FC2ブログ

二郎インスパイヤ(700円)@彦根市・麺屋 ジョニー ベルロード店

2010-12-23
JONNY

東京での僅かな休息を済ませ、リフレッシュして再び関西へ~。

ところで、彦根エリアで旨いラーメン屋というテーマで、取引先のラ好きな方々にヒアリングwすると、こちらのお店の名前は必ず出てきます。
それを聞いたら、やっぱり行かないわけにはいかないですよね~。
しかもこちら、J系を出しているとのこと!関西のインスパがどの程度のモンか、これは行くしかないでしょう。

・・・ここまで来てJ系かよ、という気もしないでもないですが、やはりアレは禁断症状が出ますからね。
インスパでもいいので、定期的に摂取しなくてはなりませんw

ということで、平日22:35到着。
前客9。後客なし。客層は学生さんがほとんど。テーブル席が多く、そちらは完全にダベりの場所になっています。
券売機はなく、店員さんへ口頭オーダー&後払いというシステム。

空いていたカウンターへ座り、メニューをじっくり観察。
ほぉ、結構豊富なんですね~。また、唐揚げとかのセットも充実してますね。ここらへんの構成は来来亭みたいです。
限定もやっているとのことですが、レギュラーメニューの中に、ありましたよ「J系」が。

・・・その名も「二郎インスパイヤ」www
名前がモロそれってのがなんとも。。。関東じゃここまで開けっぴろげにはできないですよねw
関東的にネーミングすれば、さしずめ「ジョニ郎」ってトコか?ww

店員さんへオーダーする時点で「ニンニク入れてもよろしいですか?」との問い。当然YES!

極太麺なのと、多人数グループが入ったばかりでオーダーが溜まってたからか、15分ほどで「お待たせして申し訳ありませんでした」との声と共に着丼。
ほぉ、こじんまりとはしてますが、なかなかソレっぽいじゃないですか!やっぱこの手の一杯はテンション上がりますねぇ。

小さめの丼には、ボリューム多目のヤサイ、そして豚、背脂。頂上にはニンニク。。。あれ?忘れられたみたいですね。まぁいいやw
スープはほとんど見えず、汁なしっぽいルックスです。

では、ヤサイの裾野からレンゲを入れ、早速スープから頂きます。
あ、結構旨いですね。
液体油多めで乳化し、また表面が小さめの背脂で満たされたスープは、豚肉と化調によるグイグイ来る旨みが濃厚です。
おそらく豚骨由来のトロミも強く、かなり粘度も高いですね。これはインパクト高いですし、なかなか旨い。
関西系にしては珍しく、カエシの甘みは少なめ。その一方でガツンと塩気のトガリが強いのがちょっと気になるかな。
うーん、Jか?と言われるとちょっと違うが、これはこれで好みです。
醤油ラーメンからのアプローチというよりは、豚骨方面からJにアプローチしてきたスープという印象ですかね。

麺は多加水、角断面の極太ストレート。
先日食べた「日の出らーめん」っぽい、うどんのようなネッチリした麺。チュルンとした滑らかな喉越しが特徴ですね。この手の麺に不可欠な「粉っぽい密度感」みたいのはちょっと弱めです。
また、オーションというか、あの独特の小麦粉感はなく、麺自体の風味もあまり感じられないなぁ。
太さはあるのでスープはよく絡むのですが、うーん、もうちょっと無愛想な麺の方がマッチするかも。

ヤサイのモヤシキャベツ比率は1:1。
キャベツが多いのは評価できますね~。大きくシャキシャキで甘いキャベツが、妙にヘルシーな雰囲気を醸し出しますw
モヤシもシャキッとした茹で具合で、食感がいいアクセントになってくれますね。
豚は、t5mm程度のバラ巻きチャーが2枚。ホロホロの口どけ、味付けは濃すぎもなく、うまいですね。上から降りかけられた一味がいいアクセントになっています。

麺は250gないくらいかな?Jにしては上品な感じで、サクッと完食。
C/Pは悪くはないんですが、なんかこう「食ったぞ~!」というJ特有の満足感(満腹感)はそれほどないかなぁ。でも、旨いラーメン食った満足感はしっかり残ります。

トータルで見て、本家の再現度という意味では違うんだけど、これはこれでこじんまりとまとまっている「J風」で旨い良品。
このメニューに限らず、こちらのお店、なかなかレベル高そうですし、他メニューも近々試してみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/358-04ffe4ec

<< topページへこのページの先頭へ >>