きみはんの焼きそば(野菜多め)700円@五反田・江戸前煮干中華そば きみはん

2011-12-06
早めにランチを食べ、なーんとなく小腹が減った15時。
おやつ代わりに何か軽いのを食べたいなぁ、とフラフラと五反田
おにやんまで肉うどんでも食べようと思っていたのですが(それが軽いかは置いといてw)、駅の高架下をくぐる際「きみはん」が見えました。

あ!そういえばこちらの焼きそばが未食だったんですよね~。
スープオフでなんとなく軽そうだし、こういう時でもないとこちらのお店で焼きそばは食べそうにないですよね。
・・・ということで、迷わず券売機で「焼きそば」をポチして店内へ。
ラーメンと同じ価格なので、やはり「せっかく来たのに」感はあるかなwまぁ近所だからこそできる外し技ですな。

KIMIHAN

平日15時到着。前客3、後客3。
オフタイムにしてはそこそこの客入り。通し営業やってくれるお店はうれしいですよね。
厨房は2名体制。

食券を提出すると、予想外の「野菜多めできますが?」コールタイムwそれはうれしい!当然答えはYESです。
焼きそばのオペレーションは、まずは麺茹でからスタート。
そう、こちらは蒸し麺ではなく茹でた中華麺を具と共に炒める、いわゆる「焼きラーメン」スタイルなんですよね。
中華鍋で先行して肉、野菜をジャージャー炒めが始まると、店内はラーメン屋らしからぬ香ばしい香りが。
麺上げ→湯切り→中華鍋へ投入→醤油ダレをかけて全体を馴染ませて皿に盛り、トッピングを載せて完成。8分ほどで着丼です。

KIMIHAN

おぉ!?なんか想像と違うルックス。
焼きそばということで、平皿に盛ってくるかと思いきや、ラーメンと同じ深めのドンブリにたっぷりの焼きそばwww
その上には野菜、そしてきみはん名物梅タケノコ、さらに焼きそばらしいトッピングとしては紅生姜と花鰹。

では、期待と共に麺を引き出してみましょう。

KIMIHAN

あら、いい感じの太麺ですね〜。
形状は平打ち縮れの中太麺。麺厚は厚く、強くうねったその姿は、一昔前の開化楼の麺のよう。
一口啜ると、うん、これ旨いっす!
加水は中〜高で、表面はツルンとしており、噛み締めるとムッチリネッチリという密度感ある噛み心地。
強いウネリから来るポコポコした食感も面白いですねぇ。焼きそばなのに、麺の味もしっかり感じられ、こいつは手抜き一切なしのいい麺ですよ。
こちらのお店、確かラーメンもつけ麺も細麺だったはずなので、この麺はもしや焼きそば専用?これはつけ麺にも文句なしで似合いそうです。

麺に絡められたタレは、おそらく醤油ラーメン用のカエシ。
従って、ソース焼きそばというよりは、醤油焼きうどんに近いですね。
塩気はちょうどいい塩梅で、香ばしい醤油の香りが鼻腔をくすぐります。
これ、醤油もいいけど、塩ラーメン用の塩ダレで作ってもかなり旨いんじゃないかなぁ。。。
天地返ししつつ頂いていきましょう。

KIMIHAN

麺と一緒に炒められた具材は、モヤシ、キャベツ、挽肉。
モヤキャベ比は9:1くらいかな。野菜多めの内容はほぼモヤシですが、焼きそばにモヤシが合わないわけがない。シャキシャキとした食感がナイスなアクセント。
ただ、もうちょっとキャベツを入れてもらった方がうれしいかも。。w
挽肉は豚ミンチ。意外にたっぷり入っていますが、個人的には焼きそばにはコマ肉が理想かな?

きみはん名物梅タケノコは、お馴染みの細切りでの提供。単品で食べると甘酢っぱい独特の風味とシャコシャコした食感が特徴的ですが、さすがに焼きそばではタレが強めに効いてるので、存在感は食感のみ。
紅生姜と花鰹はもう、鉄板ですね。焼きそば気分を最大に盛り上げてくれます。ここに青海苔とマヨがあれば完璧ですね。

うーん、でもやっぱり麺が決定的に異なるし、商品名は「焼きラーメン」の方が適切な気がしますね。むしろその方が売れそうですw某DBの人にウケそうだしw
また、このお店の店名にも掲げている「煮干」の演出が全くないのもちょっと惜しいかなぁ。
一応鰹で魚介の香りは付けているのですが、せめて魚粉でいいから「煮干」な演出があるとグッと訴求力のある商品になりそう。

