fc2ブログ

冷し中華小・ヤサイニンニクガリマヨ(1050円)@五反田・ラーメン豚山

2023-09-02
近所で晩飯。 
突然だけど、二郎インスパイア店の夏の風物詩と言えば、「千里眼」が発端となり、今や各店オリジナリティを競うようになった冷やしメニュー。 
五反田駅前ガード下の焼きそばの名店「後楽そば」跡地に入ったJインスパイア「豚山」も冷やしをやっていると聞き、どんなもんか食ってみることに。 
ちなみにここの豚山、場所が良いからか、いつも店外行列なんですよね。。。 
 
平日20:00到着。珍しく行列はなく、冷しの小の食券を買ってカウンタ―席へ。つか、店員さん感じよいね~。トッピングの説明も丁寧だし、これなら二郎系初心者や女性でも入りやすいよね。 
冷やしはコールが先のようで、「ヤサイニンニクガリマヨ」でお願いしてしばし待ちます。 
 
BUTAYAMA

5分ほどで着丼。 
ほぉ。。二郎系の冷やしというと、まずヤサイに何を使うかが個性の見せどころ(千里眼は大根と紫キャベツの千切り)なわけですが・・こちらの冷やしはモヤシ+千切りキャベツ。。。見た目の華やかさはないね。なんか、混ぜる前のお好み焼きみたいwそして上からガリマヨたっぷり。 
サイドにはピンポンサイズのおろしニンニク、申し訳程度のフライドオニオン、そして小さな豚2枚。 
 
では一気に混ぜ込み麺をズズズ。 
タレはゴマドレ系ではなく醤油系っぽい感じ。ただ、全部よく混ぜガリマヨと一体化すると「マヨ&ニンニク」な味わいになります。 
ヤサイは前述の通り、茹でモヤシの上にキャベツの千切りっぽいやつ。千キャベはスーパーで袋入り状態で安価で売っているようなめちゃ薄スライス業務用のやつ。細かすぎであまりサラダっぽい食感じゃないのであまり好きじゃないんですよねコレ。。で、上からガリマヨ。 
 
BUTAYAMA

麺は、灰色がかった色合いでゴワゴフな極太平打ち縮れ。二郎系の冷やしとしては申し分ない食感。 
麺量は250gということでこの手のメニューにしては少な目。 
逆に麺に対しヤサイが多すぎて飽きちゃったかな。麺を増やしてヤサイは減らした方が、個人的にはいいバランスになりそう。 
 
豚はバラ巻き豚。ホロッと柔らかく悪くないね。 
ニンニクは猛烈に辛い安物で・・・これはとても食えないので半分ほど残してごちそうさま。つか、半分しか食ってないのに、オイニーが強烈で、普段二郎食って帰っても寛容な家族が顔をしかめるレベルでしたw 
 
うーん、二郎系冷やしというジャンルでは中の下あたり、ってところでしょうか。他店との差別化という意味でもうちょっとがんばってほしいかな? 
まぁでも、豚山って通常のラーメンも他インスパイア店との差別化ポイント少な目で、いわゆる「平均点目指して置きに行ってる」感じなので、ヒヤチューもその路線なのかも。 
千里眼や用心棒、城南だと鷹の目や宮郎に並んでまでは・・・というライト層には、このくらいがちょうどいいのかもしれないですね。 


--

豚山 五反田店


関連ランキング:ラーメン | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/4205-be58614c

<< topページへこのページの先頭へ >>