FC2ブログ

ゆきラーメン(600円)@駒場・山手ラーメン

2012-01-22
とある休日の夜、一人での夕飯。
呑み明けで胃腸が疲れていたので、軽くラーメンでも食べるかな、と外出(だったらラーメン食べるなと言われそうですがw)。

お蕎麦のようなさっぱり清湯系が食べたい気分だったので、目指すは中目黒「八雲」。
しかしお店に着いてみると明かりが点いていません。。あ、閉店時間勘違いしてたorz
では、向かいの和利道か?と思ったけれど、こってりつけ麺という気分ではないんだよなぁ。。。

ということで、そのまま山手通りを直進し、前から気になっていた駒場山手ラーメン」へ行ってみようと方針変更。
当初の目的からだいぶズレて背脂系になっちゃってますが、まぁいいかw

休日21:45到着。前客7、後客4。
けっこうひっきりなしにお客さん入ってくるのですね。客層はほぼ学生メイン。
お店中ほどの券売機を見ると、お、これは大崎「Outsiders」でも見る番号入力タイプですな。
こちらの看板メニュー「ゆき」の番号である11番を入力し発券。
カウンターへ座りつつ、店員さんに食券を出します。厨房は店主さんと助手さんの2名体制。お水はセルフ。

YAMANOTE-RAMENYAMANOTE-RAMEN

ってか、椅子が。。。一升瓶のケースにオリジナルクッション付きというナイスな仕様w

YAMANOTE-RAMEN

さて、水をくんできて飲もうと思ったところでもう着丼!早いですね~。
ルックスはなかなかユニークで、その名前の通り丼は白一色。
想像では、背脂チャッチャ系なのかな?と思っていましたが、背脂はスープと一体化しているように見えます。
白濁したスープの上には、メンマとチャーシューとモヤシ。お値段なりの、シンプルなルックス。

YAMANOTE-RAMEN

では、スープから一口。
おぉ、チープだけど面白いスープですね~。
ファーストインプレッションとしては、「こってり鶏塩?」みたいな感じかなぁ。
豚鶏と香味野菜を濁るまで煮込んだスープに軽く塩味をつけたような感じ。醤油成分は感じません。塩梅もちょうどいい感じ。
背脂は、前述のようにスープに溶け込み、コラーゲンスープ的に軽くトロミを付ける程度。その甘みと旨味がいい感じ。
そして圧倒的なのがその化調感wベースがシンプルなだけに、そのアシストを強烈に感じられますね~。
個人的には化調否定派ではなく、適材適所でいいじゃんと思っているんですが、これはさすがにちょっと強すぎかな?w
うん、でも思ったほどコッテリというわけでもなく、むしろクリーミーで優しいスープと捉えることもできるかな。呑み明けの胃腸にも安心な仕様ですねw

YAMANOTE-RAMEN

んで、麺がなかなか個性的!
ほぼ生パスタ、という感じの角断面中細ストレート麺は、パスタ並のツルツル麺肌とパッツリした歯応えが特徴的。スープがクリーミーなので、なんかスープパスタな気分w
また、透明感あるルックスと弾力感ある噛み心地は、冷麺をイメージさせるような雰囲気もあるかな。
加水が高めなので、スープの中でも最後までダレず、スープの絡みも上々。
ラーメン用の麺としてはかなり珍しい部類だと思いますが、これは結構アリかも。

YAMANOTE-RAMEN

チャーシューは、ロース系煮豚スライスが1枚。
見た目からわかる通り、モソ系のかなりハード仕様。噛み切るのみそれなりに力を要するチャーシュー、最近は珍しいかも。ただ、ちょっと豚臭かったのは残念。
メンマは至って普通のタイプで、特筆すべき点はなし。
モヤシは茹でたものが少々。茹で具合はシャキ系。やっぱりモヤシは「かさ」を増やすのに非常に有用ですよね。ここらへんは腹を空かせた学生向けって感じかな。

麺量は170gということで、意外に量あったなぁ、という印象。
C/P的には。。。うーん、良好と言いたいところですが、かなり作りが「安っぽい」感wはあるので、まぁ値段なりという感じかな?スープを半分ほど飲んでごちそうさまでした。
ちなみに、飲み口が優しくスルスル飲めたこのスープ、やはりそれなりに脂が含まれていたようで、食後はズンと胃が重くなりましたw

トータルで見て、かなりチープでジャンクながら、クセになる要素を持った個性的な背脂・塩の一杯。
特に、独特のパスタ麺の存在感がなかなか面白かったですね〜。
意外にメニューも豊富っぽいし、ここはもうちょっとメニュー開拓してみたくなりました。再訪は確実ですw

--

山手ラーメン




関連ランキング:ラーメン | 駒場東大前駅神泉駅代々木公園駅


関連記事
コメント:
こんばんにゃ(酔っていますが・・・)
見た目はあまり良い印象が無いのですが、麺が美味しそう!
ちょっと酔ってみたくなりました。
ただ千里眼に足を延ばす可能性も・・・
って、和利道を蹴って・・・!スゴイですねぇ~

一升瓶のケース椅子。
これって呑み屋でよくありますね(^^)
で、座布団を上げると荷物入れ!ってな仕様・・・ナイスっす(^^)v
[2012/01/22 21:44] | はち #- | [edit]
>はちさん

こんにちは&コメありがとうございます!
めんつゆの味玉も気になります!w

>>見た目はあまり良い印象が無い

そうですねぇ。。。なんつーか、下手するとフードコートの塩ラーメンみたいに見えるかも(今日日のフードコートはもっと旨そうかもw)。。
麺はクニクニしたコンニャクっぽい?感じもして、なかなか面白かったです。

>>ケース椅子

確かに、居酒屋仕様ですねw机とかも、ケースに定尺ベニヤ貼っただけのトコもありますもんね。
まさかラーメン屋でこれに合うとは思いませんでした。でも意外にクッション性高いんですよw

ここまで来たら100mほどで千里眼なんで、そちらの方が引力が強いとは思いますが、こちらもなかなかオモシロ系なんで、気が向いたらぜひ!
[2012/01/23 10:27] | タム6000 #- | [edit]
はじめまして、ゐさんのBlogから辿り着きました(笑)
昔、城南地区に住んでいた時、夜中までやっていたのでよく行きました♪
最初はゆきばかり頼んでいたのですが、その後は焼きねぎラーメンにハマりそればっかり食べてました。あと、海鮮ちゃんぽんっていう全然ちゃんぽんじゃないのも辛いけど美味しい筈です。

では失礼します。
[2012/01/29 16:21] | westfive27 #- | [edit]
>westfive27さん

はじめまして&コメありがとうございます!

こちらのお店、なんか独特の魅力がありますよね〜。
夜遅くまでやってるし、近くに住んでたらすごく便利に使えそうです。

>>海鮮ちゃんぽん

メニューにはなかったと思うのですが、海鮮ラーメンと書いてあったやつでしょうか?

今回は初めてだったので「ゆき」食べてみましたが、焼きねぎもなかなか気になりますね。
何気にメニュー多いお店ですし、こりゃ再訪しなくては。。。

今後もまた遊びに来てくださいね〜!
[2012/01/29 16:39] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/718-7d21ae1a

<< topページへこのページの先頭へ >>