FC2ブログ

正油ラーメン(730円)+半チャーハン(130円)@赤坂・麺夢や

2019-12-02
赤坂でランチ。
ラーメン砂漠の赤坂ですが、実は未訪問のお店も多く、今日は「麺夢や」さんにチャレンジ。
レアチーズケーキの名店「しろたえ」のお向かいですね。

13:30到着。前客2、後客0。店内はラーメン屋っぽくなくウッディで落ち着いた感じ。席はカウンターのみ。
ちなみに前客の1人は、こちらが入店時既に食べ終わっていたにもかかわらず延々とスマホを弄り続けており、結局俺が食い終わって出る時もまだいたよ(;´Д`)
「空いてるからいいでしょ?」という理屈もわかるけど、客として粋じゃねぇなお前。

ではお手並み拝見、食券機で「醤油」をポチ。
半チャーハンがかなり魅力的な価格なのでそちらもポチ。
厨房は店主さんらしき方のワンオペです。5分ほどで着丼。

MENYUMEYA

ほぉ、ルックスは王道の醤油といった感じ。
油少なめのクリアな醤油スープにチャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、海苔、ネギ。

MENYUMEYA

一口飲むと。。。おぉう、まさに王道の東京醤油。。じゃなかった。とにかく「あんまっ!!」と声に出したくなるほどの甘さ。
ベースは鶏ガラと野菜をコトコト煮込んだシンプルな出汁っぽく、おそらくここに加えるタレに相当甘み成分を含ませているのかな?
化学のサポートも強めに感じ、後味にはべったりと甘みと旨味が舌の上に残ります。フレンチ出身の料理人のスープだそうですが。。。ほぉ。

MENYUMEYA

嫌いではないですが、個人的にはもうちょっとスッキリした味わいのタレの方が好みではあるかな?飲んだ後とかにはこの濃さがわかりやすいかもね。

MENYUMEYA

麺はプリプリとつややかな丸断面中細縮れ。加水は高めでポクポクとした歯ごたえ。茹で具合はデフォで硬めです。
汎用感はありますが、スープとの絡みは十分。麺味はいわゆる中華麺、といった味わい。
麺量は思ったより多く、130gくらいの普通の店に比べ2,3口分多かった印象。デフォで中盛、160gくらいはあったんじゃないかな?

MENYUMEYA

チャーシューはロース系煮豚スライス。箸で持つとほろほろと崩れるほど煮込まれたもの。豚臭さ強めの味わい。
水菜は少ないですがシャキッとした食感と彩り。メンマは量産型感あふれる手のこんでないやつですね。海苔は正方形かと思ったら短冊が2枚でした。すぐスープに溶けるタイプだけど香りはまずまず。

MENYUMEYA

チャーハンは、この値段なので当然都度鍋を振るわけではありません。
一瞬ジャーハンか?と思いましたが、あの独特の水分と保温臭はなかったので、作り置きのチャーハンか。器が持てないほどアツアツだったので、明らかにレンチンw

MENYUMEYA

チャーシュー、玉子、ネギと具材はシンプル。しかし水分はかなり飛んで全体的にパサパサで、ツナを食ってるみたい。
まぁでもボリュームは十分で、160gくらいはあった感。ラーメン屋ではライス100円というお店が多いですが、それに30円加えてこれが食えるならC/Pは十分、と言えるんじゃないでしょうか。

ラーメン、チャーハン共に想定よりボリューミィで、結果腹パンになってごちそうさま。
面白みこそないけれど、このあたり、こういったベーシックな醤油ラーメン屋があまりないので、意外に需要はあるのかもしれませんね。

--

ダイニング 麺夢や


関連ランキング:ラーメン | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3424-4d3478db

<< topページへこのページの先頭へ >>