FC2ブログ

やきにく定食(780円)@蒲田・さんきち

2020-01-22
蒲田で遅めのランチ。
洋食な気分だったので、蒲田というより蓮沼よりの名店「さんきち」さんへ。
こちら、武蔵小山のさんきち、さらに蒲田のキッチンさんきち、さらにフレンズさんきち(現キッチンフレンズ)等の暖簾分けの元となった「さんきち」グループの本家なんだとか。

平日14:10到着。
1Fカウンター席には前客4、後客2。カウンターには灰皿がありますが喫煙者はおらずホッ。厨房にはベテラン感あふれる大将のワンオペ。

SANKICHISANKICHI

着席し、外のA看板にあったランチ限定のサービスメニューらしき「やきにく定食」をお願いします。
ちなみに限定メニューは14時までと書いてあるのですが、ダメ元でオーダーしてみると通りました!ラッキー。

SANKICHI

すぐに、ガラスの小鉢にこんもりと盛られたサラダが着丼。
さんきち系の名物と言えば、サラダにかけられたこのオーロラソース的なドレッシング(暖簾分けの際このレシピを伝授されるんだとか)!
見た目こってりに見えますが、たっぷりかけてもしょっぱくなく油っこくもない独特のドレッシングは、フレンチとサウザンとマヨネーズを混ぜたような独特の味わい。野菜は千切りキャベツが主体でスライストマトも。

SANKICHI

7分ほどで着皿。
なるほど、焼肉といいますが、いわゆる生姜焼き定食ですな。
豚バラとタマネギを炒め、甘辛醤油ダレと生姜で仕上げた鉄板の味わい。

SANKICHI

豚バラはかなり小さめのカットですが、雑な食堂でよくある「パックから出したまま炒めたので肉同士が重なり合ってくっついている」なんてことはなく、1枚1枚が分離しプルプルの柔らかな仕上がり。脂身も多く甘くていいですね。

SANKICHI

量は少なめで、7〜80g程度でしょうか。別添えの和辛子を付けて食べても旨いね。
サイドは千切りキャベツがたっぷり。別盛りのサラダもあるので野菜たっぷり!

SANKICHI

ご飯はふっくら炊かれたもの。ボリュームはたっぷりで、デフォで180g程度はあるんじゃないかな。ごま塩が振ってあるのがご愛嬌。
ちなみに隣のお兄さんは+70円の大盛を頼んでいましたが、まぁ見事な「日本昔話盛」でしたw

SANKICHI

さすがに廉価版メニューなので、ご飯の量に対しおかずがやや少なめ。
しかし案ずるなかれ!卓上には放題の自家製と思しきカクテキが。塩気と辛味が絶妙でして、これだけで白飯がバクバク行けちゃう逸品です。
味噌汁は豆腐、ワカメとネギのシンプルなもの。

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
主菜自体はやや少なめですが、サラダのボリュームやカクテキの存在感もあって「バランスよく満腹になった」感があり、これが780円ならかなり満足度高いと思います。
近くには南蛮カレーの名店「すみっこ」さんもあるし、結構このエリア、なにげに洋食レベル高いですよね~。またお世話になります。

--

さんきち


関連ランキング:ハンバーグ | 蓮沼駅蒲田駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3467-f3f35609

<< topページへこのページの先頭へ >>