FC2ブログ

ソース焼きそば(600円)@渋谷・ラーメン王後楽本舗

2020-02-16
100年に1度のリビルド中の渋谷、この前まであったビルがいきなり更地になり、いつの間にか知らんビルが現れ、モヤイ側からプラネタリウム側(言ってることが古いな。。。)に行くにしても、行くたびにルートが変わり混乱しますよね。。。

しかし、そんな再開発を横目に、場末な飲食店が軒を連ねるマークシティの麓あたりでランチ。
今日は、個人的に割と気に言っている「後楽本舗」へ行きますか。
こちら、幸楽じゃなく「後楽」というネーミングでピンと来る方もいそうですが、有楽町から五反田ガード下へ移転した焼きそば&路麺の名店「後楽本舗」と同資本の経営だそうで。もっというと、新橋の岡山ラーメン店「後楽本舗」も同系列。
後楽と言えば日本三名園の1つ「後楽園」。というわけで、岡山に縁のある経営母体なんだそう。

閑話休題。さぁ、場末感溢れるお店に入ります。
おっと、その前に店頭の券売機で「焼きそば」をポチ。今日は五反田との食べ比べという意図もあります。

平日14:50到着。店内満席、後客続々で常に満席をキープ。すごい人気だ!
厨房は3名体制。食券の受取も無言、配膳も無言の超塩接客ですが、全員手だけはせわしなく動いており、職人感がすごいw

KORAKU HONPO

ということで、数分で着皿。
ほぉ。。いわゆるソース焼きそばですが、油は多めなれど色は薄く、結構あっさり系に見えます。
具はキャベツ、ニンジン、モヤシ、ニラがごく少量。肉はほとんど入ってないですね。サイドには紅生姜。

KORAKU HONPO

では早速一口。
やきそばの麺はラーメンの麺とは変えてあるのかな?ポクポクした噛み心地だけど全体的にフニャっとした柔めの歯触り。
ソースは粘度低くサラッとしたもの。野菜の汁気と一緒に皿の底に残る感じです。味は結構薄味なので、紅ショウガのアクセントがいい感じ。
肉はほぼひき肉か!と言いたくなるような小さなコマ肉。野菜は意外にたっぷりありシャキシャキ。

KORAKU HONPO

ボリュームは結構ちゃんとあって、五反田後楽のやきそばよりボリューミィ。
また、野菜も多いし、味付けもあちらの屋台のやきそば風のものとは異なり、どちらかと言えば中華屋寄り。なので、C/Pは十分といった感じですな。

ということで、サクッといただきごちそうさま。食器を上げても席を立ってもやはり厨房は無言。ここまで徹底されると逆に清々しいわw

厨房スタッフの愛想はゼロ、客層は場末(たぶん夜は酔客が増えさらに悪化しそう)、しかしこの客回転。
つまり此処、飲食店の芯である「味と価格」で客をしっかり掴んでるってことに他ならないですよね。
またお世話になります。

--

ラーメン王 後楽本舗


関連ランキング:中華料理 | 渋谷駅神泉駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3488-fbe6f6e7

<< topページへこのページの先頭へ >>