FC2ブログ

ベトコン(750円)@木場・したごころ厨房

2012-03-11
木場ラーメン激戦区でも屈指の行列店である「○心厨房」。
定休日の日曜日のうち、第二週だけ「したごころ厨房」として特別メニューで営業しているらしい。
しかもその特別メニューとは「ベトコンラーメン」!

ベトコンとは、ベトナム戦争のアレではなく、「ベストコンディション」。
岐阜、愛知エリアで親しまれている、辛くてニンニクがゴロゴロ入ったアレですね。
微妙に中京文化圏からの影響を受けている滋賀彦根「すぎもと」で去年食べたのですが、そのニンニクゴロゴロっぷりがハンパなかった記憶がw
あれが東京で食べられるとあれば、これは行くしかない!

とは言え、月1日、しかも昼のみの営業ということでなかなかハードルが高いんですよね。なんとか都合をつけ、お店へ突撃です!
こちらのお店、旧洲崎遊郭のエリアのど真ん中に位置。
お店の向かいには、好き者にはお馴染みのブルータイル、ドーム屋根の古典的遊郭建築が未だ現役です。これはもはや文化遺産ですね〜。
#ちなみに、これまた好き者には有名な「大賀」は取り壊しが始まっていたっぽい。

さて、ピークを避けて13:20お店到着。
お店の前には行列5名。まぁこの程度なら全然OK。後客続々で、行列はすぐに10名以上に。13:42「営業中」の看板が「準備中」に変わりました。

SHITAGOKORO-CHUBOSHITAGOKORO-CHUBO

こちらは、行列に加わる前に食券を買うシステム。デフォのベトコン、辛さ増量の「金しゃち」、野菜増量の「名古屋城」というバリエーションがありますが、デフォで。
並んでいると、店員さんが食券を取りに来ます。その際「ニンニクは入れてよろしいですか?」とヒアリング。当然ベトコンと言えばニンニクです。お願いします。
というか、グループやカップル客がほとんどなのと、ベトコンならではの炒め作業が入る関係上、回転はかなり悪いですね〜。
13:50、ようやく着席。ただしオーダーは通してあるので、そこから5分ほどでベトコンが着丼です。

SHITAGOKORO-CHUBO

真っ赤なスープを想像していましたが、意外に大人しいブラウンスープの表面は細かい背脂でビッシリ。その上には、モヤシと豚コマ、タマネギ、ネギ、そして鷹の爪にニンニク数片。
ベトコンのニンニクは、刻みやおろしではなく、そのまま素揚げしたものが入るのが特徴です。
お隣の方はいきなりムセてますね。結構辛いのかな?

では、スープを一口。
・・・うん、旨い!!
構成としては、シャバ系の煮干醤油スープに背脂を浮かべ、鷹の爪で炒めた肉野菜を加えたもの。
辛さはそこそこ感じられますが、それよりもベースのスープの旨さがはっきりわかりますね。
辛味は炒めの際に使われた鷹の爪、それからラー油からくるものかな?ほぼ唐辛子の辛さで、シビレは一切なし。
ベーススープは、煮干、昆布等の魚介系に醤油ダレかな。特に煮干の香ばしさと旨味がかなり前面に出ます。
うん、辛旨系スープの必須条件である「ベーススープがしっかりしていること」は完璧。この出汁で作った塩ラーメンはさぞかし旨いだろうなぁ。。
また、表面の背脂で口当たりのコッテリさと甘味、旨味をブーストしており、これとニンニクの香りで、かなりジャンキーな雰囲気に。
本家のベトコンは未食ですが、彦根で食べた物がとても素朴だったのに対し、こちらはさすが東京の人気店、という見事なアレンジですね。
塩気と粘度、旨味、そして辛さがちょうどいいバランス。辛いものが苦手な人でもギリギリ食べられるレベルでしょうか。

