FC2ブログ

十割盛そば・生麺450g(1000円)@松本市・そば処 白山

2019-11-29
松本市に来ています。
牛臥寺にお参りした後、遅めのランチを取ることに。
自家製粉、自家製麺の蕎麦を格安で提供するというお店があるらしく、そちらに行ってみましょう。

平日13:40到着。
入店と同時に、地元の老人会か何かが終わったタイミングだったらしく、ドヤドヤとジジババが出ていきました。大テーブルは全て祭りの後といった感じで、店員さん後片付けにおおわらわ。
結構な大箱のお店。客席は割と乱雑な感じで、田舎の大衆食堂的たたずまい。この「蕎麦以外にコストかけない」感じ、好きですよぉ。

さて、テーブルに着席しメニューを確認。
さすが自家製粉に自家製麺のお店。粉の量、および対応する生麺の量、そして値段の組み合わせがきちんと書いてあります。
ちなみに「新蕎麦はもう今日の分終わっちゃったのよ~」とのことorz
新蕎麦じゃない蕎麦は、十割と九割が選べ、当然十割の方がやや高。普段遣いにはリーズナブルな九割をオススメしているとのこと。まぁでも、せっかく来たんで十割いきましょうか。

粉の量は100g刻みで指定可能で、「蕎麦が好きな方」は300gがオススメとのこと。
生麺になると450gになるとのことなので、ラーメン的感覚でもしっかり多めですね。ちと心配でしたが、「蕎麦が好き」なのでそれで!
ちなみに女子2人との訪問だったのですが、1人は100g、もう1人は200gをオーダー(共に天ぷらハーフ付き)。案の定200gをオーダーした方は食べきれず、俺が残り全てを引き受けることに(;´Д`)この前日のうどん屋と同じだ。。。ボリュームはお店の方とよく相談して決めるよろし。

HAKUSAN

さて、待つこと10分ほどで着皿。
ほぉ。。。生麺450gという蕎麦は、やはりかなりのボリューム!路麺のもりの軽く4玉弱くらいはありますねw
色は黒っぽく星が見えます。表面はツヤツヤと輝いてますな。

HAKUSAN

ではまずは蕎麦だけ一口。。。ゴチッと弾力が強い仕様ですね。
十割だと繋ぐのが大変なのでゲシゲシ系に崩れる硬さになっちゃったりするお店もありますが、こちらはしっかり粉が一体化した弾力が感じられるのが素晴らしい。プロの方に言うのも失礼ですが、上手!
また、、噛むほどに蕎麦の実の香りが口に広がるのもいいですねぇ。

HAKUSAN

辛汁は地方らしく濃い味で醤油っけの強い、しょっぱめのタイプ。長野でも北信だと薄味になるそうですが、このあたりは濃いんですね。
また、醤油の強さに対抗するためか、節系の風味もかなり強め。ややエグみが感じられるくらい出し切っており、これはこれでいい個性だと思います。

HAKUSAN

そしてすごいのは、これだけ濃いめの辛汁に浸けて食べても、口の中にしっかり蕎麦の香りが広がること。
また、わさびが安っぽい粉わさびじゃなく、しっかり香るものだったのも好印象。

HAKUSAN

ということで、 蕎麦湯をいただき、お腹一杯満足でごちそうさま。
もり1000円は地方にしちゃ強気??とも思いましたが、いやいや全然、東京でこの値段出してもこの1/3も食えないでしょう。
蕎麦前と酒を組み合わせる粋で鯔背な江戸っ子仕様ではなく、ガッツリ主食にできるボリュームと高い品質でこの値段。むしろ猛烈にリーズナブルだと思いますね。
うん、ここはまた来たいですねー(ラーメンがあるのも地味に気になる・・)。やっぱり長野は蕎麦王国だなぁ。

--


そば処白山


関連ランキング:そば(蕎麦) | 平田駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3422-07bd20a9

<< topページへこのページの先頭へ >>