中華そば(東大阪高井田風)650円@大阪市/難波・中華そば ○丈

2011-03-31
MARUJO

大阪で過ごす休日、なんば付近に用事があったので、「マッチョのまぜそば」と迷いに迷ったのですが、ずっと気になっていたこちらのお店へ。
いわゆるご当地ラーメンの一つ、「東大坂・高井田式ラーメン」というのが食べられるらしいのです。

休日14:35到着。
人気店ということなので、敢えてピークタイムを外します。
近くの有名うどん店にはこんな時間でも行列ができており、「やっぱり大坂はラーメンよりうどんが人気?」と思っていたのですが、細い路地に入っていくと、こちらもなんと行列orz
店内満席、店外待ち7。まぁ、当然そこであきらめるような気持ちで来てはおりませんwので、行列へ接続します。
さらに後ろに二人接続した時点で、昼の部終了宣言。

それにしても、グループ、カップル客が多いため回転は遅いですね~。待つこと40分ほどでようやく着席です。
店内はL字カウンター。にこやかな店主さん+サポートの女性1名でオペレーションしているようです。
デフォの「中華そば」を口頭オーダー。3分ほどで着丼です。

うぉ、こりゃ「新福菜館」もしくは「富山ブラック」はたまた「黒ナベ」?というようなルックス。
スープは真っ黒、その上にはチャーシューと青ネギ、黒胡椒のみ、というシンプルないでたち。

では、スープを一口。
ん、甘い。そして、酸っぱいぞ?これはちょっと変わったスープ。
上に挙げたどのスープとも違いますが、強いて言えば「黒ナベ」をデチューンした感じかなぁ。
その色から想像されるほど塩辛さは強くないです(この手のスープの特徴ですよね)。
ベースは鶏、野菜がメインかな。しかしカエシと液体油の個性がかなり強く、出汁はあくまでも旨味の下支えに徹している印象。
カエシはなかなか個性的。甘辛い醤油味の後に、キュッと舌が窄まるような酸味が残ります。
最初違和感があるこの酸味ですが、飲んでいるうちにだんだん慣れてくるもんですね。
むしろ、ベタッとした甘みがいつまでも続くよりは、旨味を引き締めてくれるポン酢的効果でおいしくなる、とでもいうべきか。
デフォでかけられている黒胡椒も、ハイにいい感じでアクセントを付けてくれますねぇ。
粘度はなく、サラサラ。塩気はちょうどいい塩梅です。
スープを飲みながらイメージした単語は「甘辛酸」。この三者のバランスで飲ませる、ちょっとジャンクなスープです。
・・・あぁ、これはクセになるというのもわかる気がしますね。

麺は自家製麺の中太丸断面ストレート。東池系大勝軒っぽい形状と言えばイメージしやすいでしょうか。
ってか、この麺旨いですね!
のびのびとしたストレート麺は、麺肌ツルツルで、弾力の高いムッチリ系の食感。粉の味も強めに感じられ、啜る、噛む、飲み込むの一連の流れがとても気持ちいい麺。
シャバ系スープとの絡みも意外にもよいんですね。いやぁ、この麺はぜひ「つけ」で実力を計ってみたいところ。

チャーシューは注文の度にスライサーで切り出す、大きめの薄切りロース。
いわゆる懐かし系のモソッとロースですが、この濃いスープとは絶妙に合いますね~。肉の旨味も抜けておらず、ワシワシ噛み切るのがいい感じ。
ここにホロホロ系のチャーシューだと、たぶん合わないと思いますね。
青ネギは、大きめにザク切りされたもの。白ネギと違って甘みが強く、ジャキッとした強めの歯ごたえがいいアクセント。

とにかく麺のウマさと醤油ダレの風味に惹き付けられ、ズバズバ啜っていたら麺が一瞬でなくなっちゃいました。
というか、想像よりも麺量少ないんですね~。体感としては、120gなかったような印象です。サクッと食べてごちそうさま。C/Pはまずまず、かな。
腹いっぱいに食べたい方は、大盛りにするかゴハン物を付けるかした方がいいかも。

トータルで見て、「大坂ブラック」とでも名づけたいような個性的なご当地B級系の一杯。
正直ちょっと物足りない量でしたが、麺、スープのそれぞれの役者がとても魅力的で、強い中毒性を感じました。別メニューの「和歌山系」ってのも気になりますし、再訪は確実です。

ところで、カウンターの皆さんの注文を聞いていると「サンマ」「天理」「サンマ」・・・なに?
どうやら、常連向けの裏メニューがあるようです。
「サンマ」とは、以前の店舗で限定で提供されていた「秋刀魚醤油」のことみたい。
また、「天理」ってのも以前の限定らしく、その名の通り「天理スタミナ」のインスパとのこと。中華ナベ振るって白菜を炒め始めたのでビックリしましたよw(←一般メニューと調理工程が全く違うため、混雑時は受けてくれないようです)
・・・うーん、ますます何度も行きたくなってきちゃったなぁw

お店を出てちょっと歩いたら、目の前に「マッチョ」が。あら、こんなに近かったのね。
胃袋に自信があるならば、このコンボはかなり魅力的な連食コース(距離が近い=血糖値が上がる前に勝負できるw)であることは間違いないですねww
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/439-cfdc9da8

<< topページへこのページの先頭へ >>