煮干ラーメン(750円)@ 新宿煮干ラーメン 凪 ゴールデン街店

2011-08-25
現在の首都圏エリアで「煮干ラーメン」と言ったら、東の「伊藤」に対し西の「」というくらい有名なこちら。
伊藤系は何度か体験して、どんなものかは知っているのですが、こちらは未体験だったのでした。
そんな中、今日は新宿エリアで昼食。
ちょっと時間に余裕もあったので、こちらへ初挑戦してみることに。

平日11:30到着。あやしげな路地へ足を踏み入れます。
お店へ入る階段のドアはまだ閉まっており、その前に並び7名ほどの行列が。さすがの人気ですね~。
行列に接続し、数分待った所でドアオープン。皆さんゾロゾロと狭い階段を上り、食券を買って店員さんへ手渡し→思い思いの席へ着席していきます。

・・・それにしても「極狭」という言葉がこれだけ当てはまるお店もそうないですね。
変形カウンターには椅子が9脚。しかし人が座ると、後ろに残されたスペースは「すみませーん」と前かがみになってもらわないと通れないくらいの幅w
カウンターの奥行きも丼の幅+α程度。箸の先は焦げてるのが多いですw厨房も、スタッフ同士がすれ違えないほどのスペース。
いやぁ、話には聞いていましたが、すごいシチュエーション。
しかし狭いながらも、椅子に座ってしまうと妙に落ち着く「洞穴感」みたいのがありますね。
店内は煮干を煎ったような香ばしい匂いで満たされています。この匂い、給食でよく出た「アーモンドフィッシュ(アーモンドと、甘辛く煎った煮干が小袋に入ったやつ)」を思い出しますよw

今日は店員さん一人でのオペレーションなので、ちょっと提供はゆっくりめ。
窓際の席に陣取り、待つこと20分ほどで着丼。

お〜、これはうまそうです!
煮干しの破片と液体油がギラギラと光るスープは、かなり濃い目のダークブラウン。
醤油の香りと共に、もう啜る前からワイルドな煮干しの香りが立ちますね。
強いうねりの麺がスープから顔を出しているのが目視でき、その他の具はチャーシュー、海苔、そして長ネギのブツ切り、そして名物「一反も麺」。

NAGI

では、レンゲをとってスープから。
・・・ウマッ!
なんだろう、これまでどこで飲んだ煮干しスープとも異なる感じ。
煮干しはエグ味、苦味を感じるほどにビンビンに効いており、煮干しそのものを食べているような感覚になるスープ。
しかし、生臭さは皆無で、煮干し自身の旨味がこれでもかと押し寄せてきます。
ベースは鶏ガラ系の柔らかな出汁で、ボトムをまとめる「緩衝材」的存在感。
特徴的なのが醤油ダレ。若干強めかな?と思える塩梅なのですが、醤油の香りだけでなく、甘みや旨味もとても強いんですね。
この醤油ダレが、煮干しガンガンのワイルドな輪郭をしっかりと覆っていくような感覚。
口当たりはサラリ、表面の油の重さもなく、煮干し系でよくあるような飲みづらさは一切なし。
うーん、粗野なのに「洗練」すら感じる、素晴らしいニボスープ!

対する麺も個性的。
形状は厚みのある平打ちタイプで、きつめの縮れが特徴的な、武蔵野うどんを彷彿とさせるようなワイルドな麺。
麺味もしっかり小麦の香りが立ち、加水高めのムニッとした重量感ある歯ごたえ、モソッと無愛想に切れる感覚がいいですね~。
荒々しくキレのあるニボスープをがっちり絡めとり、口の中で弾けさせるその仕様、どことなく「燕三条」な雰囲気も。
小さなテボで茹でられたのか、麺同士のひっつきや、若干茹でムラもありますが、そんな「細けぇことはいいんだよ!」的に食わせるパワーがありますね。

麺の延長としての存在なのが、「一反も麺」。
麺帯の切れ端をワンタンのようにピロンと茹でたものがけっこうたっぷり入っています。
武蔵野うどんのお店では何度か見たことがありますが、ラーメンで見たのは初めて。
この、スープを吸ったピロピロとした食感がたまらんです。

その他の具はかなりシンプルです。
チャーシューは大ぶりのロース系煮豚スライス。ホロリと崩れる口当たりで、味付けは控えめ。
ブツ切りのネギは、この荒々しいスープに対し絶妙な清涼感。シャキッとした歯ごたえと辛味が超マッチ。
これ、たぶん上品な刻みネギだったら全くスープに歯が立たないと思いますね~。
海苔はスープに浸して溶かすと、その潮の香りがいいアクセントになります。

うーむ、それにしても食べていてこんなに「!」が現われるラーメンは久々に食べたかも。
麺量は200g程度かな。量的にはそれなりにしっかりしているものの、でももっともっと食べたくなっちゃうような「引き」の強さを感じました。C/Pは十分。

トータルで見て、その立地に負けない個性の塊とも言える、極上エンターテイメントな一杯。
しかしそれでいて、浮ついたネタっぽさは全くなく、しっかり地に足をつけて(2Fですがw)作られた「熟成感」を感じました。
個人的には、伊藤系のストイックさよりも、こちらの「荒々しくもキャッチー」な雰囲気の方が好きかも。

うーん、さすが都内でも屈指の煮干店ですね~。限定も魅力ですし、再訪は確実です!

