FC2ブログ

ラーメン並(700円)@虎ノ門・孫作

2019-11-18
新橋で晩飯。
六厘舎の廉価版ブランドである「舎鈴」からのスピンオフ的な立ち位置で、今敢えて動物系オンリースープのつけ麺という新スタイルを打ち出す「孫作」のメニュー体系が、「昼はつけ麺、夜はラーメン」となったと聞き、ラーメンを頂きに訪問。

平日20:10到着。店内はほぼ満席でしたが、店頭で食券を買っている間に席が空きました。後客続々ですが行列ができるほどではありません。
では、ラーメン並(麺量250g)をポチし店内へ。
アジア系の女性スタッフに食券を渡し、3分ほどで着丼。
ほぉ。。豚の乳化スープですか。トッピングはシンプルで、チャーシュー、ネギ、ニンニク、ショウガ、一味唐辛子。

MAGOSAKU

ではスープを一口。
微乳化し、豚肉の旨味がみっちり詰まったスープです。表面には背脂が浮き、カエシは甘口で旨味の強い醤油ダレ。
一口目の印象は「コレ、二郎インスパイア?」w

MAGOSAKU

確かつけ麺は鶏がしっかり効いていただったような記憶がありますが、鶏感はほとんどわからないくらい豚の旨味が効いてます。

MAGOSAKU

勝手な憶測ですが、昼の部は鶏と豚がイーブンに効いたスープに仕上げ、夜営業に向けてそこにチャーシュー用の豚と背脂をぶち込みグツグツ煮込んで夜の部のスープにしてるんじゃないかな?これはかなり好み!ニンニクと生姜がドンズバに合いますね。
塩梅は強めですが、かなり中毒性高めの味わいだと思います。

MAGOSAKU

麺はやや楕円っぽい断面の平打太麺。
二郎とはちょっと違うけど、もさっとした加水低めの食感がそれっぽい雰囲気もあり。スープの絡みは十分。麺量は並250gで必要十分。

MAGOSAKU

チャーシューは薄く「豚」と呼べる感じではないですが、味わい的にはかなりそれっぽい赤身肉。さすがに腕肉とかではないですけどね。
モヤシはないけど、ネギがたっぷり入っており、ネギの辛みがラーショばりにすごくいいアクセントに。

MAGOSAKU

ということで、サクッといただきごちそうさま。
いやぁ、動物系オンリーの濃厚スープに太麺&ニンニクを合わせると、自動的にアレ系にカテゴライズされそうなものですが、敢えてインスパイアという様式から微妙にピントをずらしてきた戦略がニクイですね、逆に、どんなに完成度上げても「孫郎」とか名乗っちゃった時点でコアなジロリアンから猛烈にバッシングされるしね。

他のレビュワーさんは誰もコレを二郎と比較したりしてないですがw、二郎やラーショが好きな人は確実に気に入る味わいだと思います。
再訪は確実!次回はもっと麺を増やしてみよう。

--

孫作


関連ランキング:つけ麺 | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3413-8af439db

<< topページへこのページの先頭へ >>