FC2ブログ

【9月限定】3種のきのこにシェリー酒香る・・・厚切り豚ばら肉の塩つけ麺(850円)@ 水天宮・麺喰屋 澤

2011-09-28
今日のランチは茅場町エリア。
行ってみたいお店は何軒かあったのですが、ランチタイムど真ん中だったこともあり、どこもすごい行列。。。さすが東京屈指のビジネス街、どこを見てもスーツ姿のリーマンで溢れてますねw
仕方ないので、河を渡り水天宮エリアへ。狙いはこちらのお店。
こちらで修行したという「やまらぁ」が以前好感触だったこともあり、ちょい期待度を上げての訪問です。

平日12:30到着。前客13、後客2。
U字型のカウンター席はほぼ満席でしたが、幸運なことに数席空きあり。

店頭には「9月限定」の文字。
10食限定で、なんともおもしろいメニューをやってるみたいですよ。
まずはデフォだな、と思っていたのですが、限定があるとなりゃ話は別ですw早速限定の食券をポチ。

SAWA

SAWA

食券を出すと同時に「大盛いたしましょうか?」とヒアリング。それほどハラペコではなかったのでノーマルでお願いします。
厨房は男性3名。テキパキと気持ちよい動きです。
フライパンでキノコを炒めたり、なかなか手間がかかるメニューのようで、後客のラーメンに先を越され、10分ほど待っての着丼。

おぉ!なんだかかなり面白そうなルックス!
白濁のつけ汁にはキノコやネギ、ニンジン等がたっぷり浮かんでおり、パッと見「けんちん汁」的な雰囲気。でもトップにはパセリ?
ツヤツヤした麺の上には、砕いたクルミと水菜にネギ、そして酢橘。これはちょっと味の予想が付かないですね。

SAWA

では、まずは麺から。
麺は桜井商店という製麺所の、中太丸断面、緩い縮れを持ったもの。
〆は水道水レベル、水切りは完璧です。
瑞々しい麺肌で喉越しもよく、噛み締めるとミッチリとした密度系の歯ごたえ。麺味も明確に粉の風味が感じられ、主張が強い、いい麺ですね~。

SAWA

では、不思議なつけ汁を一口。
・・・おぉ、かなり変わってますねぇ~。
フワリと鼻に抜けるのは、まさしくシェリー酒
シェリー酒って個人的にはほとんど経験値がないのですが、ちょっとキツめの特有の香りがモワッと鼻に抜けますよ。
アルコールっぽさは全くないですが、うーん、ちょい効かせすぎかな?これは人を選びそうです。
さらに、炒めた3種のキノコ(マイタケ、シメジ、エリンギ)からもかなり強い香りが立つので、鼻に抜ける香りがすごいことに。よって第一印象は「つけ麺」とはかけ離れてますw

それらの香りが去った後に味わえば、ベースはしっかりした豚骨スープ。こちら、ベジポタの得意なお店だそうですが、あまりベジっぽい雰囲気はないかな。
スープの粘度はかなり高めで、ぺトッとしたコラーゲンっぽい口当たりが強いです。鶏白湯ならぬ、豚白湯って感じですかね。
ラストに口の中に残るのは強めの塩ダレの塩気。このキレでもって後味をスッキリさせているのかな。
全体として感じる印象としては、濃い味のコンソメポタージュ、という雰囲気でしょうか?

SAWA

というか、これまで食べたことのない味なので、評価に困りますね。。。
旨いか?と言われるとまぁ旨いんですが、個性的な登場人物がそれぞれ別に主張し始めるので、ちょっとチグハグ感はあるかも。

では、麺をズバッと浸けていただきましょう。
うん、かなりの変化球ではありますが、つけ麺としてのスペックはきっちり満たしてますね。麺とつけ汁の絡みも良好です。
キノコとシェリーがなくても十分おいしい塩つけですね~。。。あ、それ言っちゃいけないんですかw

