FC2ブログ

ラーメン麺固め(600円)+くきわかめ(100円)@青物横丁・まこと家

2010-12-22
MAKOTO-YA

久々の東京の休日、2日目。
年賀状の印刷やら友人の結婚式やらで余裕はないのですが、晩飯は近所でラ食!
何が食べたいか?と自分に問うと、ふと「家系」という文字が頭に浮かびます。
そうねぇ~、家系って西じゃなかなか食べられないもんね。
ということで、最近旨くなったとの噂も聞くこちらへ、チャリで久々に突撃。

休日20:10到着。前客7、後客3。いつもながら安定した客入りですね。
家系なのにホウレンソウがないこのお店、皆さんのレビューを拝読するに「くきわかめ」を入れると良いらしい。
ということで、セルフのお水を汲みつつ口頭で「ラーメン麺固め、クキワカメ」をオーダー。

壮年の男性3人で回す厨房を見つつ、待つこと3分で着丼。
ロット二杯分のうち後半ということで、茹で釜に残った端切れ麺を全部入れてくれたようですw
油層多目のスープの上に麺がちょっと出っ張っている感じ。具はシンプル。チャーシュ-、海苔、クキワカメ、そして申し訳程度のネギとゴマ。

では、スープから。
・・・うーん、鶏油のコッテリ感が相当強い一方で、出汁感が弱いです。
また、同じようにカエシも控えめ。とにかく、グイグイと主張するのは無表情な大量の油。うーん、バランスがよくないですね。。。
物理的なトロミは強いのに、味覚としての強さがほぼ感じられません。
これだったら、味濃い目にしてバランスを取った方がよかったかなぁ。

麺はさすがの酒井。
中太のモッチリ麺。固め指定でシコシコした歯ごたえ。短く、チュルンと一気に啜れる気持ちよさ。
うーん、ここは文句ないですよ。

チャーシューはペライチタイプ。風味も少なく、特筆すべき点なし。
海苔3枚は、バリッと固め、口でとろけないタイプ。スープでふやかして麺を包んで食べるとなかなか。

で、懸案のくきわかめ
想像より肉厚さはないのが残念ですが、ポリポリした歯ごたえがいいアクセントになりますね。なんだか、ひじきの繊維っぽい雰囲気かな。
というか、ほうれん草がない分、こういったアクセントがないと単調になってしまう感はあります。100円なら入れないよりは、、、という感じでしょうか。

途中おろし生姜とニンニクを投入し、香りを立てたおかげで、ちょっとはスープの表情は回復。
しかし、全体的に「パッとした感」がないままサクッと完食。麺量は120g程度かな?
素のラーメンなら、C/Pはまずまず、という所か。

・・・うーん、こちら、来るたびにスープの味が違う気がしますね。ってことは、当たりの時は相当旨いのかなぁ。
まぁ、セントラルキッチンの「いつも同じ味だがそこそこ旨いスープ」よりは人間味あっていいと捉えるべきか。。。

ギャンブルと同じで、「当たり」を引くと抜けられなくなる魅力がある、というお店なのかもしれんですねぇ。
近所ですし、またスパンを置いて訪問してみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/357-7923a11b

<< topページへこのページの先頭へ >>