FC2ブログ

鶏煮干そば(700円)@大森・鶏煮干 三三七

2011-11-28
川崎の名店「」グループの中で、個人的には一番好きな「三三七」。
そのお店が都内初進出!しかも近所の大森に!?ということで、オープンをものすごく楽しみにしていたのでした。
さすが人気店、オープンするやいなや、かなりの行列だとのこと。
うーん、もうちょっと客足が落ち着いた頃に行こうかな、と思っていたんですが、あまおじさんのラーメン紀行さん、食べ歩記さん、その他RDBのお知り合いの報告を聞くたびにムズムズw

ということで、何を思ったか「オープン週の週末」という一番混むであろうタイミングに突撃w
休日13:50到着。一応ピークは外したつもりだったんですが店内満席で、行列は店外まで続いています。
お店がバス亭の前、かつ歩道幅が狭く、チャリも突っ込んでくることもあり、外待ちはかなり肩身が狭いですね。
今後もこの行列が続くようであれば、お店側も行列対応要員を置くなり、工夫する必要がありそうです。

とりあえず見える範囲では店外4名、店内5名の待ち。
行列に接続してから気付いたのですが、さらに店内には待ち客用ベンチがあり、そこに5名。。。計14名の行列orz

こちら、一人客優先ルールはないようで、連席希望のグループ客を人数分空くまで待たせる方式。
したがって、家族やグループ客が多いタイミングだとこうなっちゃうってことですね。
しかし、テーブル席含め客席自体は多いので、意外に回転は早いです。行列に接続後15分でカウンター席へ案内されました。

SANSANNANASANSANNANA

食券は行列に並ぶ際買っておくのがローカルルールっぽいです。食券提出は着席後。川崎店にはなかった「鶏煮干そば」の食券をニーハオ系な店員さんへ。
その際「細イ麺ト太イ麺、エラベマスガ?」とのこと。ほぉ、川崎では聞かれたことのないフレーズですな。
細麺は「とろりそば」で使っている博多風のポキポキ麺のことらしいので、太麺でお願いします。
ちなみに、三三七では個人的にマストアイテムである「鶏皮」は品切れ表示orz

厨房は広く、奥には仕込み用の大きな寸胴が何本も。スタッフは7名。
なかなか大所帯ですが、声を出してきっちり連携しております。

待つこと10分ほどで着丼。
配膳ミスで、一旦奥のテーブル席に行ったものがスルーされてこちらへorz

SANSANNANA

お、なんか三三七っぽくないルックスですね。
基本的にどのメニューも、ライトグレイの煮干し油が載っているのがこちらのお店の特徴だと記憶しているのですが、こちらの色味は明るいブラウン。
しかし油層の厚さは川崎と同じくらい。表面にはキラキラした煮干粉が大量に浮かんでいます。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、刻み海苔にゴマ。ここも川崎と違いますな。

では、スープを一口。
・・・あれ、甘い!?
先行した方によっては「かなり甘い」との評もあり「いやいや、まさかそんなことないっしょ〜」と思ってましたが、確かにカエシの甘みが相当グイグイ来ます。
味的には、ベースに濃厚な鶏白湯、そこに煮干出汁と煮干粉で強烈なニボフレーバー追加、という構成。
粘度はそれほど高くないですが、トロミはしっかりあり、なかなか重量感あります。また、表面の鶏油にはすでに膜が張っているというコラーゲンっぷりが凄いなぁw
三三七らしく、煮干成分は当然かなり強め。苦味や酸味はないものの、今日は青魚特有の臭みが強かったのが印象的。まぁ、数口啜ると気にならなくはなりますが。
そして、何より特徴的なのがこのカエシですね。ザラメ系の明確な甘さが口中に広がります。
この甘しょっぱい感じと青魚の香り。。。「みりん干し」と形容される方がいたのも妙に納得w
川崎のスープは、どちらかというと強めの塩気が先行する印象だったのですが、だいぶチューニングが異なる印象。
強い甘さに対抗するためか、実際は塩気もかなり強め。甘辛酸の「甘辛」が共にパラメータ振り切ってる感があり、全体的にかなり「濃い味」。油も多目なので、意外にヘヴィですね。
こちらでもう一つの汁そばである「とろりそば」も鶏白湯+煮干し油という構成なはずなんで、こちらとどう差別化されているのかが気になります。これより濃厚だとするとすごそうだなぁ。