SHITAGOKORO-CHUBO

麺は開化楼製、中細丸断面で縮れたもの。加水は高めで、プリッとした歯ごたえが特徴的です。
麺肌が滑らかなので、茹で具合は若干柔らかめかな?と思いきや、予想に反してしっかり歯ごたえがある麺ですね。
チュルチュルと気持よく啜れるけれど、噛みごたえもあり、麺味もしっかりしています。
縮れのおかげでスープの絡みも抜群。ちょっと古典的な感じで、これはこれでいい組みわせですね。

具は、モヤシと豚コマ、タマネギを鷹の爪で炒めたものが中心。
豚肉が意外にたっぷり入っててうれしいですね。モヤシはシャキッと熱々で香ばしいです。
ニンニクは7,8片入ってたかな?ちょっとゴリッしてたけど、生ニンニクの匂いはだいぶ抑えられていましたね。
ベトコンにおけるニンニクは、表面が焦げて中がホクホクで甘いのがいいですね。一応熱は通してあったのかもしれないけど、予め素揚げしたほうがいいのかも。

SHITAGOKORO-CHUBO

麺量は体感150gくらいかな?ジャンキーなスープで食が進むので、もうちょっと食べたかったかも。
このスープにはライスをが鉄板だと思うんで、ライス(ねこまんま)を付けた方がよかったかな。
辛いながらも、その煮干&背脂のフックにレンゲが止まらず、汗をかきかきスープ完飲でごちそうさまでした。C/Pはまぁまぁ。

トータルで見て、B級ご当地メニューを、東京の人気ラーメン店のセンスと技術でリビルドしたような、高品質かつジャンクな一杯。
先日国分寺「ふうみどう」で頂いた台湾ラーメンしかり、中京ローカルなラーメンが東京でも食べられるようになってきたのはうれしいですね。しかもどちらもおそらく本家より旨いしw(というかやっぱり別物なんですけどね)
月イチの昼のみ営業ということで、なかなかハードルは高いですが、特に辛いの好きな方にはぜひ食べていただきたいですね。

--

○心厨房




関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅


関連記事
コメント:
どうも~

ここは非常に気になっているんですよねぇ。
ベトコンは未経験ですので。
ニンニクがゴロッとして、かなり強烈そうですねぇ。
うーん、食べたいが、月一回はハードル高すぎですw
毎週日曜休みならともかく、自分は不定休なので…。
[2012/03/12 14:22] | corey #- | [edit]
タム6000さん こんにちは!

ずいぶんとハードルの高い1杯を召し上がりましたね。
この前、こちらを訪問した時に、かなり気になった1杯です。

う~ん、1度食べてみたい!
[2012/03/12 14:55] | ヨコベー #lZFHskt2 | [edit]
どもです!

特に辛い物が好きではありませんが、
贔屓のお店となれば話は別。
実は2月、3月と麺友さんと訪問計画してたのですが、
タイミングアンマッチで断念。
4月以降にねらいますよぉ~
[2012/03/12 14:56] | Y #- | [edit]
>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんですよねぇ、月一回、しかも3時間程度の営業って、どれだけハードル高いんだ、って感じですよねw
例によってこちらのデフォはまだ食べたことがないのですがw、煮干の出汁がしっかり効いた辛いラーメンで、かなり美味かったですよ〜!
ニンニクは、一応熱が入ってるので、臭みはあまりありません(相方にもバレなかったのでw)。

辛いのがお好きな方には超オススメです。チャンスがあればぜひ!

--

>ヨコベーさん

あ、そういえば先日煮干行かれてましたよね。
たぶん、その煮干をベースに、辛い炒め物をのっけた感じでしょうか。
かなり満足度高かったので、タイミングが合えばぜひ食べてみていただきたいです!


--

>Yさん

ご近所お邪魔させていただきましたw
うーん、辛いのが苦手な方にはちょっとキツめの辛さかもしれません。
しかし、辛さの奥でベースの煮干がしっかり主張するので、辛さだけのラーメンでは決してありません。

かなり満足度高かったんで、ぜひ来月第二日曜に!!
[2012/03/13 19:50] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/765-413bb130

<< topページへこのページの先頭へ >>