途中、卓上の餃子ダレシリーズ(醤油、酢、ラー油)を回しがけると、一気に油そば風な雰囲気に。
うん、これまた面白いですね。こうなってくると、むしろ新馬場「」の焼きラーメンに近くなってきた感もありますよ。

ドンブリにたっぷり麺が入っているということで、麺量は200gオーバーかな。
なかなかの満足感でごちそうさまでした。おやつにはちょっとハイカロリーでしたw

トータルで見て、絶品中華麺を用いた焼きラーメンな一杯。
ポテンシャルは相当高く、食べる前は正直「焼きそばに700円出すのは抵抗あるなぁ」と思っていたのですが、オペレーション的にもひと手間増えてますし、食べてみると全然アリな味と主食級のボリュームでしたね。
きみはん、というかTETSUグループ全体でも中華鍋を備える店舗はここだけ(?)でしょうから、このために五反田に来る価値はアリかと。
夜は居酒屋風にも使えるこちらのお店、酒のお供としても十分機能しそうなメニューだと思います。

ただ、そのポテンシャルを生かせば、このお店ならではのキラーコンテンツになれるのに勿体無いなぁ、というのも正直な感想。
個人的には、塩ダレ+ニンニク+エグめの煮干油と化調あたりで武装し、名称を「焼き煮干ラーメン」とかにしたら、それこそ「ラヲタホイホイ」になると思うんですよね〜。
J系の焼きラーメンを提供する「」に対し、こちらはニボ系焼きラーメン!なんてことにならないかなぁ。。。

--

江戸前煮干中華そば きみはん 五反田店




関連ランキング:ラーメン | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅


関連記事
コメント:
どもです。
ここの焼きそばは気になってましたが、レポートは初めて見たかも。
なかなかうまそうな感じですね。
たしかに塩ダレがあるから塩味や煮干し味なんてものがあってもいいかも知れませんね。まるで桜台の破顔のように。
これは、そのうち食べておきたいですね〜。
[2011/12/06 16:12] | ぐっちおぐっち #- | [edit]
>ぐっちおぐっちさん

こんばんは&ありがとうございます!

>>レポートは初めて見たかも

そうですね〜。まぁさすがにラーメン屋ですし。。。
例のDBではグレーになっちゃいますしねw
ブログにしたのは、このメニューをレビューするためでもあります!ww

こちら、なかなかボリュームもあって、十分満足感ある一杯でしたね。
仰る通り、塩や煮干等であと一捻りすれば、かなりの看板メニューになり得るんじゃないかなぁと思います。

異色メニューですが、ぜひぜひ食べてみてください!
[2011/12/06 22:41] | タム6000 #- | [edit]
こんばんは!

醤油焼きうどん的な感じなんですね。
なかなかうまそう。

焼きラーメン化してくれるとありがたいんだけどなあ。
[2011/12/06 23:45] | イケ麺 #- | [edit]
どうも~

>おやつ代わりに何か軽いのを食べたいなぁ
いやいや、野菜増したら軽くないでしょ!w

確かにこれ、焼きラーメンと呼んでも差し支えないような感じですね。
もしかしたら、某DBでもグレーにならないんじゃないかな?って予想も。
醤油ラーメンのカエシで、ソースじゃないですしw
[2011/12/07 07:48] | corey #- | [edit]
鶯谷ではやってないのかなぁ。。。
あれば速攻なのにw
そしてあそこでレビューして、白か黒か試してみたいww
で結果グレー・・・って何だか分かりづらいですね(苦笑)
[2011/12/07 14:41] | おうじろう #- | [edit]
>イケ麺さん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>焼きラーメン化してくれるとありがたい

うーん、中華麺を茹でてるし、つけナポがOKならこちらもOKな気もしますよねぇ。。。w

こちら、麺がかなり旨いんで、満足度高かったですね。
夜限定とかでいいから、塩バージョン出してくれないかなぁ。。。

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!
公約通り行って来ましたよ!w

野菜増しは、J系と比べたら全然かわいいもんで、むしろ麺との量のバランスがよかったです。
まぁ味的には醤油焼きうどんですが、なかなか美味しいんで、機会あれば食べてみてほしいっすね。

>>グレーにならないんじゃないかな?

・・・ということで、ぜひレビューしてみてくださいw

--

>おうじろうさん

こんばんは&コメありがとうございます!

鶯谷にはおそらく中華鍋設備ないですよね?
やっぱりこっちに来てもらわないとw

このメニュー、確か昔は平皿に盛られたいかにも「焼きそば」だったようなんですが、丼バージョンになって、よりラーメンを意識しているのかも。

ぜひグレーに!じゃなかったwレビューはともかく、ぜひ食べてみてほしい旨さです!

[2011/12/07 20:37] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/679-e18c128a

<< topページへこのページの先頭へ >>