FC2ブログ

タンメン(700円)@木場・來々軒

2011-10-12
洲崎遊郭の痕跡フィールドワークの合間にラ食〜。
いやぁ、このあたりは超激戦区なんですね。モロに洲崎赤線跡の中にある○心さんをはじめ。トナリ、美学屋、そしてこちら、と。
日曜だったので○心はお休み。さらに美学屋、家系な大黒家もお休み。ということで、うまいタンメンモードに。
トナリは大崎、丸の内でも食べたことあるし、しかも超大行列だったので、比較的行列の少なかったこちらへ。

休日14:15到着。昼時を完全に外したにも関わらず、店内満席、行列10名。なかなか繁盛してますね。
しかし、テーブル席を希望するファミリーやグループ客が多かったため、お一人様優先ルール発動!一気に行列をスルーして、10分後カウンターへ着席。
いやぁ、こう効率よく食べられるとうれしくなりますね~。
店内の食券機にて、ワンコインの「ラーメン」にも惹かれつつ、初志貫徹、タンメンの食券をポチ。餃子も食べたいですが、そうするとビールも付けたくなっちゃうので今日はナシで。
着席しつつホールの店員さんに食券を渡します。

RAIRAI-KEN

店内は、厨房4名、ホール1名のなかなか充実した布陣。中央で中華鍋を振るうのが大将ですね。1ロットだいたい3杯くらいの調理っぽいです。
1ロット見送りで、そこから10分ほど待って「器熱いのでお気をつけください」との声と共に、ホールの店員さんの手で着丼。ってか、予期せず触ったら落としちゃうくらい、ホントに熱々!
丼は龍の模様の懐かしい系。クリアな黄金スープの上にはタップリの野菜が載っていますね。

RAIRAI-KEN

では、カウンター上のレンゲを取り、スープから一口。
・・熱ッ!ww
これ猫舌の方はたぶん飲めないですね~wこれほど熱々のスープを出すラーメン屋さんも珍しいかも。個人的には超好きです!
うーん、熱々ながら、かなりしっかりした塩カドを感じるスープですね。「薄い」とか「お湯だ」とかいう評も目にしますが、個人的には今日は少々「しょっぱすぎ」レベルかも。
ベースは鶏ガラ主体と思われますが、濃厚な旨味、というよりはかなりスッキリ系。というか、塩気に対し旨味がかなり控えめな印象。
その旨味を補っているのが、野菜を炒める際のゴマ油のコクと香り。化調ブーストも強めに効いています。
タンメンで必須となる「肉野菜の甘み」も思ったほどスープに出ておらず、非常に「クリア」。旨いっちゃ旨いんだけど、ちょっとひっかかりがなさすぎて、物足りなさを感じてしまうのも事実。

RAIRAI-KEN

麺を引き出すと、細麺と思いきや、中太平打ち縮れ。こちらは開化楼製だそうです。
加水高めで、モッチリ、チュルリとしたもの。歯ごたえ、縮れによるポコポコ感、そしてツルンとした麺肌の喉越しがいいバランスですね。熱々のスープの中でも最後までダレないのはさすが。
麺味はスッキリしたスープに合わせてか、控えめです。
ただ、この麺がこのスープに合うか、というと。。。うーん、旨いんだけど、麺だけやたら「今風」な雰囲気も感じてしまいます。

具は、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、豚コマ。
中華鍋での炒め、そしてスープを注いでからの煮込みのタイム感は抜群で、パリパリなのに生っぽさは全くなし。
量的にも十分で、やはりこの一杯、これが中心となって構成されているんですね。
後半スープの熱でシナッとなってからも、臭みなくおいしいです。でも肉は少ないなぁw

後半、なんとなく卓上のお酢を半回しほど投入。
・・・!これ正解!
お酢によりスッパさプラスというよりも、かなり強かった塩カドが弱まり、非常にまろやかなスープになりますね。これは必須アイテムですな~。
さらに、自家製ラー油を一掬い投入すると、意外に強めの辛さと、ゴマ油のコクがパッと広がり、抜群のアクセントに。
なるほど、こういった味変の楽しさを味わうために、最初はニュートラルな味付けになっていたのですかねぇ。

麺量は体感140g程度かな?野菜もたっぷりなので、なかなか満足度は高いですね。C/Pもまぁまぁ(600円台に届くとすごくお得感あるのですがw)。
固形物がなくなってからも熱々のままのスープを掬いつつ、汗だくになってごちそうさまでした。

トータルで見て、クラシカルな王道クリアスープに今風な麺を合わせた、ニューオールドスタイルなタンメン
塩気の感じ方は、作り手、そして食べ手のコンディションによってもかなり変わると思うのですが、今日はちょっと強すぎ感があったかな。でもお酢やラー油の味変具合は素晴らしく、なかなか楽しめましたね。
ただ、系統として似ていると思われる「タンメンしゃきしゃき」と比べると、全体バランスに優れる「しゃきしゃき」が一歩リードかなぁ。

それにしてもこのエリア、濃厚なのを食べたければトナリ、サッパリなのを食べたければこちらと、タンメン好きにとっては素晴らしい場所ですね~。次はタンギョウビールかな?

