FC2ブログ

【特別編】豚丼・梅(1050円)@帯広・ぱんちょう

2011-10-19
【今回は非ラーメン】

北海道(小さく)一周旅行での一日。
前日のジンギスカンに引き続き、帯広では肉を食いまくりますよぉ〜。ということで、十勝といえば豚丼

こちらのお店、帯広豚丼の元祖と言われる老舗だそうです。
本当は「とん田」に行くつもりだったのだけれど、ちょうど開店時間に帯広の駅周辺にいたこともあり、せっかくだから元祖のお店に行くか、と駅前のお店へ向かいます。
11時開店ということだったので、10:45に到着すると、お店の前には誰もいません。
お!ポールポジションじゃん!ラーメン屋以外でシャッターするなんて。。。と思いつつよく見ると「本日は11:30開店」との貼り紙。

あら~、では六花亭と柳月でお土産を買って、11:25に再度お店へ。
・・・っておい!すごい行列になってんじゃんw
開店前のお店の前には、既に30名ほどの行列が。

RIMG0597

しかし、食べログによれば席は34席。であればファーストロットに入れるでしょう、と行列へ接続。
11:30ジャストに開門→既に先行で肉を焼き始めた香ばしい香りが充満する店内へ。当然テーブルは相席です。

店内はホール係のおばちゃんが4名くらい。
愛想はほぼないですが、所詮B級グルメですし、テキパキ動いてくれるので全然OK。
また、小さいお子様連れには、ちゃんと取り皿とスプーンフォーク等を出してくれており、やることはきちんとやってくれます。

ちなみにこちらの豚丼は、松→竹→梅というメニュー構成。ご飯の量は同じで、肉の枚数が増えますと説明されます。
つーか、それぞれ何枚なのかを教えて欲しいんですけどね(改めて聞くと、松が4枚、竹が5枚、梅が6枚とのこと←うろ覚え)。
松ではなく梅が最上級グレードなのは、女将さんが「梅さん」だからなんだそうなw
B級グルメとしては異例の1000円超えですが、せっかくだし、梅を頂きましょう。

ちなみに味噌汁は別売り。
けっこう押しの強いリコメンドがありますが、わかめ180円、なめこ200円という高級価格!
50円くらいだったら付けるけど(吉野家かw)、さすがにその値段はぼったくりだなぁ、と却下。

RIMG0598

オーダー後、30分ほど待って、ようやく着丼です。
既に蓋から肉がはみ出ており、その芳しいタレの香りと共に、なかなかにテンション上がりまくりです!

RIMG0599

蓋を取ると・・・肉ドーン!

RIMG0600

かなり厚めの豚ロースが6枚。炭とタレの香りが漂い、テラテラと光る肉に食欲MAX。グリーンピースは正直不要かなw
では、肉から一口。

・・・うん。旨いですね~。
ロース肉は思ったよりしっかりした肉質で、逆に言うと噛み切るのにそれなりに力がいるタイプ。
お上品に食べたい方には不向きで、口の周りにタレが付くのを気にせずエイヤと噛み切る、という感じですね。
肉の脂身もしっかりあり、焼きはジューシーで旨味は十分。そしてタレは、色の割に意外に薄味。
というか、もっとザラメべったりの下品な味を期待していたのですが(鰻のタレだと三島うなよしが好き)、意外にサラリとしており、甘さを抑えてキリッと醤油が香るタイプなんですね。
そして、むしろタレの風味よりも強いのは、炭の香ばしい香り。このスモーキーな風味付けがこのお店の特徴なんですかね~。
個人的には、胸焼けするほどの演出を期待していった割には、サクサクと食べ進められたのがちょっと拍子抜け。でも十分旨いです!

RIMG0603

ご飯はしっかり固めに炊けており、タレを吸った米がまたたまらん旨さ。
ご飯と肉のバランスは、上級グレードということで、当たり前ですが肉が多いですw
結局、松を頼んだ相方と肉をシェアした結果、二人で竹を頼むのと同じことにw(価格的にも同じ)つまり、竹で十分ということですか。

こうして舌鼓を打っている間にもお客さんはひっきりなしに出入りしており、あまり長居できる雰囲気ではありません。
サクッと食べてお会計→ごちそうさん。

うん、豚丼としては期待通りの美味しさでしたね。料理としてはシンプルなので、どこで食べても旨いんでしょうがw、でもやっぱりここで食べる価値は十分あるかと。
ただ、C/Pがねぇ。。。牛でもなく所詮豚ロース、しかも汁も付かないのに1000円超えは高すぎ。完璧に観光客値段ですな。
東京で出すとしても、適正価格は竹で880円、梅だと980円で汁付きくらいが妥当かなぁ?

