FC2ブログ

プロペラ麺(950円)@藤枝市・カナキン亭本舗 藤枝本店

2009-11-10
KANAKIN-TEI
KANAKIN-TEI

静岡方面に旅行した際に訪問。
休日18時到着。先客1、後客10。
あれよあれよとほぼ満席になってしまいました。支店展開もしているらしく、地元では人気店なのでしょうか?

食券機前でしばし悩んだ末、ネーミングが変わっている「プロペラ麺」、そしてツレは「カナキン麺」をオーダー。
10分後着丼。
具は、チャーシュー4枚、ゆで卵1個、ネギ、メンマ、海苔、そして大量のキムチ。
「全部載せ」って感じですね。まぁ、値段も値段なので当然ですが。
ネギを中心にチャーシュー4枚がプロペラのように並んでいるのでプロペラ麺なのかな?
スープは、キムチが溶け込み真っ赤。

まずはスープを一口。意外やコッテリとした口当たり。
しかし、最初からキムチが溶け込んでいるので、キムチの酸味、辛味に支配されちゃってますね。
このパンチで、もはやスープのベースがわからないのですが、お店のウンチク書きによると、野菜、昆布、イリコ出汁のスープだそうな。
ツレのカナキン麺と食べ比べてみると、
プロペラ:最初から真っ赤なスープ。醤油、魚介の存在感がなく濃厚。
カナキン:魚介だしが香る醤油スープ+キムチトッピング。自分で混ぜながら味を作れる。
という感じ。
どうもプロペラ麺は、いわゆる「辛味噌ラーメン」とか「オロチョンラーメン」と呼ばれているものに近いかも。
辛さとしては、至って平和なピリカラ具合です。

麺は、いわゆる中華屋クオリティの中細麺。
コレが伸びちゃうと最悪なのですが、比較的固めに上げてくれているのでセーフ。
チャーシューは薄切りでペラペラしたものですが、しっかりした味付けと脂身で及第点。
卵は味玉でなくただの固ゆでですが、このパンチのあるスープの口直しにはちょうどいいかも。

中盤、卓上のすりおろしニンニクをスプーン一杯投入すると、なかなかジャンキーな味わいに。
うっすら汗をかきつつ、おいしく完食です。
まぁなんというか、ヒネリがないと言えばそれまでですが、けっこうクセになる一杯かもしれません。
個人的には、辛味に加えスープの旨みを感じられるカナキン麺の方が好きかも。

ちなみに、サイドメニューのギョ-ザも、なかなかおいしかったです。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/40-8299863f

<< topページへこのページの先頭へ >>