FC2ブログ

昭和のラーメン(780円)@茅場町・昭和

2011-10-10
近辺で打ち合わせがあったので、タイミングをあわせて、ちょっと気になっていたこちらへ訪問してみました。
平日12:30到着。カウンターのみの店内はほぼ満席でしたが、1席だけ空きが。
椅子と壁の感覚が狭いので、こりゃデブは通れないっすねwカニ歩きで空き席へ。

店名がモロな感じなんで、「作られた似非昭和」っぽいお店だったらイヤだなぁ、と思っていたのですが、飾らない佇まいはホント、昭和の雰囲気w
厨房も狭く、3名体制の店員さんはそれぞれ分業してテキパキと仕事をこなしていますね。
まぁ場所柄もあるのでしょうが、客層は100%オッサンリーマンw並びはできないものの、常に満席をキープしています。

SYOWA

とりあえず店名を冠するメニューを、ということで「昭和のラーメン」を口頭オーダー。
ランチタイムは大盛無料とのことですが、ありがたく辞退。

待つこと5分ほどで着丼。
お、琥珀色のクリアなスープで、なかなか旨そうじゃないですか!
スープの中には細麺が泳ぎ、その上にはチャーシュー、ネギ、モヤシ、メンマという陣容。

SYOWA

では、熱々のスープを一口。
ベースはおそらく、鶏ガラと野菜をコトコト煮込んだシンプルなスープ。液体油は少なく、口当たりはサラリとしています。
これだけでも十分勝負できそうなもんですが、そこへ化学の力の旨味サポートをかなり強めに効かせているんですね。
そう言われてみると、一昔前の中華屋さんのうまい塩ラーメンってこんな感じだったような気がします。「昭和30年代」の味ってこういうことなのかな?
また、タレの塩気も最低限で優しいものなので、逆に化調の旨味が引き立ってしまうという皮肉。。。
うーん、せっかくの鶏のクリアな旨味をベタ塗りで覆っているというか、旨味の見通しがあまりよくないのがちょっと残念。
化調否定派では全くないのですが、でもやっぱり「適材適所」という言葉はあって、シンプルで素朴という方向性にはちょっとやりすぎ感あるかな。。

麺は丸断面中細ストレートで、ムニッとコシがある食感。麺味はニュートラルですが、若干かんすい臭。
あと、加水が意外に低いのか後半スープを吸ってダレてくるのが気になりましたね。大盛の場合、食べるスピードを上げた方がいいかも。

SYOWA

チャーシューは、厚さ1cm弱ほどもある大ぶりのロースの輪切り。
両面がバーナーで炙ってあり、カリッとした口当たりと、思いがけずホロホロに崩れる食感が特徴的です。
ただ、こちらも素材の味を前面に出したいのか、味付け自体はかなり薄味。スープが淡白なので、こちらはもうちょっとキリッとした味付けでも映えるかも。

SYOWA

メンマはゴリッとした固めの拍子木タイプが2本。メンマの風味もよく、こちらはちょうどいい塩気。
モヤシはシャキシャキの茹で具合で、意外にボリュームがあっていいですね。

麺量は体感150g程度かな。サクッと頂いてごちそうさまでした。C/Pはまぁまぁですかね。

トータルで見て、突出した魅力こそないものの、界隈のリーマンのランチローテにおけるちょうどいい感、つまり「毎日でも食べられる優しさ」が感じられる一杯。
ただ、ケミカル含めて「昭和」というコンセプトなんでしょうが、素材それぞれの素性はいいのに、ちょっと全体のバランス感がチグハグな印象を受けました。
両隣の方が頼んでおられた辛いラーメンがなかなか旨そうだったので、寒い季節に再挑戦してみたいですね。

--

昭和




関連ランキング:ラーメン | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/624-079ddb3d

  • 昭和@茅場町[にゃほのラーメン日記(仮)]
    チッチキチ~♪ あいちっち~♪ にゃかにゃか♪ あいちっち~♪ みーママに抱かれてまったりあいち~♪♪ *★*:;;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★*:;;;:*★* ...
[2012/01/08 23:21]
<< topページへこのページの先頭へ >>