SANSANNANA

麺は中太角断面で緩い縮れ。茹で具合はジャスト。
加水は高めで、いわゆるモチプリ系の歯応えが特徴的。麺味もしっかり感じられ、最後までダレずにいただけるとても美味しい麺ですね。
つけ麺の方を見てみると、麺が川崎のお店より細いみたいです。こちらの麺と形状は同じっぽいのですが、つけ麺は全粒粉入り、こちらは入ってないので、使い分けてるようですな。
スープのトロミがそれなりに強いので、麺との絡みは十分。細麺だとスープの個性に負けちゃうかもしれないので、太麺チョイスが正解かな?

チャーシューは、小ぶりなバラブロック煮豚スライスが3枚。柔らかくジューシーな仕上がり、肉の旨味もしっかり閉じ込められ旨いです。

SANSANNANA

メンマは細切りのものが意外に大量に載ってました。コリッとした食感とクセのない仕上がりがまずまずの印象。
海苔は、ラーメン屋にしては珍しく刻み海苔。食べやすいんだけど、白ゴマと共に、スープの甘みを助長しちゃう感じがしました。ネギはスープが強すぎてイマイチ薬味感を発揮できず。

麺量は体感160gくらいかな?スープが重たいので、十分満足感は得られますね。
具もそこそこ豪華だし、立地を考えればC/Pは上々。スープを半分ほど飲み干してごちそうさまでした。
お店を出る際は、外待ちこそいませんでしたが、常時待ち客キープという感じで、滑り出しは順調、といった所でしょうか?
新店ラッシュの続く大森で、長く続いてほしいですね。

トータルで見て、煮干しと鶏の個性だけでなく、その「甘み」をフックに構成されたスープが特徴的な一杯。具も含め、川崎三三七とはだいぶチューニングを変えてきた印象を持ちました。
このメニューのみの特別演出なのか、川崎でも提供されているメニューも同様に「大森チューン」になっているのか気になります。
こりゃ、また近いうちに再訪問して「とろりそば」食べてみななくちゃですね。次回は鶏皮が売れ切れてませんように。

--

鶏煮干し 三三七




関連ランキング:つけ麺 | 大森駅大森海岸駅


関連記事
コメント:
どもです。
こちらは、是非とも再訪問して、
ラーメン食べたいですね。
絶対ラーメンの方がうまいと思うので。
しかし、日に日に行列が増しているのが難点です、
[2011/11/28 21:37] | ぐっちおぐっち #- | [edit]
タム6000さん こんばんは!

ここはRDBの皆さんオープンと同時に行ってましたね。

ここにはそのうち行きますね。
[2011/11/28 23:00] | ヨコベー #lZFHskt2 | [edit]
最近、大盛りが熱いなんて知りませんでした。
ここなら、少しの遠回りでも足を伸ばせそうです。
鶏煮干し!自分にとっては新しい分野ですので楽しみです。
[2011/11/28 23:25] | とまそん #- | [edit]
ども~~。
実は狙っています(*^_^*)
玉を食した時「なかなかレベル高いじゃない!」という感想でした。
まぁ~三三㐂に先に酔ってしまって、玉が2番目という事でしたが(^_^;)
赤備に酔ってませんが、こちらが先かな?!

甘味はちょっと苦手なのですが、私にはどのように感じるのか?
その辺りも興味あります!
ニボニボと期待するよりも玉系と思った方が良さそうですね。
[2011/11/29 06:34] | はち #- | [edit]
>ぐっちおぐっちさん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちら、川崎のお店ともちょっと趣向を変えているような印象でした。
でも、これはこれで旨かったかな。
次回は「とろり」を食べてみる予定っす。

>>日に日に行列が増している

うーん、そうですね。落ち着くまではもうちょっとかかるかな?
でも通し営業なんで、ピークを外せば大丈夫かと。スープ切れ閉店ってのがリスキーですが。。。

--

>ヨコベーさん

こんにちは&コメありがとうございます!

いや〜、あのメンツの中で何人行ったんでしょうかねw
さすが地元に対する感心は高いっすね!