つけ汁の中に沈む具は、キノコ、ネギ、ニンジン、そして豚バラ肉。
キノコは前述のとおり、マイタケ、シメジ、エリンギ。量はたっぷり。三者三様の風味と歯ごたえがいいですね~。キノコ好きにはたまりません。
また、メニューのタイトルにもあるとおり、豚バラはかなり存在感ある三枚肉の厚切りソテーが3枚も!
味付けは軽い塩味のみで、基本的にはつけ汁の塩気で食べるタイプ。豪華さはあるのですが、その厚切りのおかげで噛み切りにくいです。できれば短冊とかにしてもらったほうが食べやすかったかも。
ネギは焼きネギっぽく焦げたものも含まれ、幅広めの細切りになっています。なんとなく鴨南蛮に入ってるような雰囲気。ネギの香りとシャキシャキの食感がかなり和ですが、ちょっと主張しすぎかな?
ニンジンは薄切りをモミジの形に仕上げてあり、なんとも秋っぽい演出が好印象。

麺の上には、水菜と白髪ネギ、酢橘、そしてクラッシュされたクルミ。
クルミは単体では当然美味しいのですが、その形状ゆえ、なかなか麺と一緒に食べるのは難しいかな。
でも、つけ汁に浮いたクルミをレンゲで掬いながら食べるといい感じ。クルミ好きとしてはナイス薬味です。
水菜は、「洋」な雰囲気の一杯ではちょい浮き気味かな。とは言え、ここにハマるのは小松菜でもないしチンゲンザイでもない。。。ここは敢えて青菜なしでもいいかも?
酢橘は、後半麺にまぶしながら頂くと、かなり強い酸味が加わり、濃いつけ汁がちょっと爽やかな感じになります。でも、搾りすぎ注意w

固形物完食後はスープ割。ブーメラン制になります。
割るスープはなかなか濃厚な豚骨スープで、白濁っぷりがさらに強くなりますね。表面には細かな背脂も見えます。
そうすると、豚の旨味がシェリーやキノコの香りを抑え、なかなか旨い塩豚骨スープに!
あぁ、このスープでラーメン食いてぇ。。。半分ほど飲んでご馳走様。

SAWA

麺量は200g程度でしょうか。具沢山だったこともあり、普通盛りでも十分お腹一杯になりましたね。
C/Pは。。。これだけ珍しい具材が入ってるから、なんとなく納得させられちゃう所はあるかもw

お店を後にする際は、もうお店の中にはお客さんはゼロ。さすがビジネス街、メリハリ効いたランチタイムなんですねぇ。
ゆっくり食べたい方は、ランチタイムを外すと幸せになれそうです。

トータルで見て、今までこんなの食べたことない!と胸を張れる、ユニークなシェリー酒つけ麺w
キノコや豚バラの存在感もかなり強く、企画物としては大成功と言えるインパクトだったと思います。
ただ、全体のまとまりという点では、ちょっと「とっちらかり感」はあったかなぁ。素材同士の掛け算の面白さ、というレベルまでは達していなかったのが勿体無かったですね。
しかし、このアイデア自体はかなり面白いと思いますし、こんなユニークな限定が毎月出てくるようでは、定期的に訪問しないわけにはいかないな、とw

というか、今回のメニューでスープと麺の基本スペックはかなり高いことはわかったので、レギュラーは相当旨いことが予想できますね。
次回はレギュラーを頂きに。。。あ、でもまた限定に浮気しちゃったりしてwww
いずれにせよ、再訪は近そうです!

--

麺喰屋 澤 水天宮前店




関連ランキング:ラーメン | 水天宮前駅茅場町駅人形町駅


関連記事
コメント:
おはです!


澤は小岩で塩ラーメン。
同店舗で豚魚系ラーメンと
つけ麺食べてないので、
こんな一杯も試してみたいですねぇ~

夜の雰囲気含め好きなお店です(^^)
[2011/09/29 07:52] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

今回の限定つけ、なかなかユニークなアイデア満載で、楽しくいただくことができました!
デフォのレベルはなかなか高そうなんで。今度はデフォの汁そばあたりを食べてみたいですね。
煮干しな中華そばなんかもあって、そちらも旨そうでした。

>>夜の雰囲気

夜は飲み物も充実してるっぽいですね〜。
夜に軽く飲んで〆のラーメン、ってのもよさそう!
[2011/09/29 22:11] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/611-1428fd86

<< topページへこのページの先頭へ >>