FC2ブログ

カラカラブットイメン(850円)@大泉学園・トリシオブットイメン

2011-11-22
先日、限定メニューである「ボロソースまぜそば」を頂きかなり満足度が高かったこちらのお店。
そういえば、ちょっと前の商品リニューアル以降限定ばかり食べており、レギュラーを食べていなかったことに気付きました。
ということで、夏のキャンペーン丼の受け取りがてら、レギュラーを頂いてみようと大泉の駅に降り立ちます。

平日18:15到着。前客0、後客0。
先日の昼の部は盛況でしたが、やはり夜は空いてますねぇ。。
また、店内に入った瞬間、ちょっと気になる匂いが。。。排水周り大丈夫かな?
どうもこの物件、あまりいい「気」じゃない気がします。たぶん気のせいですけどw

今日はなんとなくパンチのあるのが食べたかったので、「カラカラブットイメン」のボタンをポチ。
あ、そういや井の庄HD伝統の「辛辛」シリーズ自体初挑戦!
辛いのは得意ですが、大丈夫かな?

食券を出すタイミングで、「このメニューは大変辛いので辛さ控えめにもできますが?」とヒアリング。
ちょっとビビりますが、普通でお願いします。

厨房は店長さん一名体制。
麺を茹でる間、野菜とスープを小鍋で合わせて煮込んでいます。なるほど、タンメン的製法なのですね。
茹で上がった麺を丼に投入し、その上から、スープと野菜を入れ、いかにも激辛なラー油的なものをレードル4杯!さらにとろみ餡、チャーシューを載せたら完成→7分ほどで着丼。

TORISHIO-BUTTOIMEN

おぉ、なかなか旨そうなルックス!
スープは分かりやすい3エリア構成で、ベーススープエリア、そぼろ餡エリア、そして辛辛エリア。
チャーシューに隠れて見えづらいですが、実はその下にタップリの茹で野菜。チャーシューはかなり大ぶりなものが2枚も。その上にはネギ。
丼の縁には何か赤いペーストが付けられています。

では。まずはベーススープから一口。
・・・お、なかなか濃いですね~!
リニューアル前のトリシオブットイメンのスープは、淡白なサラサラ清湯だった記憶があるのですが、こちらはトロリとした白湯。
鶏の旨味がミッチリと凝縮されているだけではなく、タンメン的製法により野菜の甘みもしっかり移され、かなりの旨味濃度です。
昆布等の乾物系の旨みも感じる醤油ダレは、塩カドが尖らず、まろやかなタイプ。
うん、練馬の「濃菜麺」を鶏で作った感じとも言えますが、どことなく「トナリ」を匂わせる濃厚タンメンとも言えるかな?これ結構好きですよ。

次は餡エリア。
カラカラブットイメンの場合は、ふろふき大根は入らず、そぼろ餡のみなのですね。
ほんのりと生姜が香る餡は、それ自体はとてもおいしいのですが、濃厚なベーススープの前ではちょっと存在感が薄いかな?
最終的に「カラカラ」を混ぜ込んでしまうことも考えると、正直不要かもしれないですね。

そして期待のカラカラエリア!
前述の通り、井の庄HDの辛辛は初体験だったので、中本北極レベルだったら次の日つらいかも。。と思いつつ一口。
・・・あ、全然イケましたw
ラー油的な辛味は、確かに唐辛子の刺激はビリビリと来ますが、咽るほどではなく普通に啜れますwまた、スープ自体の旨みも相当強いので、いい感じでバランスしてくれますね。
ジワリと汗は出るものの、レンゲが止まらない辛ウマスープですねぇ。
唐辛子は粉末のジャリジャリしたものがたっぷり。なんとなくナッツ系の香ばしい香りも?
このスープ、おそらくオプションのニンニク投入で思いっきり化けてくれそうですね。

TORISHIO-BUTTOIMEN

麺はこちらではおなじみの「ブットイメン」。
角断面の極太ストレート、加水は低めで茹で具合は固め。
ゴワッとした口当たり、弾力は弱めでゴリッと噛み切る密度感。なかなか面白い麺ですね~。この濃いスープに非常にマッチしていると思います。
というか、先日の「限定うどん」の麺よりよっぽどうどんっぽい気がします(かんすいが入ったことでかなりコシが強くなっているし)w

具はなかなか豪華。
まず目に付くのはチャーシュー。豚と鶏、それぞれかなり分厚く大ぶりなものが1枚ずつ載っています。

TORISHIO-BUTTOIMEN

豚はバラブロック、鶏はモモかな。両者ともムッチリしたジューシーな食感、しっかりした味付けで非常に旨い!
そして、スープで煮込まれた野菜は、キャベツ、細めのモヤシ、銀杏に切られたニンジン、そしてスライスマッシュルームが珍しいです。
茹で具合はかなりクタ系ですが、麺と一緒に啜るにはこのくらいでちょうどいいです。マッシュルームのムニッとした食感も楽しいなぁ。
というか、この一杯、もしかしたらチャーシューをやめて、この茹で野菜の中に豚バラをたっぷり入れても美味しそうですね。
野菜の上には白ネギの斜め切り。シャキシャキとした歯応えと辛みが、まったり辛旨スープに絶妙のアクセントを付けてくれます。