--

来々軒




関連ランキング:中華麺 | 木場駅東陽町駅


関連記事
コメント:
こんばんは。

なかなか美味しそうなタンメンですね!
個人的に、タンメンにはラー油が必須アイテムと考えているので、
卓上にラー油があるかどうかで、タンメンを注文するかどうかが決まりますw
開化楼の麺も旨そうです♪

ちなみに、今日(10/12)、この近くの門前仲町で旨いラーメン食ってきました!
タムさんが超高得点を叩き出して以来、ずっとBMしていたお店なんですが、
ようやく訪問できました。(^^)
[2011/10/12 21:58] | おさっても #- | [edit]
ども~

オイラの超~地元じゃないですか!
呼んでいただければ、5分で馳せ参じましたのにwww


今では木場ラーメンバレーという造語まで作られているエリアですが、
かつて10年位前。
トナリも美学屋も吉左右も○心厨房も麺徳もなかった頃の時代の
木場のラーメン屋といったら、来々軒でした。

いつも行列をなしてましたねぇ~
しかも絵に描いたような頑固おやじ系なご主人で(笑)
すごく優しいんですけどね。

今から5~6年前に体調を崩され、惜しまれながら閉店Orz


ここは、その常連さんが先代から味を継承し復活した形のお店ですが
先代の味に近づけてないというのが正直な感想です。
因みに、先代の麺は自家製麺。


屋号を受け継ぐ以上、ある程度近い物にあって欲しいと
昔ながらの常連としては思ったりするのであります。


あっ、大黒家はありました(笑)
[2011/10/13 08:14] | Y #- | [edit]
>おさってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

うんうん、ラー油は確かに必須アイテムかも。
タンメンの優しい味をガラッと変えてくれる名脇役ですよね。
こちらの自家製ラー油、旨味と辛味がしっかりあってなかなかおいしかったです。
タンメン自体も旨かったですよ〜。地元の名店!という雰囲気でした。

>門前仲町

お、あの平日ランチ限定な水炊きのお店ですか!?
あれ超〜旨いっすよね!レビュー楽しみにしてます!

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

あら、Yさんこの辺りだったんですね〜。
んじゃ、次行く時は御一緒にタンギョウビールお願いしますw

こちらのお店、そういった経緯があったんですね〜。
今の大将も十分頑固おやじ系な感じでしたよw自分でお店を継いじゃおうなんて、すごい常連さんですね。
というか、お客さんもみんな地元の方々っぽくて、ホント地元民に愛されてるお店なんだなぁ、と思いました。

お味の方は、かなりの直球ストレートな感じで、これはこれでアリかな、と。
でも、先代の味も一度食べてみたかったなぁ。。。

>>大黒家

お、こちらも歴史があるんですね〜w
家系好きとしては、屋号に「家」が付くと俄然気になっちゃうんだよなぁ。。w



[2011/10/13 09:54] | タム6000 #- | [edit]
塩度のブレは多少あるようですが、
出汁感は“非常に優しいw”という感じで安定しているようですね。
私は当時、「コレが王道的なタンメンの塩梅なんだろうなぁ~」
とか思ってましたが、Yさんのコメからするとそうでもないみたいですねww
まぁでも、「トナリ」と対比させるには良いのかなぁ~w

[2011/10/14 17:14] | おうじろう #- | [edit]
>おうじろうさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうですね〜、確かにトナリとの住み分けは意識してるでしょうから、敢えてライト系な演出をしてるのかもしれないですね。ちょいパンチを付けたい人は卓上ラー油でかなり表情変えられますし。

ってか、Yさんの昔話を聞くと、先代の味にかなり興味深々です!

しかし、一口にタンメンと言っても、いろんなアプローチがあって面白いですね〜。
タンメン巡りの旅に出たくなってきましたw
[2011/10/14 21:37] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/626-965df861

<< topページへこのページの先頭へ >>