです。
パプリカはスープに入れると、わずかな苦味がいいアクセントに。
チーズ載せ炙りパンは、スープにチョコッと浸けて頂くと鉄板ですね。
でも、チーズは浸け汁の方に入ってた方が、麺との絡みがより楽しめたかも。

麺量は200g弱程度かな?
固形物をサクッと完食し、オニグラスープもスープ割なしで全量飲み干し、ごちそうさまでした。

トータルで見て、こちらのお店の自慢のスープをベースにした、旨味たっぷりのオニオングラタンスープを軸に構成された極上のつけ麺。開化楼の麺も間違いない旨さ。
ラーメンとして見るとかなり変化球ではありますが、しっかりした技術をベースに組み立てられているだけあり、なかなか満足度は高かったですね。
来週から2週間「ビーフカレー」が始まるらしいので、そちらも食べに来なくては!

--

ラーメン 大至




関連ランキング:ラーメン | 御茶ノ水駅末広町駅湯島駅


関連記事
コメント:
どうもです~。

TW見ながら「にゃがにゃが」とココ、突撃してやろうかと思いましたよ。
「伊吹」の時みたいにww
オニグラもしっかりオニグラしてましたか~w
いやぁ、美味しさはある程度想像できて楽しいです~♪
この麺はぁ、ホント好いですよね!!
汁なしあたりで食べてみたい気もしますわ。
うん、「ビーフカレー」ですよねぇ~w
[2012/04/13 15:33] | おうじろう #- | [edit]
どうもです。

結局なかなか手が回らずに行けずじまいになってしまっていますが
4/16(月)~4/28(土)のビーフカレーつけ麺だけは外せません。
って・・・『にゃがにゃが』からこちらへ流れるのも良いですねぇw
[2012/04/13 16:07] | うにあ #- | [edit]
oh~ 高評価ですね!
ここは大好きなお店ですが
デフォな一杯しか食べた事ないので
次回は限定等狙ってみたいですね!
[2012/04/13 17:01] | Y #- | [edit]
>おうじろうさん

こんばんは&コメありがとうございます!

おぉ、TL越しに行動を監視されていましたねw
おうじろうさんのお膝元でウロウロさせていただいておりました(徒歩でw)。

このお店は、何食べてもうまいんですが、つけ麺の麺は絶品ですよねぇ。
このコリコリ感、結構クセになりますね。
で、オニグラもまぁ「そのまんま」な感じではありましたが、濃厚で旨かったですよ〜!
来週一杯までやってるそうなので、結構オススメっす!

なるほど、この麺で汁なし。。。ビーフンみたいに野菜と炒めたりしたら絶対おいしいでしょうね。
・・・あ、そしたら焼きそばというカテゴリになってしまうかな?w

ビーフカレー、楽しみですね。絶対行かなくちゃ!当然ライス付きでw

--

>うにあさん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやぁ、こちらの限定情報はうにあさんのツイート見てて気付いたので、情報感謝っす!
トムヤムも食ってみたかったんですが、パクチーの危険性を感じてやめましたw
オニグラ、けっこう今回の目玉だと思いますよ〜。機会あればぜひ!

カレーも楽しみですね。
にゃがにゃがの「からみ大根」も最高だったので、ぜひ連食も〜!w

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちら、デフォのメニューは「定番感」が強い鉄板の構成が特徴ですが、限定では一転してはっちゃけてますw
アイデアあふれる限定、ぜひぜひ食べていただきたいですね〜。
これから夏に向けて、今回とは違う限定もいろいろ出ると思いますので、機会あればぜひ食べてみてください!



[2012/04/13 19:07] | タム6000 #- | [edit]
どもです

明太子、チーズフォンデュは食べたかったなぁ。
コチラはデフォを一度いただいただけですがすっかりファンの自分ですw

ラーメンより敢えて細い麺を使用しているつけ麺、興味ありますねぇ。

今後のラインアップを見ると「ビーフカレー」は鉄板でしょうから、未知数の「パンプキンポタージュ」に惹かれます。
[2012/04/13 23:32] | 秋 #- | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちらのつけ麺は、デフォも限定も敢えて細麺なんですよね。
で、これがホントに旨い!
これを食べるまでは、つけは太い麺が好きでしたが、これもアリだなぁ、と。さすがカラスさんイチオシのお店だけあります。

明太は個人的にNGですがw、チーズフォンデュやトムヤム、トマトは食べたかったなぁ。。
次回のカレーはぜひ狙わないと。

秋さんも、パンプキンポタージュ、行ってみては?w

[2012/04/14 16:28] | タム6000 #- | [edit]
ミドル層のうまみっていったい何なんですか?
[2013/10/21 10:23] | 名無しさん #- | [edit]
>名無しさん

確かに意味不明な表現すねw

音(音楽)で言うと、低い音域から順に、ベース、ミドル、ハイ(トレブル)と領域を分けて評価・調整するので、味でも同じような表現を使ってしまってます。
言いたいのは、下支えする出汁の旨みより上で、スパイスや各種調味料とかより下の、真ん中へんの味・旨みというニュアンスなのですが、自分で言っててもよくわかりませんw

まぁ、半笑いで読み飛ばしていただけると幸いです。
[2013/10/21 12:33] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/793-8be7aad4

<< topページへこのページの先頭へ >>