--

凪 新宿ゴールデン街店




関連ランキング:ラーメン | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

関連記事
コメント:
こんばんはー

コチラは自分も先日初訪を果たし未だ衝撃冷めやらぬ状態ですw

まさに「計算されたワイルドさ」がありますね。

「一反も麺」は確かに「麺」というよりは「ワンタンの皮」に近いですね。
以前食べた鴻巣の「来集軒」というお店の「川幅麺」はこれよりも幅広でしたがしっかり「麺」してました。

機会があれば是非一度お試し頂きたいです。
[2011/08/25 22:36] | 秋 #- | [edit]
どうも〜

初凪だったんですねぇ〜。
逆に自分は伊藤が未訪ですがw
(息子の店の遊@鶯谷は一度行ってますけど。)

ここ、色んな意味で凄いでしょw
飲んだ後にここ行ったら、下手すると階段から転げ落ちますww
味も、強烈な煮干感やいったんも麺の食感等、かなり独自の道を歩んでいますよね。
限定は…、ハードル高くて諦めてますw
[2011/08/25 22:36] | corey #- | [edit]
こんばんは。

此方のネギ、いいっしょ!
って、ネギから褒めるのはお店に失礼ですかねw
でも、ホント、荒く切られたネギはスープに合いますよね~!!
それと、強烈な煮干スープも旨いですが、僕的にはあの太麺も気に入りました♪
ハードルがかなり高いですが、是非、限定メニューもいただいてみたいなぁ。(^^)
あ、タムさん、再訪時は夜のゴールデン街レポートもお願いしますww
[2011/08/25 23:26] | おさっても #- | [edit]
ども~

立地といい、味と言い個性的ですね!
夜もよいですよぉ~

今度是非、夜にご一緒しましょう~(^^)
[2011/08/26 07:51] | Y #- | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、G街行かれたのですね!
店構え含め、ほんと個性の塊って感じですよね〜。
確かに、計算されたワイルドさを感じる一杯だったかも。でも悔しいけど旨い、みたいなw

「来集軒」ちょい気になりますよ。刀削麺みたいに、全部が幅広麺ということですか?
あのレベルの幅でも、麺としてのコシをキープできるとしたら結構すごいかも。
チェックしてみます!

----

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

いやぁ、凪グループ初訪問がこのG街ということで、衝撃が大きかったですねw
ラーメンも好き放題やってるように見えて、全体の世界観がカッチリまとまってるなぁ、という印象でした。
シャッター狙える時間に行けることが多そうなんで、次回は限定行ってみようかなぁ。。
確か1日10食とか、ハードルは高そうですが、限定ゲッターとしては行かねばならんのでは?w

----

>おさってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そう、ネギ!
粗野に見えて、実はそんな細かい所まで気が配られている所がすごいなぁと思いました。
スープはもちろん、ゴワ麺の個性も超気に入りました!

食べ終わった瞬間「もう一度食いたい」と久々に思えるお店だったので、こりゃ常習性高そうです。
近いうちに再訪したいっすねぇ。

夜の部。。。一人じゃなかなか怖くて行けないwので、諸先輩方に連れて行ってもらうことにしましょうww

----

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!
先日はどうもでした〜w

いやぁ、それにしてもすごいお店でした。皆さんがリコメンドする気持ちがわかりましたね。早くもお気に入りのお店になりました。
西新宿の凪も煮干だけど、こことはまた雰囲気が違うみたいなんで、そちらも近々行ってみたいところです。

夜のG街。。。完璧に一人だと入れなさそうなんで、先輩!ぜひよろしくお願いしますw
[2011/08/26 10:18] | タム6000 #- | [edit]
タム6000さん こんばんは!

この二ボニボスープは1度飲んでみたいです!

新宿にはいつになったら用事が出来るかな?
[2011/08/26 19:49] | ヨコベー #lZFHskt2 | [edit]
>ヨコベーさん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちらの煮干、超〜旨いっすよ!
スープだけでなく麺や具も素晴らしいし、お店の雰囲気も独特だし、かなり衝撃を受けると思いますw

ぜひ、機会を作って行ってみてください!
[2011/08/27 10:47] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/579-1129a14c

<< topページへこのページの先頭へ >>