FC2ブログ

かけうどん小(280円)@直島・木の崎うどん直島店

2019-12-28
瀬戸内国際芸術祭の混雑を避け、精錬所跡の美術館をゆっくり堪能すべく犬島へ行った帰り道。
朝から何も食べていなかったのでフラフラ。直島で船を乗り換えるタイミングで軽く何か食べることに。
ただ、この日は月曜。月曜は直島の美術館関連施設が全てお休みになるので、飲食店もそれに合わせてお休みになるようで、開いている店は現地人向けの数店舗。

ということで、消去法的に、港から一番近いうどん屋さんへ。
平日13:40到着。前客は欧米ツーリストな女性客1名。手慣れた様子でツルリとうどんを食べて出ていきました。粋!w後客2。

店内は広く、いわゆる讃岐系のセルフオペレーション。
お盆を取って厨房にうどんの種類を口頭注文。好きな揚げ物を取って最後にお会計→着席というスタイルです。
営業終了間近だったので揚げ物はげそ天のみ。高松に渡るまで腹が持てばいいので、温かけ小で。

KINOSAKI UDON

うどんは茹でおきなので瞬時に着丼。
お汁は、いりこがふんわり効いた甘口のもので、これは予想外に旨いぞ!

KINOSAKI UDON

塩気はやさしめで煮干のクセもややありつつバランスよくまとまっていると思います。青ネギはいいアクセントに。
うどんはムニムニの柔らか食感。おそらく機械打ちの自家製麺かな?悪くはないけど特筆すべき点もないって感じかな?w麺量は茹で後150g程度か。

KINOSAKI UDON

ということで、サクッといただきごちそうさま。
うん、ほとんど期待しないで入ったんだけど悪くなかったかも?
予想外に、それなりの讃岐うどんが食えて満足。では連絡船で高松に向かいます。

--

木の崎うどん 直島店


関連ランキング:うどん | 直島町その他


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3445-dd1099de

<< topページへこのページの先頭へ >>