FC2ブログ

らーめん(690円)@所沢・くすのき亭

2009-12-16
KUSUNOKI-TEI

たまには東口のお店でも行こうと、こちらへ。
平日13:00到着。お店は半分ほどの入り。
ここは何度か来たことがあるのですが、つけ麺しか食べたことがなかったので、今回はデフォの「ラーメン」の食券を。
お店の入り口には「和風とんこつ」と書いてあります。豚骨魚介のことかな?
個人的には和風とんこつと言えば「寿がきや」なんですけどねw

テーブルに座り、店員さんに食券を渡します。ランチタイムはライス/替え玉無料ということで、ライスをお願いします。
店内は喫煙可だそうですが、運よく喫煙者はいませんでした。ホッ。
常備されている雑誌(週刊誌やコミックでなく、まっぷるドライブガイドとかがあっていいですね)などを読んで待つこと5分ほどで着丼。

白濁スープの上には、巻きチャー、メンマ2本、青菜、ネギ。そして中心に細かめの削り節が。
また、部分的に透明な香味油がかかっています。

まずはスープを一口。
豚骨がかなり強く、意外に臭みが残ったタイプですね。若干とろみもあります。
豚骨がベースで、そこに節で香り付けをしている感じ。スープの中にも節が浮いています。
また、香味油はちょっと酸味がある変わったもの。ネギ油?
あくまで主軸は豚骨においているのが特徴ですが、豚骨強めの魚介ミックスもので最近よくあるドロドロのスープではなく、あっさりとした、なおかつグイグイ飲ませるタイプですね。

麺は中細のプリプリ、パツンとした麺。
麺肌はツルツルで、喉越し重視か。スープのあげはそれほど強くないですね。
表面はゼラチンっぽく、中心は固めの茹で上がり。スープとのバランスは悪くないです。
量は少なめ。なんで大盛りサービスじゃなくて替え玉なんだろう?

巻きチャーは薄く小さいものですが、味付けはしっかりしていてサクッとバラけて好み。
メンマはちょっと業務用っぽい香りがしますが、柔らかくおいしいですね。

全体として、強引に言うと「寿がきや」の印象に近いです。
ただし、寿がきやストラクチャのラーメンを、お店でいい材料で丁寧に作ってみました、という印象(←褒め言葉)。
もしかしてコレが一時期流行った「和風とんこつ」な味作りなのかもしれませんが、個人的には新しく感じました。
メニューの種類も多く、また来てみたいと思わせてくれるお店です。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/72-2ba8cbca

<< topページへこのページの先頭へ >>