FC2ブログ

汁なしポン酢M(750円)@大崎・The Outsiders

2019-12-09
地元で晩飯。
一定レベル以上に腹が減っていると、ふと思い出してしまうあの中毒性の高い味。。。そう、のポン酢!
あの酸っぱくてしょっぱくて脂っこいスープにバキバキの麺を絡めて。。うぉ、もうこうなったら止まらない。大崎、山手通り沿いのOutsiders(からの独立店)へ大至急突撃w

平日18:30到着。前客2、後客2。
当然押すボタンはポン酢。今日は汁なしで。
サイズは。。。いつもはR(レギュラー。元々はこのサイズが並だったが、今は大扱い)なんだけど、今日はサクッとMにしますか。元々やや高めの価格帯だったこともあるのか、増税タイミングでの値上げはなかったようです。
食券提出時に「ニンニク入れますか?」とコールタイム。当然お願いします。

このお店、昔は店内所狭しとロック系のバンドのステッカーが貼られており、流れる音楽もゴリゴリのラウド系とかだったのですが、いつのまにかステッカーはなくなり洋楽ポップとかが流れるように。
そしてなんと、今日のBGMはタツローヤマシタ!クリスマスイブを聞きながら食べる系もオツなもんですw脂肪と糖は夜更け過ぎに雪へと変わるんですな。。。
待つこと5分で着丼。

THE OUTSIDERS

・・うん、この彩りのなさ!
ヒタヒタの汁と油に浸かったあつもりの極太麺。上にはモヒカン状のヤサイ。麓には豚とニンニク。

THE OUTSIDERS

では早速麺を引き出し一口・・・うん、やっぱコレだね!
顎が疲れる低加水ゴワボキ縮れ麺は、本当にバッキボキ。最近は昔よりさらに太さが増し凶暴になってるような気がします。

THE OUTSIDERS

しかしあつもりでこれだけの硬さ!つけ麺はメニューにないけど〆たらどうなっちゃうんでしょう。
麺量はMだと200g程度でしょうか。女性でも腹ペコ状態ならペロリと食べられるボリュームだと思います。

THE OUTSIDERS

そして、こんな剛麺にがっぷり組み合うのが、豚油、豚出汁、化調そしてポン酢の合同チーム。汁なしは、さらにここにゴマ油と一味が入るので香ばしさが増します。
最初はゴマ油の香りが先行するけど、中盤からはポン酢の酸味と柑橘の風味がドカンと前に出るバランス。香ばしくて油っこくて酸っぱくてしょっぱくて。。。ここにニンニク感が合流すると、端的に言ってたまらんですw

THE OUTSIDERS

野菜はキャベツが2割程度で、あとはモヤシ。都量は少なめですが、度茹でなのでアツアツシャッキリです。
豚はバラ煮豚の小さめの塊が2個。やや冷たかったですが、ホロホロと崩れる柔らかさ。臭みなくまずまず。

ということで、夢中でかっ喰らい満足でごちそうさま。
人によって好みが完全に二分する超個性的なメニューですが、ハマった時の破壊力はハンパないです。
いやぁ、系って、二郎インスパイアと一括りにできない独特の魅力がありますね。

ちなみに以前此方には、ポン酢と並んでカレチ(カレーチーズ)という看板メニューがあったのですが現在レギュラー落ち。渋谷や東砂のではまだ提供しているっぽいので、気になる方はぜひ(大井町ののスた本店は先日閉店しました)。

--

The Outsiders


関連ランキング:ラーメン | 大崎駅北品川駅大崎広小路駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3429-fe92f9f7

<< topページへこのページの先頭へ >>