・・・そういや、新宿駅地下の和光の豚丼屋、いつの間に潰れてしまったんですね。。。
東京でこのクラスの豚丼はどこで食べられるんでしょうか?

--

ぱんちょう




関連ランキング:豚料理 | 帯広駅

関連記事
コメント:
またまたコンバンハ!w

いや~、すげぇビジュアルですねー!Σ(゜Д゜)
グリンピースは何のために乗ってるんだろう?ww
しかし、肉の艶っぽさはタマランですね~。(^皿^)
『豚』の湯呑みも良いカンジですね~。(^^)
[2011/10/19 23:18] | おさっても #- | [edit]
うおおお~
このビジュアルは堪りませんね!何て旨そうなんでしょう・・・
是非東京支店を・・・(大崎辺りに23時まで営業でw)
[2011/10/19 23:47] | 顔パンパン #- | [edit]
どもです!

>そういや、新宿駅地下の和光の豚丼屋、いつの間に潰れてしまったんですね。。。
サブナード地下街のお店っすよね?
豚丼が好きでよく通ってました。

本場の豚丼は一度食べてみたいすw
やっぱ本場でも山椒をかけて食べるんですかね?

あれ、好きなんですよぉ~
[2011/10/20 08:09] | Y #- | [edit]
こんにちはー

帯広といえばコチラはマストですね。
とは言え春の帰省の際にはちゃっかり「とん田」行きましたがw
「とん田」は肉の部位が何種類かあって選べるんですよね。
立地もコチラのような駅前ではないのでその分お値段も多少お安かったような。

都内ではないですが朝霞の「モッコリ豚」の2軒隣にあった「クローベーラーメン」が移転してその跡地に同じく朝霞の「つけめん番長 銀」の系列の豚丼屋がオープンします。
その名も「豚丼番長」。
ギリギリの線を狙ってますねw
[2011/10/20 08:56] | 秋 #- | [edit]
>おさってもさん

こんばんは&連コメありがとうございます!

いや〜、この一杯、ちょい高かったですけど、めっちゃ満足度高かったですね〜。
ご飯よりも肉が多いという超リッチ仕様でした。
ちなみに豚の湯呑みは、隣に「丼」と書いてあります。たぶん。

>>グリンピース

僕はキライなので、最初に全て相方の丼へ引越しましたwww

----

>顔パンパンさん

こんばんは&コメありがとうございます!

ねぇ〜、肉ってなんで我々をこんな興奮させるんでしょうね〜。
魚や野菜もおいしいけれど、ここまでテンション上がらないっすもんねw

東京支店、まじで欲しいですね。
というか、知らないだけで、北海道物産展とかには出店してるのかなぁ?
あの味、また食べたいっす。。。

----

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうそう、サブナードです。
何回か食べたことがあったんですが、いつのまになくなっちゃいましたよね。
あと、川崎の駅地下にもあったんだけど、その場所は今はラーメン屋さんに。。。
東京で豚丼っていうと、牛丼がない時代の吉野家のアレみたいな印象をもたれちゃうんでしょうかねぇ。

>>山椒

このお店は、一味も山椒も胡椒も、何もありませんでした。
素の味を味わえ!ってことなんでしょうか。
でも、それで十分でしたねぇ。。。あの炭の香りが忘れられません。。

----

>秋さん

やはり、地元民の方もマストですか!
お値段ちょっと張りましたが、満足のデキでした。
そうそう、とん田でバラ肉食べたかったんですよねぇ。やはり脂っぽい肉の方がおいしそうな気がして。。w
次回行くことがあったらとん田に行ってみたいです。

>>豚丼番長

なんスかソレwww濁点違いですかwというか、意識してるのかなぁ?
味的にかなり気になります。ぜひレビューを!。。。って、RDBじゃ無理か。。w
[2011/10/20 21:34] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/636-c52c4190

<< topページへこのページの先頭へ >>