FC2ブログ

【夏季限定】冷やしスーラーつけめん(800円)@池袋・池麺 KINGKONG

2011-09-07
「東池袋大勝軒系列の新店」ということで衝撃のデビューを飾り、先日開業1周年を迎えたこちら。
最近限定メニューもちょくちょく出している、とのことでチェックしてみると、夏限定の「スーラーつけ」なんてのが出ているみたい。
・・・スーラー!すっぱ辛いのが好きな者的にはこりゃマストでしょう!と、1年ぶり2回目の訪問。

平日11:05到着。前客2、後客6。
この近辺のラーメン屋は、ランチタイムはどこも行列なのですが、こちらはちょっと寂しい客入りですね。
まぁ、その方が落ち着いて食べられるので好都合ですが。
薄暗い店内に入り、食券機にて「冷やしスーラー」のボタンをポチ。
券売機を眺めると、「マリナラつけめん」なんてメニューもあります。こちらは限定と書いてないのでレギュラー化?
いずれにせよ、この手の限定メニューは外に大々的に貼り出しとかないと客引きにならないですよ~。

カウンター席へ着席し、店員さんへ食券を提出。
こちらのお店、デフォのつけ麺だと中盛まで無料なのですが、このメニューは対象外のようです。

厨房は1名体制。オープン当初はワラワラとスタッフがいた記憶がありますが、それだけオペレーションが落ち着いてきたということでしょうか。
また、店内レイアウトがウナギの寝床というか、奥まったところに厨房があるので、店員さんがなかなかお客さんの来店に気付けない感じ。
客としてはやはり、ドアを開けた瞬間「いらっしゃいませ!」と言われないと、なんか不安になりますよね。
レイアウト的に難しいのであれば、ドアにベルを付けるなり、即座に対応できるよう工夫した方が印象がいいかも。
店内は非常に清潔感あります。オープン当初は「フルーツを入れたつけ汁」がセールスポイントで、確かハリボテのフルーツなんかも飾ってあったんですが、今はないんですね。

待つこと10分ほどで「スーラータンメンです」「つけ汁はよく混ぜてください」との声と共に着丼です。え?タンメンじゃないよねww
おぉ~、赤黒いつけ汁はなかなか旨そうですね。上には球形の出汁氷?が。
また、麺の上には野菜がたっぷり。ちょっとヘルシーな雰囲気です。

KINGKONG

では、まずは麺を引き出してみます。
麺は、デフォのつけめんの太麺ではなく、おそらく中華そばに用いる丸断面細ストレート。
麺の引っ付きを防止すべく、ゴマ油がまぶしてあり、ゴマの香りがフワリと漂います。
しっかり冷水で〆た麺は、クチッとしたコシのある歯ごたえ。麺味は汁物向けな感じですが、これはこれでアリかな。
先日お隣の「狸穴」で頂いた冷やしつけも、汁物の細麺を流用していましたが、それと同じような感覚ですね。

KINGKONG

次に期待のつけ汁を一口。
・・・おぉ!スーラーですね!
スーラーが好きという割には、本場中華料理屋でスーラータンメンを食べたことはほとんどないのですが、酸っぱさと辛さがかなり強めに効いた、インパクトのあるつけ汁。温度はキンキンに冷えてます。
まず感じられるのは、とにかく強めの酸味!お酢のムンとした香りはないのですが、喉にビリビリ来る直線的な酸っぱさが特徴的。
さらに負けずに主張するのが辛味。ラー油的な唐辛子の辛さがメインですが、香りの強い粗挽き黒胡椒の風味も強く、こちらもビリッとした刺激が心地よいですね。
出汁的な旨味は感じられず、上記の刺激と油のコク、醤油ベースのタレの強い塩気で食わせるタイプですね。さっぱりドレッシングみたいで、けっこう好きかも。
また、つけ汁の真ん中あたりにちょっと色が濁ったゼリーっぽい部分があったので「魚介ジュレとかかな?」と箸で上げてみると、なんかネバネバしたものが。。。これはおぼろ昆布!
シャバ系のつけ汁ですが、この昆布のネットリ感が加わるとちょっと面白い食感になりますね。

KINGKONG

では、麺をズバッと浸けていただきます。
麺に絡められたゴマ油の香り、おぼろ昆布のネバリも合わさり、なるほど、なかなかおいしいじゃないですか。
まぁ、一言で表現するならば「冷やし中華のタレにラー油を併せたもの」に麺を浸けて食べる感覚かな?
つけ汁の刺激がどれも直線的なので、早々に飽きは感じられますが、暑い日にはピッタリのサッパリ食感が魅力。

具材は全て麺の上に。
つけ麺の具としてはけっこうユニークで、陣容はベーコン、茹でたブロッコリー、レタスの湯引き、トマト、それから焼き茄子。
ベーコンは三枚肉部分。その熟成された旨味と柔らかな歯ごたえがいい感じ。
レタスはシャキッとした歯ごたえがいいのですが、キャベツのような甘みがないのがちょっと惜しいかな。
ブロッコリーはゴリッとした固めの歯ごたえ。茄子はちょっと表面カピカピな感じでしたが、タレに浸けて食べると旨いです。

麺量は200g強くらいかな?量的には必要十分ですね。C/P的にはまずまず。
比較対象でないのはわかりますが、すぐ近くの博多天神ではヒヤチューが400円、しかも替玉無料という状況だと、ちょっと割高感は感じてしまうかなぁ。
スープ割はできたのかもしれませんが、冷製スープということで割らずに数口飲んでご馳走様でした。

トータルで見て、なかなかまとまりのよい、夏向けのサッパリ・スッパ辛つけ麺。
細麺とつけ汁のバランスもいいですし、具もユニーク。先日頂いたお隣の「とろみ酸味スープの冷やしつけ」と好対照な夏メニューでした。
こちら、これまではレギュラーメニューのみの展開で売り出してきましたが、今後は定期的に限定メニューも出していきたい、とのこと。
鶏の穴の月替わりメニューのように、安定感ある集客アップアイテムに育つといいですね。

--

キングコング




関連ランキング:つけ麺 | 池袋駅東池袋駅北池袋駅



関連記事
コメント:
こんばんは。

おぉ、コレマタ珍しいタイプの一杯ですね~!
僕は酸っぱい系は苦手ですが、酸っぱ辛い系はわりとイケるかも!?w
しかし、ブロッコリーが入っているのは、ラーメン(つけ麺)では初めて見ました!!
[2011/09/07 23:29] | おさっても #- | [edit]
どもです!

最近シャバ系なつけ麺に興味を持っているので
こちらもそそられますねぇ~
ホント、池袋も楽しめる街になりました(^^)
[2011/09/08 08:34] | Y #- | [edit]
>おさってもさん

こんばんは&コメありがとうございます!

お、スッパ辛いのがいけるのであれば、結構ハマるかもですよ〜。おぼろ昆布がいい味出してます。
ただ問題は、この手のメニューを頂くにはちと涼しくなってきてしまったことですが。。。w

確かにブロッコリーは珍しかったかも。
でも個人的には苦手食材カテゴリなんですよね。。。ww

----

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうですね〜、最近は僕も、細麺シャバ系のつけ麺が気になっております。
こちらはまさにそんな感じで、しかもつけ汁にいろいろ工夫してあって面白かったですよ。

池袋はなんか最近また新店ラッシュになってて、結構盛り上がっておりますよw
このお店、隣の狸穴に完敗状態に見えるんで、こんな感じで限定で勝負してみたらどうかなぁ?

[2011/09/08 22:39] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/591-15faad57

<< topページへこのページの先頭へ >>