FC2ブログ

スタミナカレー・焼き・中盛(930円)@武蔵白石・バーグ浅田店

2020-04-05
数ヶ月に一度突然訪れる「バーグのカレーが食べたい発作」。
バーグのカレーに代打はないので、こうなったらもう産業道路をスッ飛ばして川崎に行くしかないのです。

ということで、平日21:10到着。前客4、後客5。
カウンター席に着席。くい気味に「スタミナ焼き中盛!あと持ち帰りルウ2人前、容器一緒で!」とオーダー。
「スタミナ焼き」と言っても焼肉ではなく、生姜焼と玉子が載った「スタミナカレー」の玉子を目玉焼きにしてくれ、というオーダーになります。
ちなみに「スタミナの生」とオーダーすれば、生ビールではなく、スタミナカレーの玉子が生玉子になりますw

BURG

オーダーから着丼までが秒速なのもバーグの特徴。
瞬時に中華鍋で肉が炒められ、1分立たずに着丼。
そうそうこれこれ!今日はコレが猛烈に食べたかったんです。
ライス450gの上にはドロリとした固め濃い色のルウ。中心には、両面焼きの玉子と豚生姜焼き。
盛りはものすごく雑ですが、まぁそれも愛嬌。

BURG

では早速一口。
うん、この猛烈に濃い味で重たいルウ、たまんないっすね~(*´ω`*)
スパイス感とかそういうのは全然なく、いわゆるスタンドカレーの延長線上にあるジャンクな味わいですが、油(牛脂らしい)をたっぷり投入したドロリとした口当たりと、白飯がいくらでも進む強い塩気、そしてバーグ独自レシピ(?)のカレー風味がたまらんのです。
ライスは450gということで、重た目のルーと肉と合わせると、俺的にはほぼ胃袋MAXになるちょうどいい分量。

BURG

肉は、豚コマを生姜醤油味で炒めたもの。
カレーの味も濃いので、食べ疲れしないよう肉はやや味付け控えめになってます(とは言っても十分白米のおかずとして成立するレベルの塩分濃度ですがw)。

BURG

玉子は、生にするとカレーの重さ(辛さマシをした場合は辛さ)を緩和しコクを付加する調味料としての役割。焼きにすると、肉と共に食材の1つとしての存在感が立ち上がってきます。昔は生派でしたが、最近は焼きの方が好みかな。

サクッといただき大満足でごちそうさま。
冒頭でルウの持ち帰りを同時にオーダーしてあったので、お会計と同時に持ち帰りルウを受け取ります。
これがあると、自宅で「スタミナカレー・肉鬼増し」とかが気楽にできるので最高に楽しいんですよね!(保証はしかねますが、冷蔵庫に入れておけば余裕で1週間はもちます)

ちなみにバーグは、ルウに限らず全メニューテイクアウト可能です。
このご時世、店で食べるのも気がひける。。。という方は、テイクアウトをうまく使ってみるのもいいかもしれませんね(行ったその場でオーダーしても瞬時に調理してくれますが、あらかじめ電話予約しておけば、もっとスピーディに受け取れると思われます)。

好き嫌いは真っ二つに分かれる「ザ・ジャンク」なカレーですが、これにハマるとマジで代わりが効かないのが困り者。
蒲田や大森に進出してくれないかなぁ。。。またお世話になります。



--

バーグ 浅田店


関連ランキング:カレーライス | 武蔵白石駅安善駅浅野駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3532-7f6d6ce4

<< topページへこのページの先頭へ >>