FC2ブログ

中華蕎麦(680円)@池袋・浮浪雲

2011-10-27
今日の早めのランチは池袋
ホルモンラーメンを出すという新店が気になっていたのですが、某筋の情報wから、開店直後の時間帯は避けた方が無難と判断。
ということで、以前「桑田」があったお店に居抜きで入った新店へGo。

こちら、やはり立地がネックですね。
池袋駅起点で考えると、東池袋大勝軒や北池袋のまるきゅうまで歩くのと同じくらいの距離感(あくまで感覚です)。
しかも、大通りから一本筋に入り、見通しの悪いカーブのちょうど死角になっているところにお店があるもんだから、大通りを歩いていてもまず気付かない。
まぁ、そこらへんが隠れ家的でいいっちゃいいのですが、ラーメン屋としてはかなり苦しい場所であることには違いないです。

平日11:05到着。
おぉ、サザンな「桑田」とはガラッと雰囲気を変えてきましたねぇ。民芸調の渋い佇まい。ラーメン屋というよりは蕎麦屋に近いルックスです。

HAGURE-GUMO

大きな暖簾を上げ、カラカラと引き戸を開けて店内へ。前客0、後客0。
メニューはシンプルで、つけ蕎麦と中華蕎麦、それぞれ並、大盛、特盛のボタン並びます。
並、大盛、特盛同料金ってのはなかなか良心的ですね~。今日はデフォの「中華蕎麦」の並の食券をポチ。

HAGURE-GUMOHAGURE-GUMO

カウンターへ座ろうとすると、「テーブル席どうぞ」との声。
こういう気遣いはうれしいですね!ではお言葉に甘えてテーブルへ。
食券を出し、卓上の薀蓄を読みながら待ちます。スープは鶏白湯+3種の魚介、という構成のようです。
店内には製麺機があり、周囲には小麦の粉が散乱w自家製麺なんですね。厨房は若い男性2名でのオペレーション。
BGMは三味線フュージョンみたいな、ちょっと変わった曲。これアルバムだなぁwこの雰囲気と合っているような合っていないような。。。ちょい微妙w

待つこと5分ほどで着丼です。
見た目的には、いわゆる豚骨魚介なルックス。魚介のいい香りが鼻に抜けますね。
濃い目の茶濁のスープには、表面にちょい多めの油層。具はシンプルで、チャーシュー、ネギ、メンマ、ナルト。

HAGURE-GUMO

では、レンゲを取ってスープから。
うん、なかなか旨いですよ。
構成としては、鶏白湯のポッテリした柔らかいベースに、魚粉ではなくしっかり出した魚介出汁を合わせた仕様。魚介は3種ということですが、鰹節、鯖節、煮干しあたり?
動物と魚介のバランスは、魚介がかなり前面に出てくる感じですね。節系のちょっとダークで豊かな旨味に、煮干しの青魚風味なクセを旨く合わせています。
醤油ダレは切れ味系のタイプではなく、まろみの強いもの。刺々しい塩気はなく、醤油の香りが立ちますね。
表面の液体油層はちょい厚めで、口当たりはモッタリした感じ。
この手の一杯、基本的には豚骨のカッチリしたコクをベースに魚介を合わせるのがお作法だと思うのですが、こちらは鶏白湯ベースということで、キレはないけれど、まろやか~で旨いバランス型スープだと思います。
ただ、スープが最初から温かったのが唯一残念なところ。

麺は中細丸断面ストレート。
ところで、旨い麺って「箸で持った瞬間にわかる」ような気がします。いわゆる「麺のハリ」ってやつですね。
こちらの麺は、そういった意味ではちょい残念な感じ。立ち食い蕎麦屋の茹ですぎた蕎麦のように、箸で掴んだ瞬間シナッ、ダラーンとなっちゃって、どうもハリがありません。
噛み心地もグニッとした柔らかいもので、弾力、密度感共に弱いですね。そもそも茹で時間長すぎるんじゃないかなぁ。。。麺味はいいのですが、いかんせん食感がイマイチかなぁ。後半はさらにダレてきてしまい、ちょい残念。
自分で配合を試行錯誤できる自家製麺ということで、ここは改善の余地があると思いますね。
個人的には、このスープなら、エッジの効いたパツンとした麺を食べたいなぁ。旨い製麺所の麺を買ってみるなどして研究した方がいいかもしれません。

