FC2ブログ

味噌ラーメン(野菜大盛、ニンニク) 750円@野方・味噌麺処 花道

2009-12-09
HANAMICHI

寒い夜、味噌ラーメンでも食って温まろうと、味噌で評価が高いこのお店へ。
平日19:30到着。店内は満席、待ち4、後客4。小さいお店ですが賑わっていますね。

店内はニンニクや野菜をラードで炒めるいい香りで充満。これは期待できそう。
味噌が気になったのですが、まずは素の味を味わおうとデフォの味噌ラーメンの食券を。
店員さんに食券を渡すタイミングで、野菜大盛、ニンニクありでお願いします。

10分ほどで着席し、まもなくお盆に載せられたラーメンが着丼。

味噌ラーメンということで、オレンジ色の濃い濁ったスープの色を想像していたのですが、思ったより白っぽい。
なるほど、白味噌仕立てなんですね。
スープの上には、山盛りの炒めモヤシ、大ぶりのチャーシュー2枚、メンマ3枚。

さて、スープを一口。
・・・ん?ぬるいですね。純連みたいな火傷するような熱さを期待していたんだけど。
そういえば、諸先輩方のレポによれば、よく混ぜればよいと書いてあった気が。
ということで、麺を引き出しつつよく混ぜます。Jでいう「天地返し」っぽい要領ですな。
スープは温いですが麺はかなり熱々なので、全体をよく混ぜることによって温度が均一になります。
また、モヤシを炒めたラードが全体に回ることで、スープの乳化が進み、風味もまろやかになってくるっぽい。
このお店、「まず混ぜろ」なんですね。

さて、適温になったスープを改めて一口。
おー、こういう立て付けで来ましたか。
豚骨&鶏ガラの太く丸いボトムに野菜炒めの旨みを載せ、ミドルを甘い白味噌で風味付け。
さらにラードで乳化させたトロンとしたスープ。
味噌というと、鶏がらスープ+野菜の旨み+ラード+合わせ味噌という組み合わせが定番かと思いますが、豚骨の出汁を主軸に据えた部分がココの個性なんですね。
味付けはかなり濃い目でオイリー。ショッパー&アブラーにはたまりませんが、濃すぎと感じる方も多そう。
パッと頭に浮かんだのは、「家系を醤油ダレでなく白味噌で作ったらこんな感じになるんじゃないか?」という印象。
石神井の「濃菜麺 井の庄」的なニュアンスもありかも。
とにかく、なかなかお目にかかれない味ではあります。

さて、この濃厚スープに立ち向かう麺は、緩くウェーブした極太麺。
もっちりシコシコとした歯ざわりで、スープの絡みもいいですね。

具は、まずはモヤシと少量のニラ。
中華鍋でスープと共にあおったクタクタのものと、麺の上に載るシャキシャキとしたものの2タイプあるようです。
クタクタの方はスープといい感じに同化し、麺と一緒にすすれるウマウマなもの。
シャキの方は、軽く炒めてあるようですが、特に熱くもなく、実際ほとんど生に近かったかもw
「シャキ」というより「バキ」に近い食感でした。従って臭みが抜けず、スープによく浸けないとちょっとキツかったです。

チャーシューは大ぶりの厚さ1cmくらいのものが2枚。脂身半分、赤身半分という感じ。
最初は固め温めですが、スープに浸けることによって、トロトロ豚になります。スープの味が濃かったこともあり、味付けは薄めに感じました。
メンマも同じく厚く大ぶりのもの。歯ごたえ固めで味付けはかなり薄め。
こちらも最後までスープに浸けておいたところ、柔らかくおいしいものになりました。

中盤から別皿のニンニクを全量投入。
スープが強いので強烈なインパクトというわけでもないですが、パンチある香りが漂い、さらなる食欲をそそりますね。
また、卓上の一味を大さじ山盛り一杯ほど入れると、ビリッときてまたいい感じ。
ここのラーメン、辛い方がうまいのかもしれない。

丼が小さかったので「大盛りにすればよかったかな?」と思っていたのですが、麺量はともかく、意外と多いモヤシとオイリーなスープでお腹イッパイに。

トータルで見て、なかなかおいしい「ニューウェーブ味噌ラーメン」と感じました。
C/Pもいいし、それほど並ばず食べられたのも好印象。

・・・ただしこの評価「具を含め全部よく混ぜながら食べる」ことが大前提となります(おそらく、高評価されている方は無意識にやられているのかと思います)ので、これから訪問する方はご注意を!

次回は辛味噌をいただいてみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/67-183cc5c2

<< topページへこのページの先頭へ >>