FC2ブログ

モツ入りラージャン麺+チャーシュー昆布丼(ランチセット850円)@所沢・ChineseDining 龍の子

2009-11-17
RYU-no-KO

プロペ通り沿いにある「龍の子 所沢店」の系列店。
というか、新所沢にあった本店が、所沢へ移転してきたようです。
一応住み分けはされているようで、こちらは中華定食+ラーメンという陣容。夜は居酒屋になります。

ランチが安くボリューミィで、ちょくちょく利用しているのですが、ある日前を通りかかったところ、本日のランチメニューは「モツ入りラージャン麺」!
モツ好きとしては、これは食べるしかないでしょう。

ということで、12:40到着。先客5、後客5。二階席に案内されます。
ランチタイム喫煙可というのが難点ですが、広い客席フロアなので、隣で吸われなければギリギリ気にならない程度。
メニューを見ると、ラーメン類に関しては、もう一軒の龍の子と同じメニュー体系のようです。

さて、オーダー後10分ほどで着丼。
この店ならではの大きく深いすり鉢状の丼にタップリの赤いスープ、そして麺の上にはモヤシ中心の野菜炒め、そしてモツ煮込みがゴロゴロと載っています。

まずは熱々のスープを一口。
うん、うまい。爽やかな辛味と痺れが鼻に抜けますね。
ひき肉と野菜(モヤシ、キャベツ、タマネギ、ネギ)をあおり、そこに鶏ガラベースの醤油スープと豆板醤、香辣醤、花椒その他中華スパイスを合わせたものでしょうか。
肉、野菜、香辛料の味がスープに染み渡り、旨みと辛味が両立された、バランスの取れたスープです。

麺は、平打ちの若干ビロビロした中細麺。
しまった、固め指定するの忘れてた。。。ここはデフォだと柔めになるので、熱々のスープの中ですぐにシナッとなっちゃうのです。
チャーシュー昆布丼は置いといて、麺が伸びる前に急いで食べちゃいます。
伸びてきたからか、麺の量は意外と多目に感じられました。

また、期待のモツですが、トロトロに煮込まれた茶色のモノが大量に入っています。
臭みもなく、口の中でトロッととろける食感と濃い目の味付けが絶妙。これもうまいなぁ。
また、モヤシ、キャベツ、タマネギのシャキシャキさが食感にアクセントを加えてくれます。

それほど辛いスープではないのですが、カプサイシン効果か、スープを飲んでいると汗がじわりと出てきますねー。

とりあえず麺をあらかた食したところで、丼に取り掛かります。
昆布を細切りにして煮込んだものと、細切れチャーシューがライスの上にドカッと大量に載っていますね。
昆布とチャーシューの関連性がいまいちわからないのですが(チャーシューの煮汁で昆布を煮込んでいるのかな?)、どちらもおいしいです。
特にチャーシュー!八角の香りが漂う中華風な味付けがいいです。煮こごりのようなゼラチン質の豚皮部分もナイス。
最初に昆布を片付けて、チャーシューとライスを残した状態で、上記ラージャン麺のスープをかけてみます。
・・・これはうまい。
スパイスと旨み満載のスープ+八角の香りのチャーシューがミックスされ、雑炊状態のライスに絡みつきます。
こりゃご飯大盛りでもよかったかも。でもすっかり満腹になりました。

厳密にはラーメン屋ではないのでしょうが、なかなかレベルの高い料理を食べさせてくれるお店ですね。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/45-089a8c7e

<< topページへこのページの先頭へ >>