丼の縁の付けられたペーストは、ん?コレ何だろう?
どこかで食べたことがある味なのですが、モノが思い出せません。。。ビリッとした痺れ系の辛みと酸味。
うーん、これは中華系の醤だったっけな、それともハバネロペースト?
この時点ではスープ全体にカラカラが回っており、それなりに辛いスープになっているので、このペーストを入れてもガラッと変わるわけではないですね。
ただ、独特のフルーティーな刺激が面白いことは確か。これはむしろレギュラーメニューの味変に使いたいかも。

麺量は200g程度かな?スープの重さに対し、ちょっと麺が少なめの印象でしたね。C/Pはまぁまぁ。
固形物を完食した後も、絶妙に香ばしく辛旨なスープにレンゲが止まらず、汗だくになりつつごちそうさま。

トータルで見て、井の庄タンメンに自慢の「辛辛」を加えた、独自の魅力溢れるハイレベルな一杯。
練馬の濃菜麺も確か今風タンメンをインスパイアしていたかと思うのですが、あちらは家系テイストがベースになっているし、差別化はできているかな?
ベーススープがなかなか気に入ったので、この「辛辛抜き」も楽しんでみたいですね。って、それが新作「濃厚トリソバ」?

個人的には、辛辛が思ったほど強くなく、十分「日常使い」できそうだな、という感触が得られたのも収穫でした。
これまでなんとなく避けてきた石神井や練馬の「辛辛シリーズ」も食べてみなくちゃ!

--

トリシオブットイメン 井の庄




関連ランキング:ラーメン | 大泉学園駅


関連記事
コメント:
こんばんはー

なんか少し印象が変わったような・・・
リニューアル直後に同メニューをいただいたんですがその時は「トリシオブットイメン」と同じスープだった気がします。
>丼の縁の付けられたペースト
↑これも無かったなぁ。
知らないうちに改良が加えられてたらしいですねw

練馬の辛辛は基本的にはコチラと同じような感じです。
本店はラー油風ではなくダイレクトに唐辛子なのでレベル的にも一番辛かったですね。
[2011/11/22 21:53] | 秋 #- | [edit]
どもです。

あれ、リニューアルしてだいぶ変わったんですね。半年以上ご無沙汰なので確かめにいかないと。
辛辛で是非いきたいですね。
明日は、今日ふられた浜屋のつもりでしたが、ここと悩みます……
[2011/11/22 22:32] | ぐっちおぐっち #- | [edit]
どうも~

自分もリニューアルしてからは限定しか食べていませんw
そりゃあ、あれだけ頻発されるとww

これは確かに練馬と同じ辛味のようですね。
スープもドロッと濃そうですし、辛味との融合は結構良さそうです。
で、本店の辛辛魚は秋さんも仰られている通り、レベルが違いますw
唐辛子と魚粉のブレンドなので、ダイレクトに辛味が来ますよ。
まぁ、食べられないことは無いとは思いますが…。
[2011/11/23 03:04] | corey #- | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

あら、以前は清湯スープだったんですか?
しかも辛味ペーストもなかったんですね〜。
地味にマイナーチェンジ繰り返してるようで、しかもそれを告知しないのが奥ゆかしいというか。。w
なにげに定期観測が必要なお店っすねぇ。

>>ダイレクトに唐辛子

確かに、写真見ると山のように盛ってありますよね。。
やはり本店は桁が違うのか。。いつか試してみたいですw

--

>ぐっちおぐっちさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですね〜、こちら、いつの間にバージョンアップしてるっぽいですよ。
このお店、これまでは清湯なイメージだったんですが、濃厚タンメンっぽい雰囲気に仕上がってたんで、ぐっちさんが気に入りそうですw

ぜひぜひ食べてみてください!

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

練馬はもちろん、こちらも限定多いですからねぇ。。
鶏の穴とかもそうですが、どうしてもレギュラーがおろそかになってしまいますよねw

で、こちら、なかなか面白い感じにリニューアルされてました。
かなり旨かったんで、限定がない時にでも、ぜひ食べてみてほしいっす。

>>レベルが違います

なるほど。。。本店はちょっと気合が必要っぽいですね。。。
まずは濃菜麺の辛いやつからやっつけて行こうかな?

[2011/11/23 13:53] | タム6000 #- | [edit]
どもです!

>井の庄流タンメンに自慢の「辛辛」を加えた、独自の魅力溢れるハイレベルな一杯。
なるほどぉ~
辛ものはあまり得意ではありませんが、
微調整しながら食べてみたいですねぇ~
[2011/11/24 09:51] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんんちは&コメありがとうございます!

こちら、ベーススープが白湯になって、かなり雰囲気変わったんじゃないかなぁ。
辛味を控えめにすれば、スープの鶏と野菜の甘みがしっかり感じられて、おいしいと思いますよ。

近辺に来られるチャンスがあれば、ぜひ試していただきたいっす!
[2011/11/24 11:40] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/668-70f1893f

<< topページへこのページの先頭へ >>