FC2ブログ

ラーメン小 ニンニク辛揚げ(680円)@駒場・千里眼

2009-12-17
SENRIGAN

SENRIGAN

ひさびさにJ系をガッツリ食べたくなり、駒場の新店へ。
土曜日19:20着。
カウンターはほぼ満席で空き1。運良く滑り込みます。
後客は続々と来ますが、入る客と出る客の数とタイミングがほぼ同じで、常に満席をキープしている状態。賑わってますね。

さて、券売機でデフォのラーメンの食券を購入し着席。
カウンターに食券を出して7分後、「#番(カウンターの番号)の方、ニンニクは入れますか?」とコールタイム。
まずはデフォの味を確認したかったので、ニンニクと、珍しいトッピング「辛揚げ」をコール。

間もなく着丼。
ほう、なかなかいい山ですね。
モヤシ:キャベツが7:3くらい。個人的にはこのくらいの割合がベスト。
裾野にチラッと見えるのは豚。さらに刻みニンニク。そして話題のトッピング、辛揚げ。いわゆる天かすに一味をまぶしたものですね。

スープをまず一口、と思いましたが、レンゲがないので先にヤサイからやっつけます。
あ、箸はエコ箸と割り箸があります。さすがにこう並ばれると割り箸は使いずらいですよね。
しかし、この手のラーメンでエコ箸は、むちゃくちゃ掴みづらい。。。途中で変えるのもアレだし、軽く後悔。
ヤサイには軽くカラメがかけてあります。従ってそのままでも十分おいしい。臭みもなく、新鮮なモヤシですね。湯で加減は若干シャキ系。
野菜の裾野を崩したら、麺を引っ張りだし一口。
うん、うまい。極太で歯ごたえが強い、ワシワシ食べる麺。ジャンクガレッジの麺を思い出しました。あ、ここも開化楼か。

さて、そろそろスープを。
トロトロに乳化したJ系スープですね。
口に入れた瞬間、なぜか「キンピラゴボウ」を思い出しました。なんでだろう?
まさか出汁にゴボウなんて入れてないだろうし、豚のアクとみりんの風味でそんなふうに感じたのでしょうか?
ともかく、なんか普通の二郎系と違う香ばしさ、というか甘みみたいのが感じられます。うまいかと言われたらうまいんで結果OKなんですが。
豚骨の出汁は十分にヘヴィ。カエシは意外に尖っていなく、マイルドささえ感じられますね。塩気も強くはなく、飲みやすいスープです。
温さは特に気になりませんでした。出てきた時すごい湯気で写真撮るのに苦労したくらいだし。
このスープ、個人的には、カラメアブラで飲みたいかな。

豚は、大きめの固まり1個と端豚が2個くらい。
いわゆるフワトロ豚ってやつですね。味がしっかり染みてる上に口の中で崩れるほど柔らかく、うまいです。
保温ケースの中から出てきただけあって、冷たくなくていいですね。

途中でニンニクを混ぜ混ぜすると、さらにいい感じ。
豚骨、みりんのミドルの押し出しにニンニクのハイが効いて、食欲全開です。
さらに中盤、新たなトッピングアイテム、辛揚げをスープに混ぜてみます。
お、意外と辛みが強いんですね。
一味とかの粉末と異なり、油分と一緒にスープに辛みが溶け出すので、ジンワリ辛さが迫ってきます。
天かすはすぐにスープが染みてテロテロになるんですが、揚げ油の香りもスープに移り、なんというか、カラムーチョを食べてる感というか、とてもスナッキーな味になりますよ。
なんというか、ベビスタを混ぜそばに入れるのと同じようなベクトルの味の変化ですかね。
しかもコレを混ぜることがスープの方向性とケンカもせず、うまさが多層構造になっていきます。こりゃいいわ。

と、こんな感じで固形物も一気に完食。ごちそうさまでした。
並びも思ったより少ないし、ぜひまた来てみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/73-ceb03f9c

<< topページへこのページの先頭へ >>