FC2ブログ

田舎蕎麦・並(500円)+麻辣汁(150円)@京橋・恵み屋

2020-04-03
有楽町で遅めのランチ。
やや二日酔い気味で食欲がなかったのと、ポカポカな陽気だったこともあり、今日はもりそばな気分。
このあたりでシンプルに旨いもりと言えば。。やっぱり恵み屋さんですかね?

こちら、昼は立ち食い蕎麦、夜は立ち飲み屋となる二毛作店。
しかし蕎麦は本気の十割で、更科や田舎、韃靼等常にバリエーションが豊富。しかも安くて(並は増税後もワンコイン!)量も多い(並でも茹で後350g)ので近隣のリーマンに大人気なお店です。

平日13:20到着。店内はほぼ満員(席はないので満席ではないw)。ちなみに屋外にも立ち食いカウンターがあるので、このご時世3密で食べるシチュエーションも防げていい感じ。
お店奥の注文口兼配膳口で、女性店員さんに「田舎を並で」と注文。ふと目を上げると、「麻辣汁」との文字が。
此方では、ネギや香辛料を仕込んだ香味油をトッピングした「ネギ汁」オプションが人気ですが、今度は麻辣バージョンなんてのが出たんですね!んじゃそれで。

注文を通すと、厨房の大将がオペレーション開始。
こちらは、冷麺屋や、路麺店だと「いわもとQ」「嵯峨野」とかで使われている空気式押し出し製麺機を使い、注文の度に「切りたて、茹でたて」の二立てで出してくれます。
お会計し、水をくんだりして数分待ったところでトレイを受け取りセルフ着丼。

MEGUMIYA

ほぉ。。麻辣汁いいね!顔を近づけるまでもなくブワッと花椒の香りが立ち、こりゃめちゃ旨そう!表面には赤い油、そしてネギ汁同様ゆで卵が入ります。ちなみに量は通常の辛汁の倍くらいの量があり、アツアツでの提供となります。
蕎麦は黒くやや太めの平打。量は普通の蕎麦屋の大盛くらいはあります。

MEGUMIYA

ではまずは蕎麦から。
ゴツッとコシが強く、噛めばフワリと蕎麦の香りが鼻に抜けます。
価格や提供形態から、路麺のカテゴリに入るお店ですが、おそらく蕎麦に関してはトップクラスのクオリティでしょうね。ガチの蕎麦屋もびっくり、な蕎麦ですよ。

MEGUMIYA

では、蕎麦を麻辣汁に浸けてズバババッッと。。。う、これ啜れない。。なんせ相当辛いですコレ。勢いよく啜ろうもんならムセちゃうこと間違いなし。
気を取り直してハムハムと麺を食べると。。旨いね!蕎麦もいいけど、この汁かなり好きかも。
ベースはもりそば用の辛汁なんですが、器の底にはたっぷりの鷹の爪とホールの花椒がゴロゴロ。表面の油はかなり辛く、花椒の香りも鮮烈です。また、ショキショキのエノキが入ってるのもセンス!

MEGUMIYA

これだけ個性の強い辛汁には、やはりこちらの蕎麦で一番太くて歯ごたえのある「田舎」がベストマッチですね。ナイスチョイス俺。
いやぁ、食欲ないとか言ってたけど、こりゃ箸が止まりませんわw
茹で玉子はやや固茹で気味。変に味付けられてないので、辛くてしびれてしょっぱい辛汁に対しいい口休めになってくれます。

MEGUMIYA

というかコレ、蕎麦汁+辣油+極太麺で多くのインスパイアを生み出した「港屋」の肉そばに匹敵するようなインパクトありますね。
港屋亡き今(FC店は残ってるけど)その劣化コピーばかりがはびこる中、これは「ポスト港屋」と言っていい存在感あります。
個人的には、この汁はもっとゴワゴワの極太麺で食べてみたいかも。同じく銀座「山形田」あたりから麺をもらって試したいくらいw

並でも十分なボリュームなので、お腹も満足でサクッといただきごちそうさま。
というか、この麻辣のせいで、冷たいそばを食べてるはずなのにいつの間に汗ダクになっちゃいましたよ。。

いやぁ、久々に来ましたが、変わらぬ魅力を持ったお店がさらにパワーアップしててうれしいですね。
またちょいちょい使わせていただきます。

--

京橋 恵み屋


関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3531-6f52068e

<< topページへこのページの先頭へ >>