FC2ブログ

小ラーメン・ヤサイニンニク(780円)@大森・豚山

2020-12-27
大盛で晩飯。
腹ペコペコだったので、山王口側にできた二郎インスパイアの店に行ってみることに。
ちなみにこちら、町田商店等「商店系」を運営する飲食資本が経営するブランドとのこと。

平日20:05到着。店内は8割ほどの入り。客層は100%若い男子リーマン。みんなこれ系好きなのねぇ。。
店内コロナ対策は、入り口開放、券売機前に消毒スプレー、スタッフマスク着用。席間隔は相当狭いですが一応透明アクリル板のパーティションあり。
では、券売機で麺250g、豚2枚の「小ラーメン」をポチし着席。

5分ほどで「ニンニク入れますか?」とコールタイム。ではヤサイニンニクで。
カウンターにはコールの仕方がとても丁寧に書いてあり、二郎系が初めての人でも安心ですね。
まもなく着丼。

BUTAYAMA

ん?これでヤサイ450gもあるんだ?量少なめの直系二郎の、コールなしの時の標高に近いかな。
ではスープを一口。

BUTAYAMA

スープの質感はトロンとした乳化型。豚肉の旨味が出ており味わい自体は悪くないものの、なんというか、奥行きがなくペラい印象。
カエシが少ないからピンと来ないのかな?と思って卓上カエシを足すと、味わいが一気にトゲトゲしくなってしまい、うーんちょっと違うなぁ。

BUTAYAMA

麺は極太平打。モッチリした食感がいい感じだけど、もうちょっと厚みある方が好みかな?麺量は250g。

BUTAYAMA

豚は2個。
さすが店名に豚を冠するだけあって、ホロホロの巻豚。
これはかなりいいね!直系二郎と比べても遜色ないクオリティだと思います。

BUTAYAMA

ヤサイはお店の言葉を信じるならば450g。ちなみに1/3ほどがキャベツという、J系のトッピングとしてはかなり優秀な配合でした。ただキャベツの芯がゴリゴリだったのは閉口。スープの底に沈めます。

BUTAYAMA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
総じて、豚は旨いけど、あとはインスパイアとしては並かなぁ、といった印象。
まぁでも、地元民の普段使いには使いやすいお店なのかもしれないですね。

BUTAYAMA

そういえば「商店系」のお店にしても、家系と言いながらいわゆる「二流、量産型」な味わいだし、ブランド自体がそういったカラー(本流の尖りを丸くした万人受けする味わい)なんでしょうね。
直系二郎のイカれた客層wやピリピリした雰囲気が苦手な客層には居心地いいお店だと思います。

BUTAYAMABUTAYAMA

--

ラーメン豚山  大森店


関連ランキング:ラーメン | 大森駅大森海岸駅


関連記事
tag : 大森 豚山
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3754-bf2238a6

<< topページへこのページの先頭へ >>