FC2ブログ

ラーメン(470円)@桃山御陵前・大黒ラーメン 本店

2011-02-17
DAIKOKU

本日の夕飯は京都、伏見方面。
駅から歩くこと数分。「黄色い看板」に無意味にテンション上がりますよ~w
ガラガラ、と引き戸を開け、蛍光灯が煌々と明るい店内へ。

平日20:00到着。
テーブル主体の広い店内は8割ほどの入り。家族連れも多く、なかなか賑わっています。
店内ではアルバイトと思われる高校生っぽい男の子が3,4人も働いているのですね~。

一番奥のカウンターへ着席し、口頭で「ラーメン」をオーダー。
それにしても、ラーメン470円って、それどこの幸楽苑?って感じですよね~。チャーシューメンも580円。焼き飯に至っては220円!
・・・いやぁ、ワンコインでお釣りがくる、なんとも素晴らしい価格設定です!

活気溢れる厨房を見つつ、待つこと5分ほどで着丼。
おぉ、「価格なり」と言わせないルックスですね~。スープはブクブクと泡立っていてかなり旨そうな白濁スープ。
その上にはチャーシューとネギのみ。なかなか潔いです。ってかネギダクでいいですねぇ。

では、スープを一口。
おっ、結構変わってますね。レンゲの底には骨の粒子らしきものも見えます。
軽く豚臭さが香るスープは、ガンガン炊かれたにしては、旨味控えめかな。
タレの醤油っぽさも抑え目で、思ったより淡白ですね。塩気よりも酸味?と甘みが主張する感じかな。
塩気、旨み、油共に控えめなので、かなりあっさりとゴクゴク飲めるスープ。こりゃ毎日食べられる系ですね。
逆に、メイン食材とするにはちょっと物足りない感はあるかなぁ。焼き飯と組み合わせて頼んでいる方が多かったのも納得です。

麺は「中金製麺」の中細ストレート。
ムニっとした柔めの質感。麺味は淡く、同じく淡いスープと一体化して、啜り心地いいですね。スープの絡みも問題なし。

チャーシューは脂身少なめの薄切りロース系が3枚。
若干豚臭さも残るが、値段的にこれだけの量が入っていることが重要ですよね。
ネギはたっぷり。ジャキ系青ネギと柔らかめの麺のコントラストが抜群です。

麺量は120g程度でしょうか。少なめですがサクッと食べてご馳走様でした。C/Pは文句なしでしょう。

トータルで見て、いわゆる「京都ラーメンの原型」という雰囲気の、手作り感溢れる日常向けラーメンという印象。
すぐ近くの「大中」に比べちゃうと個性は弱いですが、お店の家庭的な雰囲気も含め、フラッと寄りたくなるような魅力を備えたお店かと思いました。
会計の際、なんと次回100円引きクーポンももらっちゃいました。そしたら370円かぁ。。。。なんとも太っ腹!
こちら、東福寺にも支店があるそうなので、また訪問したいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/402-1d18a97b

<< topページへこのページの先頭へ >>