FC2ブログ

塩中華そば・身入り(780円)@小田栄・手打ち中華そば酒田

2020-01-10
川崎で晩飯。
腹ペコペコだったので、バーグでカレーを食べようかと思っていたのですが、ルウだけ持ち帰りで買って翌日に家で自作スタミナにしようと方針変更し、ほど近い「酒田」さんへ再訪。
言わずとしれた山形酒田の「ケンちゃんラーメン」リスペクトなお店ですが、先日訪問して醤油を食べた際、「塩」があってどんな感じなのが気になってたんですよね。

平日20:00到着。前客4、後客2。
並びこそ発生しませんが、常にカウンターはほぼ埋まっているような感じ。
券売機で塩の食券を購入。さらに、無料の背脂追加である「身入りサイコー」券wを1枚持ってカウンターへ。

SAKATA

食券を出し、待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。塩スープと言っても透明ではないんですね。その表面は厚めの液体油と煮干と思われる粉末、そして中心にたっぷりの身(背脂)のビジュアルがなかなかに素敵です。その他のトッピングはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。

SAKATA

ではスープを一口。
なるほど、醤油の香ばしさを感じられた醤油スープとは異なり、たっぷりの油のうまみ・甘味と煮干しの風味がクッキリ浮き上がるような味わいですな。

SAKATA

ただ、塩ダレの味わいは割とシンプルな構成なので、タレだけでも風味が強い醤油の方、がやっぱり全体的な深みは出るかも。個人的には醤油推しかな?
有料オプションになりますが、このスープにニンニクを入れると相当いい感じになりそうな予感(醤油、塩問わず)。

SAKATA

麺は極太平打で手もみの強い縮れがあるもの。モチモチの食感がいい感じ。うん!この麺はいい麺!
ただしたっぷりの背脂をまとって上がってきて暴れるので、勢いよく啜ると衣服に油の点々が付くので要注意w
麺量はたっぷり300gなので食べごたえもばっちり。

SAKATA

チャーシューはやや低温調理でムッチリ旨いですね。3枚と大盤振る舞いなのもうれしい。
メンマは細裂きでコリコリ系の食感がいい箸休めになるもの。海苔は香りよし。

SAKATA

ということで、サクッと頂きごちそうさま。
素朴なんだけど力強い味わいの一杯で、「鶏水系」とか呼ばれる最近の意識高いやつは真逆のポジションにある感じですね。最近は、個人的にはこっち側のラーメンの方が好みだなぁ。
近所にあったらめっちゃ通っちゃいそうな名店です。

--

手打ち中華そば 酒田


関連ランキング:ラーメン | 小田栄駅川崎新町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3455-4761c55b

<< topページへこのページの先頭へ >>