FC2ブログ

焼鳥丼(1150円)+大盛(100円)@京橋・栄一

2020-03-02
八重洲エリアでランチ。
資本系の大箱が多い丸の内側に比べ、東京駅のこっち側は魅力的な個人店が多いエリア。
今日の気分は焼鳥かな?ということで、有名な伊勢廣本店のある焼鳥屋ストリートの一番手前のお店「栄一」さんへ。焼鳥100名店ランカーのお店ですな。

平日12:50到着。1Fは満席で、地下1Fへ案内されました。地下にはテーブル席の他、パーティションで区切られた個室スペースも。
ランチタイムは焼鳥丼と親子丼のみ。お腹ペコペコだったので、焼鳥丼を大盛でお願いします。
メニューはめっちゃシンプルなのになぜかホールのおばちゃんがテンパってるのがウケるw

EIICHI

15分ほどで着丼。
ほぉ、こりゃなかなか旨そうだ!
ご飯の上には刻み海苔、そしていい感じに焼きが入ったモモ、砂肝、レバー、うずらの玉子、つくね。遅れてスープとお新香が供されます。

EIICHI

では早速一口。
モモは皮はなく肉のみ。信じられないくらいしっとりフワッとしており、さすが焼き鳥屋の焼きの技術!
砂肝はショリショリっとした独特の食感が心地よいですね、臭みは一切なし。

EIICHI

レバーはしっとりムースのような柔らかさ。しかしレバー独特の血の味はしっかりあり、やっぱ苦手かな。一切れ食べて、残りは全部相方の丼へ留学させましょう。
つくねは、軟骨だのレンコンだのを入れて食感に変化を出すお店が多い中、ふっくらとした肉のみの柔らかさが楽しめるもの。
うずらの玉子は表面はパリッと、中はしっとり水分が飛んでおらず、こんなうまいうずら初めて食べたかも?

EIICHI

ちなみにご飯は大盛りにするとかなり増えますね~。並は200弱くらいだと思いますが、、大盛りだと300はあった感。
大盛にしても焼鳥は増えないので、ご飯に対しおかずの量が相対的にやや少なくなりますが、タレの味がしっかりしているので持て余すことはなかったかな。

EIICHI

スープはアツアツの鶏ガラスープ。ものすごく旨味が強くて、でも塩気は最低限で、こりゃうまい!
お新香は白菜たっぷりのもの。口直しにちょうどいいですね。

ということで、満足でごちそうさま。
1000円超えランチですが、きちんとした焼きの技術が垣間見える焼鳥で、C/P的にもアリでしょう。
ちなみに親子丼は、最近流行りのTKGみたいにトロトロなやつじゃなく、しっかり閉じたものっぽいですね。個人的にはそっち系の方が好きなこともあり、次回は親子丼にしてみようと思います。
というか、ここは夜にも来てみたいなぁ。。

--

栄一


関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅東京駅宝町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3499-481e9246

<< topページへこのページの先頭へ >>