HAGURE-GUMO

チャーシューは、ロース系煮豚のスライス。ちょいレアチャータイプなのが特徴。
しかし、レアチャーにしたことによるマイナスポイントが出てしまっているというか、ちょっと肉の匂い的にイマイチでした。
このスープには、ホロチャーよりはハードタイプの方が似合うはずなので、路線は間違ってないはず。あとは仕上げに課題アリかな。
ネギは白ネギの斜め切り。シャキッとした歯ごたえと辛味が、この和風スープにはピッタリマッチング。
メンマはコリコリとしたジャストな食感で、味付けは可もなく不可もなく。箸休めとしては有効に機能します。

終盤、スープがちょっと濃い気がしたので、卓上にあったつけ麺用のスープ割をちょい投入。
お、珍しいですね~、昆布出汁のスープ割です。これ、ラーメンに入れても旨味が強くなっていい感じで。

麺量は180gということで、必要十分。大盛特盛同料金ということで、C/P的には良好。
ただ、この麺がこれ以上あっても、スープの中で伸びてくっついてデロデロになっちゃうリスクはあるかも。

トータルで見て、「よくある味」ながら非常にバランスのいい良作鶏魚スープが印象的な一杯。
ただ、それ以外の要素、特に麺に関しては、改善の余地ありかなぁ。
立地は厳しいですが、店の雰囲気はとてもいいし、伸びシロはあるお店だと思うので、今後のブラッシュアップに期待したいと思います。
次回はつけ麺をいただいてみようかな。

--

浮浪雲




関連ランキング:ラーメン | 雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅都電雑司ケ谷駅


関連記事
コメント:
おぉ〜、ありがたやありがたや。
ここは、近いから気になってるんですよ。
しかし、自家製麺なのに麺が残念なのは、痛いですね。
初陣は、つけでいきたいです。
[2011/10/28 00:20] | ぐっちおぐっち #- | [edit]
こんにちはー。

これどこだろうと思ったらあそこですか。
「桑田」も好きだったんですが…。
鶏白湯ベースというのはなかなか興味深いですね。
今後の伸びに期待です。
[2011/10/28 10:36] | かのう #- | [edit]
どもです!

へぇ~全くノーマークでしたよ!
斬新さはないのかもしれませんが、
安定した味わいは、及第点の満足感が得られそうです。
[2011/10/28 16:07] | Y #- | [edit]
>ぐっちおぐっちさん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちら、意外にネット上にレビュー上がってないんですよね。。
やはり場所が場所だけに、あまり注目されてないのかなぁ。。

今回は麺はちょい残念でしたが、スープはなかなかよかったし、今後が楽しみなお店です。
場所的ハンデに負けずにがんばってほしいっすね。

つけ麺の麺はしっかりしてるといいですね。レビュー楽しみにしてます!

--

>かのうさん

こんばんは&コメありがとうございます!

桑田、結局1度しか行けなかったんですよね。。
確か抹茶と笹蒲が特徴的だったような。。。また食べたかったです。

で、こちら。
お店の面構えも素敵ですし、ラーメンもそこそこいい出来でしたよ。
自家製麺ということで、今後試行錯誤していい麺を作ってほしいですね。
今後に期待です!ぜひ食べてみてください。

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちら、場所的にかなりわかりづらい所にあるんで、意外とみんな見過ごしてるんですよね。。
新店なのにスープの品質はなかなか安定してましたし、価格的にもがんばってると思います。
麺をもっといいモノにすれば、結構人気出ると思いますね〜。
がんばってほしいお店です!


[2011/10/28 20:06] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/644-04fe2d78

<< topページへこのページの先頭へ >>