川崎のお店とはまた違った味なんで、ぜひぜひ食べてみてほしいっす!

--

>とまそんさん

こんにちは&コメありがとうございます!

最近大森、蒲田あたり城南エリアが熱いんですよね〜。
京浜東北でランチタイム遠征。。。できますか?w

あくまで現時点の感想ですが、三三七は川崎の方がオススメかなぁ。。でもここもかなり個性的な一杯が食べられますよ。
鶏白湯+煮干と言ってすぐに頭に思い浮かぶのは「凪」や「風雲児」なんですが、そことは全然違ったアプローチで、表現方法ってたくさんあるなぁ、とw

--

>はちさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>玉系

うーん、玉は豚骨ベジポタな感じなんで、ちょっと違うかもですが、あのどっしりした濃度感はグループ共通ですね。
川崎の味とはちょっと違うアレンジですが、これはこれで面白いと思いますよ。

改めて全メニュー制覇せんとなぁ。。はちさんもぜひ食べてみてください!
[2011/11/29 10:25] | タム6000 #- | [edit]
ども~

三三七の大森出店は朗報です!
年内中に追随しますよぉ~

[2011/11/29 10:41] | Y #- | [edit]
こんにちは。

先日、僕も同じメニューを食べてきました!
確かに、少し甘さはありましたが、それほど気にはならなかったですね~。
それより、酸味が結構強かったですよ。
その時、風邪を引いていたので、カエシの酸味なのか、煮干のエグミなのかは、
ハッキリと判断できませんでしたが・・・。(^^;
僕も近いうちにとろりそばをいただきに再訪する予定です。(^^)
[2011/11/29 12:56] | おさっても #- | [edit]
どうも~

大森も川崎も、自分からすると大きく変わりは無いですが…w
まぁ、極々若干ですけど行きやすくはなったかな?ww

これは結構クラシカルな雰囲気も漂いますね。
うーん、最初は別のメニューかな?
「とろりそば」か「つけめん」あたりにでも。
[2011/11/29 12:59] | corey #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

いやぁ、大森に来てくれてかなりうれしいっすよね〜。
川崎とはちょっとチューニングが異なってるようなんで、改めて全メニュー制覇しないといかんようですw

ぜひぜひ食べてみてください!

--

>おさってもさん

こんばんは&コメありがとうございます!
この前はお会いできなくて残念でした〜orz

あら、甘みが気にならなかったですか?しかも酸味ですか!
うーん、みんな言うことが違うしwいろんな捉え方ができるスープなんですかねぇ。
それともスープが安定してないだけなのか。。。いずれにせよ、他のメニューも食べてみないとです!

それにしても大森、盛り上がってますね。
チャリ圏内に旨いお店が増えるのは大歓迎です!

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

うーん、そうっすね。
遠征してくる方にとっては、京浜東北線で2駅しか変わらんですもんね。。
僕の場合、チャリでの行動範囲がだいたい多摩川までなんでw、この駅の差はかなり大きいのですw

>>クラシカルな雰囲気

うん、そう言われたらそんな感じもしてきましたw
見た目的にも、これまでの三三七とちょっと変わった感じですよね。ただスープは相変わらずコッテリ系ですがw
レギュラーメニューがどうなったのか、確認する必要がありますね〜。

大森は連食候補のお店もたくさんあるし、おいでませ城南!w
[2011/11/29 22:48] | タム6000 #- | [edit]
こんばんは!

豪快家の時より通路が狭くなったような気がしますね。川崎の方も狭いですが。

鶏皮は常時売り切れてる気がしますが何とかしてほしいですよね。
[2011/12/01 00:29] | イケ麺 #- | [edit]
>イケ麺さん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>豪快家の時より通路が狭くなった

そうですね、その分厨房を広く取ってるのかな?
あと、カウンターと椅子が両方かなり高くなってて、結構食べづらかったです。。

>>鶏皮

開店日にはあったらしいんですけどね〜。
あれがないと三三七らしさが半減しちゃう名物トッピングなんで、ぜひ常時提供してほしいっすね!
[2011/12/01 20:58] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/673-7722983f

<< topページへこのページの先頭へ >>